上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

普天間基地を事実上不可能か沖縄あげての反対闘争になろうかという辺野古埋め立て移転を決めた日米協定に対し、ついに沖縄県宜野湾市の伊波洋一市長が、無効であると提訴しました。

 なんという勇気ある県民想いの政治家でしょう。本当にできることではありません。

 そしてここまで追い詰めてしまった、日本政府、民主党政権、それを支える日本国民として恥ずかしく思います。

 普天間基地の移転は、当時のラムズフェルド国防長官が市街地の真ん中に緩衝帯もなくある現状を見て世界最悪の危険な基地であると移転を決めたものです。日本政府がなぜ代替基地を見つけなければならないのです。

 その当たり前のことをわざわざ提訴せねばならないとは。本当に恥ずかしく残念で仕方ありません。

 即時撤去しかありません。どこでも行ってください。軍事評論家小川和久さんも、普天間基地は空中給油機など飛行機は16機、ヘリコプターは36機、飛行機は本土に、ヘリコプターはキャンプハンセンとキャンプシュワブの邪魔にならない部分を造成して発着場を造ればすぐ移転できる。これらヘリコプター隊は有事即応の野戦部隊なのだから移転できなければ戦争など戦えないと言ってます。(『この一冊ですべてがわかる普天間問題』小川和久著 ビジネス社)

 軍事評論家小川和久氏は、菅直人総理にとっても顧問ではないですか。アメリカの奴隷のような存在にすぎない、外務省や防衛省、マスゴミの言いなりにならず、もう少しまともにこれらの提案に耳を傾けてもいいではないでしょうか。

「普天間問題で宜野湾市長が国を提訴」(世田谷通信)

http://kikko.cocolog-nifty.com/
kikko/2010/07/post-87de.html


米軍普天間飛行場がある沖縄県宜野湾市の伊波洋一市長が、2日、周辺住民に多大な危険性を与えてまで米国へ普天間飛行場を提供し続けている日本政府と米国政府との取り決めは無効であるとして、国を相手どって那覇地裁に訴訟を起こす方針を明らかにした。住宅や学校などの密集地の中にある普天間飛行場は、世界一危険な基地として知られており、1日も早い撤去が求められている。しかし、鳩山前首相は、5月末までに「地元との合意」「連立3党との合意」「米政府との合意」を取りつけるとしていた約束を反故にして、地元住民の民意も連立与党の主張も無視し、自民党政権時代とほとんど変わらない県内移設案を米国政府とだけ合意するといった最悪の結末を迎えてしまった。沖縄では80%以上の県民が県内移設に反対している上に、仲井真県知事も政府案を「受け入れられない」としているため、鳩山前首相が民意を無視して米国と取り決めた「辺野古案」の実現は事実上不可能となり、普天間飛行場の固定化は避けられない情勢となった。そして、鳩山前首相のあとを継いだ菅直人首相も「鳩山前首相の結んだ日米共同声明を踏襲する」として、沖縄の民意には耳を塞いだ。こうした現政権による無責任な姿勢に業を煮やした伊波市長が、今回、県民の生命と財産を守るために国に対する提訴に踏み切ったわけだが、沖縄の基地問題を軽視している現政権は、これでも沖縄の人たちを見捨て続けるのだろうか。(2010年7月2日)

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:沖縄米軍基地問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/07/03 00:20】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]

Re: 【要注意】みんなの党は新自由主義・小泉改革自民党の直系政党
奈良たかし
> asahi.com(朝日新聞社):与党、過半数は困難 朝日新聞終盤情勢調査 - 政治
> ttp://www.asahi.com/politics/update/0708/TKY201007080575.html
>
> 終盤情勢は民+国+社+共で過半数がギリギリ可能。これ以上、与党の議席数を減少させると危険水準です。
> 「民+み」で過半数がギリギリ可能。★★★「民+み」の連立になると、非正規雇用が大幅に増加します。
> みんなの党は新自由主義・小泉改革自民党の直系政党なので、小泉時代のように状況を悪化させるだけです。
> 『当面だけの』消費税率維持に乗せられて、みんなの党へ投票を考えている有権者は、目を覚ますべきでしょう。
 本当にこの情勢は悩ましくてまだ結論は出ていません。ただし、民主党に入れるか共産、社民党に入れるかはそれぞれの判断でしょう。

