上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「「日本国憲法」は「大日本帝国憲法」と続いていて重要な部分を一部改正しただけだ。」と立花隆がNHKのNHKスペシャル「シリーズ JAPANデビュー 第2回 天皇と憲法」で、言っている。何ということを言うのだ。
 大日本帝国憲法に国民のことが、権利がどこに書いてある。何も書いていないのだ。もう完全におかしい。敗戦時に大日本帝国の体制が破たんしたにもかかわらず、そのときの幣原喜重郎内閣が、大日本帝国憲法を少し修正したそういう戦前型憲法にしようとしたから占領軍が新憲法の案を作って出したのだ。
 それは単に手続きの問題で当前帝国憲法下の手続きで改定されたのだ。それと内容をごっちゃにしている。
http://www.nhk.or.jp/special/onair/090503.html

 このNHKスペシャルの内容もおかしい。美濃部達吉に代表する天皇機関説が日本帝国憲法の大きな学説であることはわかる。しかし、一方で「万系一世の天皇これを統治す」とある。また統帥権は天皇にある。しかも教育では神国であるとしていた。天皇にいくらでも権力が集まる構造をしていたのだ。それを枢密院の元老が裏からコントロールするシステムなのだ。だから欠陥憲法だったのだ。

 それをかなり良好な憲法だとしている。そんなことはないだろう。そもそもなぜ日本国憲法のことをやらない。

 私たちの平和憲法が危機にさらされている。憲法記念日なのに大日本帝国憲法体制のことをやる前に現日本国憲法のことをテレビ化すべきだ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

【2009/05/03 23:09】 | 政治・経済
トラックバック(4) |  ]

紹介させて頂きました
大津留公彦
賛同し紹介させて頂きました。
宜しくお願いします。


コメントを閉じる▲
 立花隆の本はたしか80%は読んでいる。「文芸春秋」に載った「田中角栄研究-その人脈と金脈」から始まって、『東大講義人間の現在 1 脳を鍛える』まで。
周辺の本の『立花隆秘書日記』 佐々木 千賀子や批判本の『立花隆の無知蒙昧を衝く―遺伝子問題から宇宙論まで』佐藤 進も。

 確か『「田中真紀子」研究』( 2002/8)を読んだとき、おかしく思い始めたのだ。それまでの批判が一転して期待感に満ちた結論に論理なくなるからだ。もう一冊そういうものがあって嫌になってしまった。
 ただ「月刊現代」に連載された安倍改憲批判は面白く読んだ。

 だが、今日の朝日新聞に掲載された「民主代表のまま裁判を続けるのか 師から何を学んだのだ」という論評は、現実を何一つ見ないで書かれた妄論である。
「失点だらけの麻生が」抜き返したから国民は「選挙民は「小沢抜きの政権交代」を望んでいる。」とか。小沢一郎の戦いが私的なものであるとか。
そして田中角栄がロッキード事件で真っ先に自民党を離党したのに小沢一郎は学んでいないとか。

 これが政治弾圧でマスコミは形式微罪なのに検察リークで異様なバッシングしているのにそれが目に耳に入らないのだろうか。田中角栄は本当に裏でコソコソもらった賄賂だった。小沢一郎は表の政治資金でしかも法律の通りやった。他のほとんどがしているのにそれは問わず二階経産大臣の裏金6,000万円さえ問われない。その不公平とデタラメがわからない。これはもはやあのさっそうとしたロジカリスト立花隆ではない。ただの耄碌した抜けがらだ。

 そのうえ、小宮山洋子と近藤洋介の辞任を求めた発言を高く評価し、民主党は小沢の私党ではないと結論付ける。
 あの二人は政治弾圧の中で代表を降ろそうとする究極のエゴイストである。自分のことしか考えていない矮小な人物で政治屋なのだ。それを高く評価しておき、全党で代表を支えると言ったポッポ兄こと鳩山由紀夫らを非難する。

 この人の頭は思考停止して、検察がすべて正義の味方で動かせない基準でそこからしか世の中を見ることができないのだ。

 こんなことを言って悪いが、もう引退されることをお勧めしたい。世の中を論評するような段階ではない。
 でも、敬愛する私としてはこんなことを書かねばならないのが悲しくて仕方がない。

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/04/01 23:54】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]

西松事件から国民にとって本当の敵と味方を見つめよう
おびえる国民
 そもそもロッキード事件で田中角栄のみを叩き「悪人化」させた張本人が立花氏である。しかしそれは、5億円の民間側(全日空)の金についてのみで、実は裁判においてもコーチャン氏の証言も疑問視されていた。田中氏の死去により途中止めとなった事案である。ところが、政府側(防衛庁)のP-3Cの50億の行方は何も解明されていない。
 以降も官僚に対峙する「強い政治家」たち(経世会)が抹殺されていき、官僚に覚え愛でたき政治家グループ(福○派-清○会-・中○根派等々)はその勢力を拡大させている。もうそれ以上言う必要も無いだろう。大蔵族等と極めて折り合いのいい大勢力である。そしてそのグループの検察捜査もまた皆無である。今回の西松建設事件でも同様だ。官僚・与党の官僚協同派・財界・マスコミ・外資の既得権益勢力が取り仕切るこの国の社会・経済の仕組みの中で生きている知識人達が、自分達の生死をかけて必死になっているということだろう。
 政権交代し、この国の本質や秘密が本当に明らかになれば過去の評価が大逆転するだろうと思う。ノーベル平和賞を取った佐藤栄作も、金権の汚名を着せられた田中角栄もその人たちだろうと思う。同様に数々の検察事案も。また併せて過去の著名知識人たちの評価も。是非とも我々が生きているうちに、この国の実態と本質が明らかにされていくことを期待したい。
 そして、今回の事件で、誰が本当はどこを向いているのかかがよくわかりつつある。政権交代後も国民は、この手の組織や輩たちとは、「そのつもり」で対応していこう


天河水
物事を判断する時、一点から見るのではなく、あらゆる角度でみないと真実の姿は見えない。誰もが一度は人生の先輩や恩師から教わったことである。俯瞰することの重要さを示す教訓である。ジャーナリストはその最たる視点を持つ存在と思っていたが、それは買い被りすぎであった。

彼らは民主主義の本質に触れないからだ。事象を論点とし、支持率や政局ばかりの議論に集中する。資質なのか、メディア権力への迎合なのか。それとも圧力による萎縮なのか?イラクで亡くなった橋田信介氏を見習うべきだ。これぞジャーナリズムの魂である。暴力や権力に目をそらすことなく、命を懸けて真実を追求してきた姿である。

求められるのは評論ではなく、真実の追求であること。その一点である。
多くの大衆はジャーナリスリストやキャスターの“ごもっとも発言”で影響を受けることが世論調査の結果をみても明白である。国民はその問題の深層をじっくり考える暇がないから、メディアから流れる情報で判断していることだ。私はかつてこれほどメディアとジャーナリズムに不信感を持ったことがない。天下泰平で生きてきた遺伝子がそうさせるのか。利害得失が優先し、真相を覆い隠すようではジャーナリストと言わない。恥を知るべきである。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。