管家利和さんの再審が昨日21日に開始された。

 管家利和さんの警察取り調べの録音テープの内容がNHKニュースで紹介されていた。しかし、その内容は改めて驚くべきものだった。
この取り調べは、足利事件の真犯人による連続犯と思われる少女殺害事件の取り調べで登山リュックに遺体が包まれ放置されていた。

警察取り調べ官 遺体をどんなもので包んだか。
あたりまえだが、犯人ではないのにわかるわけが無くて

管家さん わかりません。

もう1回同様のやりとりがあって突然取調官が脈絡無く

警察取り調べ官 管家は登山をするのか。

管家さん いえしません。

そしてまた、

警察取り調べ官 遺体をどんなもので包んだか。

管家さん わかりません。

警察取り調べ官 管家は登山をするのか

また聞いて、

警察取り調べ官 管家は登山をするのか。

管家さん いえしません。

3度目警察取り調べ官 遺体をどんなもので包んだか。

管家さん 高い山に行くときに使うもので。

警察取調官 リュックで包んだんだな。

とにかく事実補強じゃなくて完全に誘導していたのだ。
これは、すさまじい警察の破綻と暴走である。

 しかも、検察官も「本当のことを言うように」と言って管家さんが「実はやっていない」と真実を述べたら翌日から「DNAが合っているんだ」と犯人だと攻撃し始めた。
 それでまた気の弱い管家さんは元の通り「やった」と認めた。

とにかく取調べ警察官も、検察官もひどくて、何としても犯人にする取り調べが行われ、やっていないと答えるとそれは攻撃の対象で、ムリヤリ犯人にする取り調べが行われている。1人の国民として恐ろしい話でいつ何時あなたも私も犯人にされるかわからない。

 今後の暴走を止めるためにも、管家さんが望んでいるとおり、取調官と検察官双方の証人尋問が必要なのだ。

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/10/22 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 植草さんは冤罪です。植草さんを支持する人のほとんどは、経済学者として小泉改革を批判しアピールを繰り返し、なおかつりそな銀行インサイダー取引疑惑について、政府高官の関与について調べていた植草さんを社会的に封じ込める陰謀と国策捜査であると思っている。痴漢行為逮捕は陰謀だと信じています。植草さんへの最高裁棄却と実刑確定と収監に抗議する。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/
blog/2009/06/post-0caf.html


 このたび、夏みかんさんの呼びかけで初めてのブログデモを実施しています。実は始め聞いたとき意味が読み取れなかった。でもやがてブログでみんなで一斉に発信するデモをすることだとわかった。すばらしい。実際街頭デモをすることはなかなか少なくなっている。こういう形式もますます必要になるだろう。 

 わたしたち国民は多くの専門家によるアピールや意見、助言が必要だ。ところが昔でもさほど多くなかったのにマスコミの権力化によりますます専門家による発信が少なくなっている。
 それを代替するのはテレビ芸人やお笑い芸人だ。彼らにはほとんど期待できない権力の同調者にすぎない。
 専門家がきちんと発言すれば討論が生まれる。中には竹中平蔵氏のように詭弁技術だけでもっている専門家もいるが、それは対する側の専門家の討論技能が弱いだけだ。いまはただの今は国民を煽るだけのテレビ芸人だけが跋扈していてまともな言論や政策が形成されにくい。

 そのうえこの植草一秀氏への権力による陰謀がますます専門家を委縮させている。私たちは自民党政権の時期に起こった小沢一郎秘書逮捕や植草一秀逮捕、そして足利事件菅家利和さん冤罪事件など次期民主党政権で、国会主導で第3者委員会を設置して、検察警察の捜査手法や権力犯罪などにメスを入れてほしい。

植草一秀さんを守りたい!「みんなでブログ・デモ行進」のお知らせ。 ブログで同日一斉に発信!夏みかん 日時 2009 年 7 月 20 日 13:50:39

http://www.asyura2.com/09/
senkyo67/msg/624.html


自由参加です。

【 日時 】7月22日(新月、皆既日食)

8月6日 (満月)

その後は毎月の新月、満月 ※無事な姿が見られるまで続行(状況次第)

「月例カレンダー」 参照
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm

【 場所 】各自ブログ

【 ブログ内容 】植草一秀さんに関すること

植草一秀さんに実刑判決、収監の記事を目にしてから皆さまと同様に不安と怒りにかられ、
ブログを見るたびに気持ちが揺れ動き、何をどうしたらいいのか、ただ右往左往しておりました。
少し冷静になり考えたとき、応援している皆さまが同じ思いではないだろうか?
冤罪である植草一秀さんを守りたい、危険な目にあってほしくないという思いは一緒だと。