【要注意】みんなの党は新自由主義・小泉改革自民党の直系政党
nobody
asahi.com(朝日新聞社):与党、過半数は困難 朝日新聞終盤情勢調査 - 政治
ttp://www.asahi.com/politics/update/0708/TKY201007080575.html

終盤情勢は民+国+社+共で過半数がギリギリ可能。これ以上、与党の議席数を減少させると危険水準です。
「民+み」で過半数がギリギリ可能。★★★「民+み」の連立になると、非正規雇用が大幅に増加します。
みんなの党は新自由主義・小泉改革自民党の直系政党なので、小泉時代のように状況を悪化させるだけです。
『当面だけの』消費税率維持に乗せられて、みんなの党へ投票を考えている有権者は、目を覚ますべきでしょう。
民+保守各党の連立になれば、消費税は 10% どころか、10% → 15% → 20% と青天井になります。
よって、比例代表は社民の保○○人氏に、また与党の議席数が予定以上に減少しすぎたので、
選挙区は民主党に投票し、議席数を調整します。

コメントを閉じる▲
 半年がかりで準備してきた仕事が、完了するとなると、さすがになかなかブログに手が回らない。少し一息ついたのでなんとか書いていきたい。

 岡田克也外相がこれ以上ないくらい言動がおかしい。選挙中鳩山首相が沖縄で約束した普天間の国外か県外移設の約束を、マニフェストにないから公約ではないと言い放ったのだ。

 政治家のしかも選挙中の党代表の言葉は軽いものではない。そんなことを言うなら何一つ信じられないではないか。

 それは昨日報道ステーションでしていたアメリカ政府高官の嘉手納基地との統合が現実的な案だという高い評価とつながっているようだ。つまりは何かのアメリカ政府と岡田外相の間でこれまでの交渉と筋書きがあったのではないか。それが沖縄県民の嘉手納基地との統合否定と鳩山首相の選挙時の約束を守れという声で、だめになりそれで焦りのあまりあんな愚かなスピーチになったのではないか。
(外務省ホームページから引用、岡田外相とゲイツアメリカ国防長官)2009.10.21岡田外相とゲイツ米国国防長官

 しかし、最悪である。

 民主党は、2005年に沖縄に関する総合的な政策である「沖縄ビジョン」を発表し、これまで3回の改訂を重ねてきた。そして特に2008年には当時の鳩山党幹事長が「政権をとったらすぐに使えるように改定した」と表明している。

民主党・沖縄ビジョン(2008)
http://www.dpj.or.jp/news/files/okinawa(2).pdf

その中で、次のように県外移設による機能分散と、その後に国外移設を明確にうたっている。

民主党は、日米安保条約を日本の安全保障政策の基軸としつつ、
日米の役割分担の見地から米軍再編の中で在沖海兵隊基地の県外への機能分散をまず模索し、戦略環境の変化を踏まえて、国外への移転を目指す。
また、沖縄が平和教育の発信地となるよう、平和に関する研究を更に促進し、真にアジアの平和と安定に寄与する沖縄を目指す。
いわゆる「北部振興策」については基地移設問題とは切り離して取り扱われるものであり、引き続き実施する。



