上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 5月に市民公開講演会を開催します「原子力と共存できるか~核と原子力は同じもの」
 奈良反核医師の会による5月勉強会のお知らせです。
 原子力=核の問題をごいっしょに考えましょう。

 原子力工学のエキスパート、京大原子炉実験所の小出先生を講師に迎えての講演会です。

「原子力と共存できるか~核と原子力は同じもの」

日時: 2009年5月10日(日) 午後1:30~3:30(予定)
場所: 奈良県中小企業会館(4階)大会議室
 近鉄奈良駅1番出口から出て、東へ徒歩すぐ。案内図はこちら
http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-5687.htm#itemid7494

講師: 小出裕章氏(京都大学原子炉実験所)

小出裕章氏*講師紹介*

 1949年生まれ。東北大学原子核工学科卒、同大学院修了。74年、京都大学原子炉実験所助手。現在は助教。専攻は放射線計測、原子力安全。伊方原発訴訟住民側証人。人形峠のウラン残土訴訟で住民側に立ち、地裁・高裁あわせて8通の意見書を提出。著書に『放射能汚染の現実を超えて』『原子力と共存できるか』『人形峠ウラン鉱害裁判』など。また、1987年版から年度版百科事典「イミダス」の原子力の章を執筆。

 放射線、放射性物質、X線とは何か。都会には建てられなかった原発、チェルノブイリ原発事故の恐怖。核燃料サイクルとは、“ウラン濃縮、原子炉、再処理”が核軍事の中心3技術 等々。核=原子力に関する疑問を解きませんか?

【入場無料】【申込不要】です。 千客万来! 会員の方、一般市民の皆様のご来場をお待ちしています。
【主催】】奈良反核医師の会
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:原子力問題 - ジャンル:ニュース

【2009/05/01 00:00】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。