講師:京大原子炉実験所小出裕章さん
― 今だから考えたい ―
原発のこと 未来のこと
http://www.geocities.jp/earthdaynara/

1949年東京都生まれ。74年から京都大学原子炉実験所勤務。
伊方原発訴訟住民側証人。著書に『放射能汚染の現実を超えて』、『隠される原子力 核の真実』、共著に『原子力と共存できるか』などがある。

小出さんは原子力の研究者という立場から、原子力発電の危険について、

40年以上にわたり警鐘を鳴らし続けてきました。
しかし、警鐘空しく、東日本大震災において福島原発の事故は起こりました。
今も現場では、作業員の方々が命がけで復旧に取り組んでいますが、まだまだ予断を許さない状況。陸海空に広がる放射能汚染の影響が心配です。

 地震や津波は天災です。しかし原発の事故や放射能汚染は人災です。東日本大震災で福島原発が爆発し放射能汚染が広がっています。自然に存在しない、ヨウ素131、セシウム137、プルトニウム239など放射性同位元素は体内に取り込むと長期間、体内被曝を続け、DNA(遺伝子)を破壊しガンや白血病の要因になります。
今こそ、原発のこと、未来のことを考えましょう。

2011年5月21日(土) 14:30~16:30 【 受付 】13:45~

場 所 : 奈良女子大学 文学部S棟 S235教室
(近鉄奈良駅1番出口 北へ徒歩5分 ・ 正門から入り左の建物 2階西の端)

参加費 : 1000円 (資 料 代)    
定 員 :  300名 (要 申 込)  
主 催 : アースデイ奈良2011実行委員会 / 自然や文化にふれ感性を拓く会
申込・お問合せ
  アースデイ奈良2011実行委員会
   Fax:0742-55-8368 Email:earthdaynara@yahoo.co.jp
   URL:http://www.geocities.jp/earthdaynara/

  自然や文化にふれ感性を拓く会事務局
  〒630-8296 奈良市後藤町12-2 cafe葉音
  Tel : 0742-27-5972 (水~日曜 11:30~19:00)
  Blog : http://blogs.yahoo.co.jp/paoncafe

FC2blog テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/04/19 22:48】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
 だいたい四千人が参加したことが確定。いろんな人が参加していたことがよくわかる動画集です。張り付けた以外は下記のURLをクリックしてください。

2011.4.16 大阪御堂筋 反原発デモ←このパフォーマンスは受けていました
http://www.youtube.com/watch?v=F-iOdVDSevU

11.04.16 Sat. No Nuke Demo Osaka
http://www.youtube.com/watch?v=qMTnbBmqzD4

2011.04.16 大阪反原発デモ
http://www.youtube.com/watch?v=2B2FzXsRnHc

2011年4月16日STOP原発!アクションin関西 反原発 大阪デモ 16.April.2011
http://www.youtube.com/watch?v=ZTZOOLY3qnc







FC2blog テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/04/19 21:54】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
 とても優れた新しい方向の脱原発論が発表された。これの紹介のため、リンクとともに要約する。
http://news.livedoor.com/
article/detail/5479348/



もう3割を占めているからとか、代替手段が確立するまでは原子力はやむを得ないなど、《半世紀以上前からの変わり映えのしない意見なのだ。》そういう消極的支持に乗っかり、原発利益複合体はあらゆる切り崩しと大宣伝で原発を強力に推進してきた。
《ささやかな活動も、声を上げた人の意見も、何一つ反映されなかった。スリーマイル島原発事故時に比べれば4倍以上、チェルノブイリ時から考えても20基以上原発は増えている。》
《だから、考え方を変えなくてはいけない。

「代替技術が見つかったら、脱原発しましょう」ではなく、「脱原発しましょう。そのために代替技術を生み出しましょう」でなくてはならない。

そのうちに、ではなく、ハッキリと具体的スケジュールと併せ、「脱原発」を打ち出すべきなのだ。》

《アメリカにおける自動車の排ガス規制(マスキー法)の存在は、当時アメリカ自動車メーカー(ビッグスリー)の大きな反発を招いた。しかし、カリフォルニア州などで実践された規制をクリアする事で日本自動車メーカーはシェアを拡大した。》


