衆院選石川第2区で当選した田中美絵子さんが、風俗レポーターをしていたとスポーツ紙で叩いている。ほかには9月9日発売の「週刊文春」と「週刊新潮」で映画「盲獣VS一寸法師」(石井輝男監督)に出てバストを見せたとか。

 過去にどんな仕事をしていてもいいしそれを選挙で言ってなくてもいい。偏見があるから言わなかった。そのどこが悪い。
「レポーター」「映画出演」もいい。ヌードになっててもいい。いろんな職業をやった人が国会議員になる。すばらしいことではないだろうか。

 職業に貴賤があるというのか。貴賤があると叩くスポーツ紙と週刊新潮、週刊文春よ。

 そもそも世襲でございと言って別に何もしてないのに出てくる連中のほうがはるかにいかがわしいし恥ずかしい。田中美絵子さんのことを言って世襲でててくる連中のことを言わない奴らは、完全に価値観がおかしい。

 どうか自民党の、特に森喜朗の御先棒を担いでいるような連中に負けず、ぜひ、すばらしい活躍を願います。

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2009/09/13 22:11】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]


職務経歴書の書き方
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。

淫行知事
gingin1919
淫行(犯罪ですね)やっても知事になれる。
これが問題にならないのですから、ヌードになった位でなんの問題があるのだろう。

ふ~ん
通りすがり
まあ、ほんとうに仕事ができるかどうかこれからですけどね。
問題は、こういったことが選挙前には出てきたら、年配者や普通の人だったら、投票していなかっただろうということ。(当選できなかっただろう) つまりこれは学歴詐称と同じことで、職業の貴賤といった話ではない。そこまで見ないとこの問題は読めない。

確かにそうですね
右も左もいりません
我が神奈川の横須賀の子鼠の阿呆息子の話になるとマスゴミは批判するどころかこぞって
持ち上げていましたしね。これはマスゴミ=
蛆民・ソウッカー(創価、笑)=電通の悪のトライアングルが元凶です!!民主党の議員の皆さんや田中絵美子さんはこの悪のトライアンアングルを粉砕すべきです!!

コメントを閉じる▲