上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 管家利和さんの再審が昨日21日に開始された。

 管家利和さんの警察取り調べの録音テープの内容がNHKニュースで紹介されていた。しかし、その内容は改めて驚くべきものだった。
この取り調べは、足利事件の真犯人による連続犯と思われる少女殺害事件の取り調べで登山リュックに遺体が包まれ放置されていた。

警察取り調べ官 遺体をどんなもので包んだか。
あたりまえだが、犯人ではないのにわかるわけが無くて

管家さん わかりません。

もう1回同様のやりとりがあって突然取調官が脈絡無く

警察取り調べ官 管家は登山をするのか。

管家さん いえしません。

そしてまた、

警察取り調べ官 遺体をどんなもので包んだか。

管家さん わかりません。

警察取り調べ官 管家は登山をするのか

また聞いて、

警察取り調べ官 管家は登山をするのか。

管家さん いえしません。

3度目警察取り調べ官 遺体をどんなもので包んだか。

管家さん 高い山に行くときに使うもので。

警察取調官 リュックで包んだんだな。

とにかく事実補強じゃなくて完全に誘導していたのだ。
これは、すさまじい警察の破綻と暴走である。

 しかも、検察官も「本当のことを言うように」と言って管家さんが「実はやっていない」と真実を述べたら翌日から「DNAが合っているんだ」と犯人だと攻撃し始めた。
 それでまた気の弱い管家さんは元の通り「やった」と認めた。

とにかく取調べ警察官も、検察官もひどくて、何としても犯人にする取り調べが行われ、やっていないと答えるとそれは攻撃の対象で、ムリヤリ犯人にする取り調べが行われている。1人の国民として恐ろしい話でいつ何時あなたも私も犯人にされるかわからない。

 今後の暴走を止めるためにも、管家さんが望んでいるとおり、取調官と検察官双方の証人尋問が必要なのだ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/10/22 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 植草さんは冤罪です。植草さんを支持する人のほとんどは、経済学者として小泉改革を批判しアピールを繰り返し、なおかつりそな銀行インサイダー取引疑惑について、政府高官の関与について調べていた植草さんを社会的に封じ込める陰謀と国策捜査であると思っている。痴漢行為逮捕は陰謀だと信じています。植草さんへの最高裁棄却と実刑確定と収監に抗議する。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/
blog/2009/06/post-0caf.html


 このたび、夏みかんさんの呼びかけで初めてのブログデモを実施しています。実は始め聞いたとき意味が読み取れなかった。でもやがてブログでみんなで一斉に発信するデモをすることだとわかった。すばらしい。実際街頭デモをすることはなかなか少なくなっている。こういう形式もますます必要になるだろう。 

 わたしたち国民は多くの専門家によるアピールや意見、助言が必要だ。ところが昔でもさほど多くなかったのにマスコミの権力化によりますます専門家による発信が少なくなっている。
 それを代替するのはテレビ芸人やお笑い芸人だ。彼らにはほとんど期待できない権力の同調者にすぎない。
 専門家がきちんと発言すれば討論が生まれる。中には竹中平蔵氏のように詭弁技術だけでもっている専門家もいるが、それは対する側の専門家の討論技能が弱いだけだ。いまはただの今は国民を煽るだけのテレビ芸人だけが跋扈していてまともな言論や政策が形成されにくい。

 そのうえこの植草一秀氏への権力による陰謀がますます専門家を委縮させている。私たちは自民党政権の時期に起こった小沢一郎秘書逮捕や植草一秀逮捕、そして足利事件菅家利和さん冤罪事件など次期民主党政権で、国会主導で第3者委員会を設置して、検察警察の捜査手法や権力犯罪などにメスを入れてほしい。

植草一秀さんを守りたい!「みんなでブログ・デモ行進」のお知らせ。 ブログで同日一斉に発信!夏みかん 日時 2009 年 7 月 20 日 13:50:39

http://www.asyura2.com/09/
senkyo67/msg/624.html


自由参加です。

【 日時 】7月22日(新月、皆既日食)

