上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原発問題が、奈良県でも、統一地方選の焦点となった。

’11統一地方選知事選/県議選 候補者対象にアンケート「原発も焦点に」/奈良
http://mainichi.jp/area/nara/news/20110409ddlk29010574000c.html

毎日新聞 2011年4月9日 地方版

 ◇県政考える女性の会
 奈良市の「県政を考える女性の会」(堀田美恵子代表)は、知事選と県議選の候補者を対象に原発に関するアンケートを実施し、結果を発表した。

 質問は(1)原発・高速増殖炉「もんじゅ」の見直しに賛同する(2)原発の新規建設を認めない(3)原発輸出はすべきでない(4)奈良県で独自に原発に頼らないエネルギー確保を検討する(5)老朽化した原発は順次廃止し、寿命を見直す--の5問で○×を尋ねた。

 知事選候補は、新人の北野重一氏と塩見俊次氏が5問とも○とした。現職の荒井正吾氏は回答しなかった。

 県議選候補では、民主、自民、共産、社民、無所属の計17人が回答。5問とも○とした人が多かったが、「現時点での判断は控えたい」とした人もいた。堀田代表は「『奈良県には原発がない』といつまでも言っていられない。今回は自民も含めて各党に答えてもらった。原発にも焦点を当ててほしい」と話している。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/04/10 00:09】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。