皆さまのこの思いがつながったら、なにか変えることができるのではないかと考え、
今回 同日一斉ブログ発信、ご参加のお知らせをお伝えすることにいたしました。

一斉にブログ発信することによって、「植草一秀さんの現在の状況」 を一人でも多くの方にお伝えし、偏向報道等により植草さんに対する誤った情報を正しい方向に導きくことができれば、と思っております。

皆さまには突然のお知らせとなってしまい申し訳ございません。
あと22日まで2日しかありませんが、ご参加よろしくお願いいたします。

ちなみに新月、満月は毎月やってきます。次は8月6日の満月です。

-----
孟子は
「天の時は地の利に如かず。地の利は人の和に如かず」と記している。
 大事を成すにあたって 「人の和」 は何よりも重要である。
(一部転載)
-----
植草一秀さん『知られざる真実』
2009年7月19日 (日)
何があっても私が決めさせていただく解散の実施
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/
2009/07/post-dc03.html


「人の和」を広げてまいりたいと思っております。

植草さんが褒美にもらった
「みかん」 でした。


FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/07/22 19:10】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 「きっこのブログ」によると西松建設前社長が小沢氏からの便宜供与を否定したそうだ。ちっとも公共工事を回さないので政治団体を解散したそうである。

西松建設前社長が小沢氏からの便宜供与を否定」(世田谷通信)

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/03/post-bc77.html

 西松建設の違法献金事件に関して、西松建設の国沢幹雄前社長が、民主党小沢一郎代表側からの便宜供与はなかったと証言していることが分かった。東京地検特捜部は、西松建設による小沢氏側への献金は公共工事などの見返りを目的としたものとして捜査しているが、国沢前社長は「公共工事が欲しかったので(小沢氏側への)献金を続けていたが、まったく工事を回してもらえないため、このまま献金を続けていても無駄だと思い、2つの政治団体を解散するに至った」と証言した。この証言は、小沢氏の影響力が強いと言われている東北地方での公共工事が、西松建設側にほとんど斡旋されていなかった事実とも合致している。小沢代表は11日の党本部での会談で「何としてでも衆院選で勝つ。俺は何も悪いことはしていない。いずれ真実が明らかになれば国民も理解してくれるはずだ」と語った。一方、西松建設による裏金疑惑や違法献金容疑を報じられている自民党の二階俊博経済産業相や森喜朗元首相の地元である近畿地方や北陸地方では、数十億円単位の公共工事が西松建設へと優先的に流されていた事実が判明しており、今後の捜査の方向性が注目される。(2009年3月11日)


FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/03/11 17:30】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]


ぶぶ
与党じゃなきゃ小沢一郎だってその程度のものでしょう。

コメントを閉じる▲
 みんな弾圧とか抑圧には直接あったことがない。だからなかなかピンとこない。

 でもナチスが台頭したときにはこんなことがあったと逸話で語られている。

 「となりのユダヤ人のおじいさんがナチスの突撃隊員に殴られていた。でもあのおじいさんは金貸しで悪評だからと何もしなかった。
 そして街中のユダヤ人が連行されたが関係ないと思っていた。

 近くのジプシーの家族がある日ナチス党員に脅かされ消えていた。でもあの人たちは放浪の民で盗みもするといわれてたから何もしなかった。

 近所の男の人が連れ去られて二度と帰ってこなかった。でもあの人は共産党員だし、国会に火をつけたのだし私とは違うと何もしなかった。

 障害者の人が連れられて行った。でも私とは関係のない人なので何もしなかった。

 やがて戦争が突然布告された。ドイツ人が迫害されているのだからしょうがないと思った。

 息子が戦争に行ったが二度と帰ってこなかった。そして空襲で家は焼け出された。やがて焼け野原の中で敗戦となった。どうしてこうなったのだろう。」

 小沢一郎は灰色の人だから。
 戦略面でやめるべきだ。
 何か裏でやっているから。
 検察に逆らってはいけないから。

 そうだ、あなたには関係がないからなのだろう。でも形式犯でそのひとや関係者だけ逮捕されたりしたらもう戦略上などとは言えないはずだ。私も別に民主党支持者ではない。でもおかしいと言わねばならない。検察には逆らったらいけないなどと書いた人がいた。そんなことはないでしょう。言っとくけどいまは江戸時代ではないのだ。

 小沢一郎だからいいのか。小沢一郎だから自分には関係がないのか。

 検察のリークの情報で小沢一郎の疑惑など新聞に洪水のように載せられている。しかし、秘書の請求書が発見されたというのは後で間違いだと気がつかないくらい小さく載った。
しかも警察出身の、漆間巌官房副長官が、西松建設の巨額献金事件が「自民党に及ぶことは絶対にない」と明言する。これで民主主義の危機を感じないのでしょうか。