 私たちを裏切るな。これまでの公約を反故にするならきちんと説明して了解を取れ。こそこそするな。何のための政権交代なのだ。恥ずかしくないのか。

FC2blog テーマ:沖縄問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/11/06 01:56】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
私も知ったばかりなのですが、今度の日曜日11月8日(日)2時~から「普天間基地撤去 辺野古新基地建設反対 大阪アクション 」が、あります。あまり日がありませんが情報を広げてください。
-----------------------------------------------------------
普天間基地撤去 辺野古新基地建設反対 大阪アクション
沖縄の県民大会とともに訴えます。
民主党への申し入れ行動もやります。

http://blogs.yahoo.co.jp/henoko_osaka/56589133.html

普天間基地撤去 辺野古新基地建設反対 大阪アクション】
[日時]
 11月8日(日)2時~
 中之島公園女神像前 

(京阪電車 淀屋橋・大江橋下車徒歩10分~15分)

 集会後、米総領事館・梅田方面にデモ

 このたび 「辺野古に絶対に基地を作らせない大阪行動」では 沖縄、宜野湾で行われる 「辺野古への新基地建設と県内移設に反対する11・8県民大会」と連帯し 大阪でも11・8緊急行動を行うことに決定しました。
大阪、関西で反戦平和運動、労働運動、環境運動をされてる団体、個人で お時間の許す方は 是非参加、御協力のほど宜しくお願い 致します。
これから1〜2カ月間が、沖縄に基地を100年先まで押し付けるのか否かを決する最重要な局面だといっても過言ではありません。
緊急なことではありますが、是非とも11月8日(日)午後2時中之島公園女神像前にお集まりくださいますよう、心からお願いします。
 また「基地は要らない」という気持ちを表すために、グッズやプラカードやその他、思い思いに色んなものを持ち寄って活気あふれるアピール大歓迎です。

【民主党大阪府連申し入れ行動】
[日時]
 11月10日
[申し入れ時間]
 午後2時集合(変更の予定あり)
[場所]
 京阪・天満橋・北浜下車
 〒540ー0035 大阪市中央区釣鐘町2ー4ー17
 TEL 06ー6943ー8085
 FAX 06ー6943ー8240

主催・・・辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動

FC2blog テーマ:沖縄問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/11/05 20:53】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
辺野古は、台風が過ぎて波も静まりつつあります。
うみんちゅの船はまだ陸上に揚げたまま、私たちのテントも、たたまれたままになっています。

東京の「辺野古への基地建設を許さない実行委員会」さんからのご案内。
今日午後6時、外務省に直接の抗議行動を行います。
参加できない県内の方も、ファックスなどで参加してください。

【大至急】(転送・転載歓迎)
==============
普天間基地の県内移設」発言
岡田外務大臣に撤回求めよう!
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
外務省への抗議行動に参加を!
==============
【日時】10月26日(月)午後6時30分~
【場所】外務省正門前(東京都千代田区霞が関2-2-1)の路上
東京メトロ「霞が関」駅A4またはA8出口すぐ
http://www.mofa.go.jp/mofaj/
annai/address/index.html

★各自で抗議文を持ってきて提出しましょう。

【呼びかけ】
10月23日、岡田克也・外務大臣は、普天間基地の移設で「県外は選択肢として考えられない」として、辺野古か嘉手納基地への統合案を口にしました。
これまで新政権は、普天間基地の県外・国外への移設を含めた米軍再編の見直しを表明していました。
鳩山総理大臣自らも変わらない発言を繰り返してきました。
しかしゲーツ米国防長官が来日し、沖縄の「基地の県内移設を許さない県民会議」の
代表団が外務省へ要請行動した同日に、この発言となったのです。
これまでの自民党政権とまったく同じで、またもや沖縄の民意をないがしろにされ、断じて許せません。
この表明は、単なるブレで済ませられることではなく、撤回を求め、普天間基地を即時閉鎖し、辺野古新基地の断念を強く求めなければなりません。
みなさん、岡田外務大臣へ抗議し、「普天間基地の県内移設」発言の撤回を求めましょう!
緊急に外務省への抗議行動をおこないます。ぜひ、ともに声をあげましょう!

