上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪で2日間、「派遣切り相談村」開村へ

 やるのは、派遣切り相談と炊き出し2日間です。宿泊はできません。

 管理職ユニオン・関西など5労組でつくる「非正規労働者のための協働センター」(仲村実代表)が28日と3月1日の2日間、大阪市西区のユニオン会館旧館で「派遣切り相談村・関西」を開く。派遣切りや雇い止めされた人たちからの相談を受け付け、炊き出しも行う。

 東京・日比谷の「年越し派遣村」の運営に携わった全国ユニオン(東京)から提案され、同センターが応じた。

 「相談村」は28日午前9時に開村。組合役員や行政書士らが同10時から電話と面会で生活支援などの相談を受ける。両日とも炊き出しは午前11時と午後5時からの2回。ともに午後7時で閉村し、宿泊はできない。仲村代表は「3月末までに、数十万人の非正規労働者が職と住居を失うと言われており、今後も活動を続けていきたい」と話している。

 当日の電話相談と問い合わせは同センター(電話06・6586・5005、メールsodan@c-c.or.jp)へ。


日時:2月28日(土)午前9時 開村
            午前10時 午前の炊き出し開始
            午後5時 午後の炊き出し開始
            午後7時 終了

   3月1日(日)  午前9時 開村
            午前10時 午前の炊き出し開始
            午後5時 午後の炊き出し開始
            午後7時 終了

◆炊き出し場所:ユニオン会館旧館(大阪市西区川口2-4-2)
        1階で炊き出し、休憩・食事場所として3階会議室を用意します。
        300食を用意します。多い場合は追加します。

◆相談場所:非正規労働者のための協働センター(ユニオン会館旧館2階)

◆電話相談:06-6586-5005

派遣切り相談村・関西 村長  西山 直洋 
 事務局  仲村 実   

◆連絡先:非正規労働者のための協働センター 

◆住所   大阪市西区川口2丁目4番2号

◆電話 06-6586-5005  メール:sodan@c-c.or.jp
 
 西山直洋 村長の携帯電話 090-6918-6146




大きな地図で見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:派遣労働 - ジャンル:政治・経済

【2009/02/28 00:00】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。