8月6日 (満月)

その後は毎月の新月、満月 ※無事な姿が見られるまで続行(状況次第)

「月例カレンダー」 参照
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm

【 場所 】各自ブログ

【 ブログ内容 】植草一秀さんに関すること

植草一秀さんに実刑判決、収監の記事を目にしてから皆さまと同様に不安と怒りにかられ、
ブログを見るたびに気持ちが揺れ動き、何をどうしたらいいのか、ただ右往左往しておりました。
少し冷静になり考えたとき、応援している皆さまが同じ思いではないだろうか?
冤罪である植草一秀さんを守りたい、危険な目にあってほしくないという思いは一緒だと。

皆さまのこの思いがつながったら、なにか変えることができるのではないかと考え、
今回 同日一斉ブログ発信、ご参加のお知らせをお伝えすることにいたしました。

一斉にブログ発信することによって、「植草一秀さんの現在の状況」 を一人でも多くの方にお伝えし、偏向報道等により植草さんに対する誤った情報を正しい方向に導きくことができれば、と思っております。

皆さまには突然のお知らせとなってしまい申し訳ございません。
あと22日まで2日しかありませんが、ご参加よろしくお願いいたします。

ちなみに新月、満月は毎月やってきます。次は8月6日の満月です。

-----
孟子は
「天の時は地の利に如かず。地の利は人の和に如かず」と記している。
 大事を成すにあたって 「人の和」 は何よりも重要である。
(一部転載)
-----
植草一秀さん『知られざる真実』
2009年7月19日 (日)
何があっても私が決めさせていただく解散の実施
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/
2009/07/post-dc03.html


「人の和」を広げてまいりたいと思っております。

植草さんが褒美にもらった
「みかん」 でした。


FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/07/22 19:10】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 えん罪でなぜやってないのに自白するか。

 足利事件で管家さんがなぜ自白をしたのか。ピンとこない方も多いようだ。

 それは、テレビでの刑事ドラマに毒されているせいだ。正義の味方で犯罪を追求する。でも現実の一番ベテランとよばれる刑事たちは基本はそんなことを考えていない。ただカンだけでピンと怪しい人間を見つける。ところがこれがたいていはずれている。むしろ、新聞記者の方がこれは怪しいという勘は、あたるのではないか。
 それなのに、刑事はこのはずれた勘で犯人と決めつけた人間を何とか追い込もうとするのだ。それを「落としの技術」だとうぬぼれている。


 えん罪の人はまずやってもいないことをやったと取り調べられる。とんでもない間違いをしているだけだと思ってそう必死になって言うがけっして調書には書かれない。
 「お前がやったんだ」と怒鳴られる。髪の毛を引っ張る。足を蹴る。終わって机の角やドアのところが危険で、突き倒されてそこに当てられケガをさせられる。抗議するとお前が勝手に転んだと言われる。

 そして、それに対して抗議し続けると今度はもう一人なだめ役がいるのだ。「あいつもきついことばかりして本当にすまない」などと言われる。でもこれは役割分担で硬軟取り混ぜて被疑者を追い込むためにやっているのだ。

 そして問題は取り調べ後で、本来は警察外の拘置所に移されなければならないのだが、現在は警察署内の留置場、ただの監視された檻の中である代用監獄に収監されている。夜の灯もついたままで寝るときでさえ見張られたままだ。伸びをしたり少し体を動かすのも了解がいる。文句が付く。扇の要状の所に監視人がいて、檻が丸見え状態のところなのだ。ろくろく寝られない中でふらふらになりながら早朝深夜にもたたき起こされたりして取り調べが続く。