★抗議先の詳細は「辺野古浜通信」に掲載されています。
http://henoko.ti-da.net/
e2598550.html


*************************
【主催】辺野古への基地建設を許さない実行委員会
http://www.jca.apc.org/HHK/
NoNewBases/NNBJ.html

(沖縄・一坪反戦地主会関東ブロック)
(市民のひろば)
*************************

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2009/10/26 12:30】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
 21日(水)の日米共同記者会見でのゲーツ国防長官の話。
「普天間の移設なくして米軍のグアムへの移転はない。グアム移転がなければ米軍の再編はなくなり沖縄に土地は返らない。」
そして恩着せがましく、
「軍事的な観点から同盟の一番の目的は日本の安全保障を確保することです。この防衛の傘は日本を約50年防衛してきました。おかげで日本の防衛予算は自衛隊の予算ですが、GDPの約1%であることを可能にしているのです。」
 そして、11月12日(木)のオバマ大統領の来日までに結論を出すよう求めた。

23日(金)米軍トップのマレン統合参謀本部議長
「この計画以外の場所に移すことは日本と日本周辺地域の安全保障体制が損なわれることにつながる」

22日ワシントンポスト紙米政府高官発言
「アジアで最も緊密な同盟国である日本があらたな厄介な問題になっている。今最もやっかいなのは中国ではなく日本だ。」

この前アメリカ政府が言っていた
「なぜ、従属関係と新政権が言うのか理解できない」とかいうのはどこへいったのだ。
これでは従属どころかただの下僕扱いなのだ。
 しかも米国たるや相変わらず戦争中毒でそれ以外の行動方式はないと思っている。
だから民主党政権がいかにアフガニスタンの民生支援を考えてもアメリカの態度は変わらないわけだ。

 でも忘れてはならないのは、在日米軍は日本を守るためにあるのではなく、米国が世界派遣をするためにその拠点として存在する。そして日本は文句も言わず思いやり予算まで出して支えてきた。

 その沖縄の負担を何とかしたいとしたらこの始末だ。

岡田外相は少し脅かされたら23日(金)「県外移転は考えられない。県内で嘉手納基地との統合など検討したい」などと日和見なことを言い始めた。
それで騒音に苦しむ宮城嘉手納町長が抗議した。
「外務大臣がこのような時期にあのような発言をしたのはどういうことなのか。ここにいたって普天間基地をここに移そうなどなど到底のめる話ではありません。」
おまけに鳩山首相まで急いで結論が出せたらなどとぶれ始めた。うーむ鳩山総理はオバマ来日までの時間稼ぎとも見られるが。
 いずれにしても岡田外相の発言は明らかにおかしく許せないものがある。

 米国ともめれば日本国民は困るのだろうか。経済的にはアジア・中国のほうが関係が深い。

 これは11月12日までに結論が出るような話ではない。アメリカがいかに言おうが日数をかけて日米関係を考え直し交渉しなければならない問題だ。

 ゲーツ長官の話とは違い米軍再編ができなくて困るのはアメリカ政府の側である。

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2009/10/25 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]


gingin1919
日本を守るための沖縄基地とは言うけれど
、実際はアメリカの利益を守るための沖縄基地なのですよね。
そもそも米軍にとっては日本人が何人死のうが関係無いのですから。


愛てんぐ
奈良さん、皆さん、こんにちは

来年が安保改定から50年だそうです。
この期に、安保自身を見直す必要があります。
東西冷戦は終わり、ロシアや中国の脅威は無くなりました。
経済等の相互依存で、世界の脅威は著しく減少しました。
残るはテロとの戦い・アフガン・イラク・中東問題、北朝鮮問題だけとなりました。
日本を取り巻く状況は激変したのですから、日米安保も見直す必要があります。
自民党政権がアメリカの言いなりになってきた米軍問題は政権交代を好機に変えるべきです。
それまで、普天間基地を自民党政権の引いたレールを外して、ペンディングすべきです。
日本を守るための沖縄基地は今ほど要らないのは明らかで、縮小すべきです。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。