管家利和さんの再審が昨日21日に開始された。

 管家利和さんの警察取り調べの録音テープの内容がNHKニュースで紹介されていた。しかし、その内容は改めて驚くべきものだった。
この取り調べは、足利事件の真犯人による連続犯と思われる少女殺害事件の取り調べで登山リュックに遺体が包まれ放置されていた。

警察取り調べ官 遺体をどんなもので包んだか。
あたりまえだが、犯人ではないのにわかるわけが無くて

管家さん わかりません。

もう1回同様のやりとりがあって突然取調官が脈絡無く

警察取り調べ官 管家は登山をするのか。

管家さん いえしません。

そしてまた、

警察取り調べ官 遺体をどんなもので包んだか。

管家さん わかりません。

警察取り調べ官 管家は登山をするのか

また聞いて、

警察取り調べ官 管家は登山をするのか。

管家さん いえしません。

3度目警察取り調べ官 遺体をどんなもので包んだか。

管家さん 高い山に行くときに使うもので。

警察取調官 リュックで包んだんだな。

とにかく事実補強じゃなくて完全に誘導していたのだ。
これは、すさまじい警察の破綻と暴走である。

 しかも、検察官も「本当のことを言うように」と言って管家さんが「実はやっていない」と真実を述べたら翌日から「DNAが合っているんだ」と犯人だと攻撃し始めた。
 それでまた気の弱い管家さんは元の通り「やった」と認めた。

とにかく取調べ警察官も、検察官もひどくて、何としても犯人にする取り調べが行われ、やっていないと答えるとそれは攻撃の対象で、ムリヤリ犯人にする取り調べが行われている。1人の国民として恐ろしい話でいつ何時あなたも私も犯人にされるかわからない。

 今後の暴走を止めるためにも、管家さんが望んでいるとおり、取調官と検察官双方の証人尋問が必要なのだ。

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/10/22 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]