 そんな風な生活で毎日孤立無援で毎日お前がやったと言われ、せめられる。それで必死になって抵抗するが親や親族や友人もお前を犯人だと思っているとか言われる。そうすると精神的に参ってきて相手に依存する心理が働くのだ。
 もちろん取調官はよくわかっていてやっている。その上「ここで認めて楽になって裁判で争えば簡単だ」とか誘導される。普通の人はこれが罠だとわからない。「やりました」この言葉が出てしまうと取調官の思うがままだ。

 ところで、えん罪の人は事実関係を知らない。知っているのは取調官だけなので、異常な話だがクイズを当てるようにヒントを出されて誘導されて当てていく。お前がやったんだろう、なぜ言えないのだと攻められる。それでも当てていく。時により「そもそも、やってないんだから答えられるか」などと反乱を起こすが、なだめ役の刑事に、押さえ込まれる。時により林檎やチョコレートなどがこういうとき与えられる。本当にこういうふだんでは何でもないものに飢えているので崩れてしまう。

 管家さんも自白後に現場検証しても死体の場所を知らなかった。あちこちおかしなつじつまが合わないところが調書を始めとして出てくる。当たり前であり、やって無くて誘導されて答えているだけなのでそうなる。でも裁判官は自白偏重に偏る人が多く裁判になっても問題にされない。

 例えば殺したことを悔いて被害者を悼む句や短歌など、こしらえてしまう。
 今取り調べの可視化でビデオで撮るように言われるが完全可視化でないと一部だとどうみても犯罪をやったことを証明しているように見えてしまう。たちまちえん罪の大きな原因となる。
 ビデオ撮影と共に米国のように、取り調べは弁護士立ち会いでないとできないようにすべきなのだ。

 起訴を控えて拘置所に移されて初めて我に返る。なぜやってもいないことをこれだけ認めていたのか。
 ところが裁判で無罪を唱えてもあっという間に有罪だ。それを再審で覆すには何十年もかかったりする。

 そもそもなぜこんな馬鹿げた取り調べを警察がするか。戦前の国家警察の流れをくみ、とにかく役所として犯人さえ適当に捕まえればいいと言う、真実と犯人を見極めるという常識から外れた流れが存在するのだと思う。
 こういう取り調べと、それとセットとなった代用監獄をやめないとえん罪は今も生み出されていく。

 ちなみに、私にいかに、こういう警察の犯人としての決めつけがいい加減なもので、えん罪がひどいものかを知らしめたのが甲山事件でえん罪で逮捕された山田悦子さんだ。殺人の被疑者として逮捕されて無罪を勝ち取って、亡くなった子供の両親の上申で検察審査会による勧告で再度逮捕された。この時はアリバイ証言した人までわざわざ偽証だと同時に逮捕した。そしてまた偽証だと逮捕された人も含めて無罪になった。この上申は警察のあおりがあったように感じる。

 その山田悦子さんに講演に来てもらい打ち上げで話した。この人が殺人犯でないと言うことは話してみればすぐわかる。この間の山田悦子さんの言葉にならないような苦しみは何のためだと深く絶望し、怒らざるを得ない。

 管家さんの17年半の苦しみ、多くのえん罪は権力犯罪だと思わざるを得ない。単なる誤認ではなく治安優先、業績アップのためのごまかしを警察がして人々を地獄の中で苦しめているのだ。

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/08 06:55】 | 市民監視
トラックバック(1) |  ]


愛てんぐ
奈良さん、お久し振りです。

江川昭子さんのブログに、菅家さんのインタビューが載っています。
http://www.egawashoko.com/c006/000290.html
そこで、自白したことばどが書かれています。
菅家さんは、劣等感があり、人や社会を恐れ、その場が上手く行くことだけが、生きる術だったように思います。
相手が怒れば、自分を曲げて、相手に同調して、その場をやり過ごす、それが気の弱いものとしての、生きていくやり方と身についていたようです。
だから、警察に怒られないために、適当な作り話をしてしまったようです。
支援者が現れて、自分を出してもよいのだと気付かれたそうです。
それども、栃木県警本部長から面と向かって言われると、怒れない、弱いところが出てしまうのが見て取れます。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。