上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

郷原信郎元東京地検特捜部検事が、先週小沢一郎検察審査会での起訴を求める議決についてテレビで語ったことをまとめている。

検察審査会の本来の目的とは「起訴相当」とされたのは不動産取得の期ズレの問題
http://business.nikkeibp.co.jp/
article/topics/20100507/214296/


 今回の検察審査会での議決ほどがっかりしたことはない。というのは、昨年5月の検察審査会法の改正で「起訴相当」との議決が2回行われた場合には、裁判所が指定する弁護士によって強制的に起訴の手続きがとられることになった。というのはあまりに不透明な不起訴が多かったからだ。この改正自体はアメリカの例にならったものだと思う。
これでこれまで再議決されたのは、明石横断橋事故での副署長、JR西日本の福知山線脱線事故の責任を問うた利益至上主義と日勤教育による恐怖支配を蔓延させた井手正敬元社長。いずれもなぜ起訴されないのか不思議だという人々だ。

 しかし、検察審査会が冤罪作りに利用された例は実は存在する。それは兵庫県西宮市の知的障害者施設 甲山学園で園児2人の死亡事故が発生したことに端を発する冤罪事件、「甲山事件」での山田悦子さんの例だ。
 検察の証拠不十分と同僚のアリバイ証言による不起訴に対し、被害者の男児の遺族が検察審査会に不服を申し立てた。検察審査会が「不起訴不当」の決議を出したため、警察による再捜査が始まったのだ。この事件自体は、知的障害者とふれあってきた学園の係員はすぐ事件の内容が理解できた。しかし警察関係者は知的障害者のことがわからず殺人と決めつけて起こった明らかなえん罪である。ところがマスコミのラッシュ報道により山田悦子さんがあたかも犯人と決めつけられた。それで検察審査会に選ばれた人々までそれに動かされ、再捜査により強引な起訴が行われ同僚まで偽証だとされた。検察審査会は何ら機能を果たせず冤罪製造機と化した。

 今回の小沢一郎捜査に検察は半年間かけて全力をあげたが何も出なかった。政治目的での暴走以外の何ものでもない。それが西松建設の5千万円の裏金を受け取ったかのような検察リークでマスコミ一体となったデタラメ報道と情報操作をした。それに簡単に検察審査会に選ばれた人々が引っかかって「起訴相当」の議決をした。「甲山事件」の時と同様の状態である。

 当然検察は再度不起訴にする。そうすると裁判所選任の弁護士による「強制起訴」である。しかし、これでも何もないので裁判になっても何もできないまま終わる。政治家小沢一郎が振り回され弾圧されたことだけが残る。

 検察特捜にとっても今回の「起訴相当」の議決は困ったものだと郷原氏の指摘でわかった。自分たちが捜査した証拠を裁判に出さねばならない。

しかし、これも検察が原因を作ったのは間違いない。検察暴走でリークと情報操作、不起訴時にも内容を説明せず、「小沢氏を起訴する余地もあったが慎重を期して不起訴にした」などと疑惑があったのだと根も葉もないことまで記者会見で述べている。
 これで検察審査会選任の市民が動かされてしまった。

 これまでの、検察審査会の動きをみると何らかの裁判所の介入や裁判所選任の専門家の参加など検察審査会制度自体の再検討がどう見ても必要である。このままでは政治弾圧と冤罪の巣となってしまうのではないか。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/05/10 00:00】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。