新型インフルエンザ「第二段階 国内発生早期」の対応
厚生労働省「新型インフルエンザ対策行動計画」の47ページから列挙されている。

国内発生早期とは、国内で新型インフルエンザが発生した状態で、この段階での対策の目的は、国内での感染拡大をできる限り抑えることである。

国民生活に関係の深い部分は以下のとおり――。

gooニュースからhttp://news.goo.ne.jp/article/gooeditor/life/gooeditor-20090516-01.html

【水際対策】
・ 第一段階の対策を継続する。(関係省庁)

・ 感染したおそれのある者に対しては、不要不急の出国を自粛するよう勧告する。また、発熱症状等が見られる者がチェックインしようとした場合には拒否を行うよう、航空会社等に注意喚起する。(厚生労働省、国土交通省)

【国内での感染拡大防止】
・ 都道府県等や医療機関等に対し、患者の同居者、濃厚接触者、同じ職場等にいる者又は医療従事者であって十分な防御なく曝露した者への、抗インフルエンザウイルス薬の予防投与を行うよう要請する。(厚生労働省)

・ 都道府県等又は業界団体等に対し、発生地域の住民や関係者に対して次の要請を行うよう依頼し、又は直接要請を行う。

→住民に対し、可能な限り外出を控えるよう要請する。(厚生労働省)
→集会主催者、興行施設等の運営者に対し、活動を自粛するよう要請する。(厚生労働省)
→学校、通所施設等の設置者に対し、臨時休業及び入学試験の延期等を行うよう要請する。(厚生労働省、文部科学省)
→住民、事業所、福祉施設等に対し、マスクの着用、うがい・手洗いを強く勧奨する。また、事業所に対し、新型インフルエンザ様症状の認められた従業員の出勤停止・受診の勧奨を要請する。(厚生労働省)
→事業者に対し、不要不急の業務を縮小するよう要請する。(関係省庁)
→公共交通機関等に対し、利用者へのマスク着用の励行の呼びかけなど適切な感染防止対策を講ずるよう要請する。(厚生労働省、国土交通省)
・ 離島や山間地域などにおいて一定の条件を満たす場合には、直ちに地域封じ込め実施の可否について検討を行い、結論を得る。(内閣官房、関係省庁)

【ワクチン】
○プレパンデミックワクチン
・ 引き続き、プレパンデミックワクチンの医療従事者及び社会機能の維持に関わる者に対する接種を行う。(厚生労働省)

○パンデミックワクチン
・ 引き続き、パンデミックワクチンの開発・製造を進め、製造され次第、接種を開始する。医療従事者及び社会機能の維持に関わる者に対するプレパンデミックワクチンの有効性が認められない場合には、これらの者に対し、パ
ンデミックワクチンの先行接種を行う。(厚生労働省)

【モニタリング】
・ 引き続き、プレパンデミックワクチンの接種実施モニタリングを行うとともに、有効性の評価、副反応情報の収集・分析を行う。(厚生労働省)

【発熱外来の整備】
・ 都道府県等に対し、新型インフルエンザの可能性がある者とそれ以外の者を振り分ける発熱外来を整備するよう要請する。(厚生労働省)

【患者及び接触者への対応】
・ 都道府県等に対し、次の点を要請する。(厚生労働省)

→新型インフルエンザの患者は、原則として、感染症指定医療機関等で診療及び抗インフルエンザウイルス薬の投与を行うため、発熱外来及び一般医療機関に対し、受診者について本人の渡航歴等を確認した上、新型インフルエンザが疑われる場合には感染症指定医療機関等の受診を指示するよう、周知する。
→感染症指定医療機関等に対し、症例定義を踏まえ新型インフルエンザの患者と判断された場合には、直ちに保健所に連絡するよう要請する。当該者に対しては、感染症法に基づき入院勧告を行い、確定診断を行う。
→検体を地方衛生研究所へ送付し、亜型の検査を行う。
→新型インフルエンザ患者の接触者(同居者等)に対しては、経過観察期間を定め、外出自粛、健康観察、抗インフルエンザウイルス薬の予防投与及び有症時の対応を指導する。なお、症状が現れた場合には、感染症指定医療機関等に移送する。


【抗インフルエンザウイルス薬】
・ 第三段階のまん延期の状況を予測し、引き続き、都道府県等や医療機関に対し、抗インフルエンザウイルス薬を適切に使用するよう要請するとともに、患者の濃厚接触者に対し、抗インフルエンザウイルス薬の予防投与を行うよう要請する。(厚生労働省)

・引き続き、抗インフルエンザウイルス薬の適正な流通を指導する。(厚生労働省)

【医療機関・薬局における警戒活動】
・ 医療機関・薬局及びその周辺において、混乱による不測の事態の防止を図るため、必要に応じた警戒活動等を行う。(警察庁)

【情報提供】
・ 引き続き、国内での発生状況や対策の内容を詳細に情報提供し、国民への注意喚起を行う。また、ホームページの内容等について随時更新する。(関係省庁)

・引き続き、メディア等に対し、広報担当官から情報提供を行う。(厚生労働省)

【相談窓口の設置】
・ 都道府県等に対し、状況の変化に応じたQ&Aの改訂版を配布し、引き続き相談窓口の設置を要請する。(厚生労働省)

・ 引き続き、コールセンターを運営する。(厚生労働省)

【事業者の対応】
・ 全国の事業者に対し、不要不急の業務の縮小に向けた取組みや職場での感染防止策を開始するよう要請する。(関係省庁)

・ 社会機能の維持に関わる事業者に対し、事業継続に向けた取組みを要請する。(関係省庁)

【犯罪の予防・取締り】
・ 混乱に乗じて発生が予想される各種犯罪を防止するため、犯罪情報の集約に努め、広報啓発活動を推進するとともに、悪質な事犯に対する取締りを徹底する。(警察庁)

FC2blog テーマ:新型インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/05/16 19:08】 | 病気流行、パンデミック
トラックバック(0) |  ]

■新型インフル、国内初の発生確認 神戸の高校生、陽性-いよいよ国内発生早期に突入!!
yutakarlson
こんにちは。新形インフルエンザ、とうとう国内発生早期に突入しました。いずれ、私たちの身の回りに危機が迫っていることは明らかです。しかし、一方で日本経済も期になります。新形インフルエンザによってせっかく上向いている景気に影響が出ないことを祈るばかりです。いずれにせよ、私たちは、出来ることは精一杯やって、新形インフルエンザなど跳ね除けて、体も経済的にも健全な状態を維持すべく努力すべきと思います。詳細は是非私のブログをご覧になってください。

コメントを閉じる▲