 だいたい岩手県に新聞の支局はないのでしょうか。いたら小沢とかつて自民党時代は仲が良かった業者は、小沢一郎がいっさい公共建設予算に手を触れなかったため破産し、のちに主導権を握った業者は政治離れしたことくらいわかるはずだ。

 ダム疑惑などちゃんちゃらおかしい。野党党首が現時点の予算配分に何ができるというのです。将来の保険に献金したというのならただの政治献金だ。記載を誤ったのなら訂正すればいいだけなのだ。現にこれまでそうしてきた。今回だけなぜ今の時期に狙い撃ちする。

 大阪駅周辺はビラをまくと駅前の曽根崎署から警官が飛び出してきてやめさせる。しかも法的根拠は何もない。やめないと私の知り合いは服をズタズタに破かれました。それは80年代のことだ。それから反原発運動の盛り上がりなどあったときだけ規制が弱まったのか主婦層などまいていました。実は60年代はここはビラまきのメッカで10日以上24時間まいていました。そういうこともできなくなりました。

 東京では、最近1月16日に「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会が新宿東南口広場で麻生内閣について現実の状況や批判を述べる演説をちょっと行っただけで、すごい数の警官やパトカーが押し寄せ逮捕すると言われました。これも関係がないのですか。
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1398.html

 かつて自民党幹事長時代権力の中心にいました。でも少なくとも今は新自由主義からは手を切ったようだ。そういう人が検察の弾圧にあう。国民として黙ってみているのか。アメリカの政策や日米のあり方に異議を唱えたことが大きいとはだれしも感じることだ。ものを言う政治家はいけないのか。政治家がアメリカの言いなりになっていると文句を言ってなかったか。

 百歩譲ってあまり好きな言い方ではないけど、そういう弾圧にあった人や政党が政権を取るのはとてもいいことでよく人々の気持ちがわかるはずだ。

 すべての手をこまねいている人よ、小沢一郎への弾圧に、国策捜査に抗議してください。どうかあれこれ言って「何もしなかった」人にならないでください。
 私たちは権力の弾圧には例えだれであっても手を差し伸べる必要がある。彼らの次は私たちが弾圧にあうのだ。

内閣官房副長官 漆間 巌 (うるま いわお)

http://www.kantei.go.jp/jp/
asodaijin/080924/21uruma.html

 なぜ、請求書があったなんて知ってるんだ、どうして捜査の見通しがわかるんだ。あんたたちで相談してやってるのが見え見えだ。

違法献金事件、自民に拡大せず=政府高官が見通し(時事通信 3月6日)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009030600011

 政府高官は5日、西松建設の違法献金事件に関する東京地検特捜部の捜査が自民党の議員にまで拡大することはないとの見通しを示した。その理由について政府高官は「(小沢一郎民主党代表の逮捕された公設第1秘書の場合は)西松建設への請求書があった」と指摘した。ただ、小沢代表は「不公正な国家権力の行使だ」と検察批判をしていることから、捜査の見通しを示した政府高官の発言が反発を招く可能性もある。

西松建設OBが代表を務めていた政治団体からは、自民党二階派や森喜朗元首相、尾身幸次元財務相らが献金を受けたりパーティー券を購入してもらっている。(2009/03/06-00:25)
---------------------------------------------------------------
元日経記者宮崎信行氏によると。
http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/a4b49c927aed5a22c0e19db289b86b53
首相官邸と内閣記者会は、記者会見ではなく「懇談」形式の取材の際に

 政府首脳=官房長官
 政府高官=官房副長官(事務)
 首相周辺=総理秘書官

との主語で報じることになっています。「懇談」の席上、本人がOKした場合は、実名で報道できることになっています。


FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/03/07 19:45】 | 政治・経済
トラックバック(2) |  ]


山梨の鈴木
あなたのご意見に全面的に賛成します。
今の小沢一郎をめぐる政治状況に大変危機感を持っています。あなたのようにうまく表現できないのが残念です。
民主主義と日本が危うい状況にあります。
なんとかしなければ、という思いでいっぱいです。

2.26
北条高時
とくそうが
専制をして
世は終わる

逮捕とは
時間をかけて
殺すこと

記者クラブ
酌婦茶坊主
居るばかり

昔、陸軍
今、とくそう


のののの
ごもっともです。
おそらく貴方は私と政治的主張を全く事にすると思うし、多分貴方自身、小沢一郎という人間はもともと大嫌いだったんではないかと思います。
それでも明らかに不当な政治的弾圧は見過ごせないという意気には全面的に賛同します。

まあやるといっても大したことは出来ない。
検察に抗議メールでも送ればいいのでしょうが、この国が本当に法治国家なのかすら疑わしくなったこの状況では怖くて踏み切れない。
せめてブログや掲示板にレスを付けるくらいの事しか出来ませんが。

コメントを閉じる▲