同様に《水銀フリーのアルカリ電池 有機ハロゲン化合物も》不可能と言われても《規制が実行されると、代替技術は生まれるのだ。》
まず脱原発を決定すれば代替策は後からできる。

FC2blog テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/04/11 00:48】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]

こんにちは(゚∇゚☆)
maigodai
代替技術、大切ですよね。
これなんか今回の津波にも耐えてステキだと思いました。
風力発電フル稼動、被災地支える 三谷商事、地震耐え無傷
http://earthjp.net/mercury/1104070014.html

将来2km沖に100基設置する構想もあるみたいで期待しちゃいます♪

コメントを閉じる▲
東京電力福島第1原発の事故を受け、地元福島県の反原発団体や個人でつくる「脱原発福島ネットワーク」などが4日、経済産業省原子力安全・保安院を訪れ、菅直人首相と海江田万里経産相あてに第1、第2原発全10基の廃炉を求める緊急要請書を提出した。

要請書は、福島脱原発ネットワークと原子力資料情報室が、2日に呼びかけたが、253団体と千人以上の個人が賛同者になり、共同提出した。

 東京電力の勝俣会長が福島第一原子力発電所1~4号機の廃炉に言及したが、「生命財産を奪われ、ふるさとを追われた福島県民の心痛を思うとき、原状回復と被害補償はもとより、福島原発すべての廃止と脱原子力のエネルギー転換は、必然」だと強く全原発廃炉を迫っている。県民の多くが避難を強いられ最悪の状態であり、当然である。

●提出日時 4月4日(月) 9時30分~45分  経済産業省

 以下要請書


経済産業大臣
海江田 万里 様

福島原発震災に関する緊急要請書

平成23年4月4日

脱原発福島ネットワーク

福島県いわき市鹿島町久保於振1-2
電話:0246-58-5570

原子力資料情報室
 
東京都新宿区住吉町8-5曙橋コーポ2階B
電話:03-3357-3800

去る3月11日、マグニチュード9,0の巨大地震と太平洋沿岸に押し寄せた巨大津波によって、多くの人命が失われ、家屋、建築物も甚大な被害を受け、原発震災が発生しました。

東京電力福島第一原子力発電所における外部電源及び非常用電源の喪失に伴う冷却材喪失事故に対する東京電力の初期対応の失敗によって、水素爆発、炉心溶融が惹起しました。

大量の放射性物質が大気中に放出され、30キロ圏内の住民が避難を余儀なくされるとともに、東日本の国民が放射線被曝の脅威にさらされ、使用済燃料プールも含めて、未曾有の危機は続いております。

東京電力はじめ原子力安全・保安院からの事故情報や放射線情報の公開が適切に実施されていないばかりか、「ただちに健康に影響を与えるものではない」とする言説がかえって、国民生活の先行き不透明感、不安感を増長しております。

東京電力の勝俣会長が福島第一原子力発電所1~4号機の廃炉に言及しましたが、生命財産を奪われ、ふるさとを追われた福島県民の心痛を思うとき、原状回復と被害補償はもとより、福島原発すべての廃止と脱原子力のエネルギー転換は、必然であります。

いま、日本の姿、日本の原子力行政とエネルギー政策のあり方・方向性が問われており、経済産業大臣のリーダーシップを十二分に発揮していただく時です。

当面の緊急対策として、経済産業大臣におかれては、次の特別対策を早急に講じられるよう、強く要望します。

要 望 事 項

1.福島第一原子力発電所の冷却機能の確保、事故の早期収拾

2.福島第一原子力発電所30キロ圏内及び緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステムの試算圏内の住民避難指示

3.放射線モニタリング地点の拡大、一般人の総被曝線量が年間許容限度1ミリシーベルトを超える時期に対応し、妊婦や乳幼児をはじめ自主避難希望者の支援と対応策の確立

4.30キロ圏住民はじめ農水畜産物への放射能被害に対する補償措置

5.福島第一・第二両原子力発電所の原子炉の廃炉措置

6.脱原子力へエネルギー政策の転換
                                    以上


FC2blog テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/04/05 00:55】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]