森田健作氏が千葉県知事に県民に「完全無所属」だと嘘をついて、千葉県知事になったときこのまま首都圏の知事が次々とポピュリストに入れ替わったら、たとえ自民党の危機でも、その知事たちが連合して新自由主義・タカ派のポピュリズム新党を作り、キャスティングボートを握る可能性があると思っていた。結局は政権交代の内実が破壊されることになる。

 今度の橋下大阪府知事の地方分権新政治勢力というものは、自民党や民主党に地方分権の政策を入れさせると言いつつ、このポピュリズム新党を目指したものだ。その「地方分権」はどこでも受け入れられる程度のもの。実質は自民党と連立して救済すると共に民主党の新自由主義への回帰と引きずりこみをねらったものだ。

 しかし、なぜ中田横浜市長が入っているのだ。少し意外には思う。今週の「週刊朝日」によると、中田市長の勉強会が母体となっていると報道されている。この勉強会で何らかの政治的アピールをしたほうがいいのではという意見が交わされ、こういう動きが出てきたそうだ。ただし、中田市長は橋下知事に比べると慎重派で、ずいぶん差があるようだ。

 しかも古賀誠自民党選挙対策委員長が、東国原宮崎県知事に総選挙の出馬要請をしたことからこの戦略が打撃を受けた。東国原知事の機会主義的で政治的センスのない面が露骨に出て、自民党に色気を見せておいてなおかつ総裁でならば、という趣旨の発言をしたことで、自民党内部からも大きな反発を呼んだのだ。
 このせいで橋下大阪府知事も東国原知事と別行動を提案した。
 東国原知事はテレビ出演をたび重ねて宮崎県の宣伝はするが宮崎の行政や経済的な面で何もしていない。


http://www.pref.miyazaki.lg.jp/
parts/000114916.pdf

21年度予算
投資的経費の縮減・重点化▲5億円
(1) 公共事業の縮減・重点化
・新直轄、維持管理経費を除き、前年度比▲5%
・新直轄、維持管理経費は所要額
(2) 必要性、緊急性が特に高いものを除き、施設の新規着工を凍結

特に平成21年度歳入不足 ▲337億円

収支改善の取組み(一般財源ベース)
(単位:億円)

1 人件費の削減         16
2 投資的経費の縮減・重点化  5
3 事務事業の見直し       58
4 歳入確保対策         18
計                  97


 不況下で何もできないのに、公共事業縮減もできず破綻している。むしろこのままでは破たんしてぼろが出るので中央政界へ逃げようとしているらしい。

 一方で、橋下大阪府知事も、この後大きなブレを見せる。地方分権を旗印にした新しい政治勢力結成を宣言して、まず大阪府内の市町村に呼びかけそして全国の自治体首長に参加するよう発言した。
 ところが、この勢力で既存政党の支持を決めようと6月29日に言い始め、大阪府市町村や石原東京都知事からも、政党支持に否定的な声が出た。これは当たり前でそんなことをするのは、無党派で当選している自治体首長の選挙まで影響して何らメリットはないのだ。

 そうすると、橋下知事は、独裁者として決めるわけにはいかないと、そう言ってるそばから、個人として一人で政党支持を決めると言い始めた。これでは実質橋下知事の政治思惑で引きずり回されることになりかねない。このまま行けば、新政治勢力そのものが空中分解する。橋下知事の政治センスそのものが突然おかしくなったのだ。

 しかし、私としてはこのまま雲散霧消することを願う。

FC2blog テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/30 18:05】 | 政治・経済
トラックバック(4) |  ]
 幸福の科学のことは、1991年の講談社のフライデーの教祖大川隆法と教団の記事でもめたことで知った。
 このとき講談社へはFAXがまず次々と送られてくる抗議文で紙が無くなってしまう。そして「講談社フライデー全国被害者の会」(会長・景山民夫、副会長・小川知子)を結成して景山が広告塔として活動し、そして女優小川知子を先頭にヒステリックな社屋前での抗議運動、そしてシュプレヒコール。これで小川知子は女優としてほとんど終わってしまった。
 その後は名誉毀損で裁判に持ち込んだが2002年1月18日最高裁で掲載に公益性があると敗訴している。それは当り前で記事の内容は、幸福の科学側が気に入らなくても公益性のある事実だったからだ。反社会的なカルトとしての性格をあらわにした事件だったと思う。

 「幸福の科学」が、政党を設立して300小選挙区での候補擁立で総選挙に臨む。241人当選を目指すとのことだ。

 これでまず思ったのは、森田健作氏のこと。週刊現代の記事では以前から幸福の科学の応援を受けて、入信していたようだ。そして5月27日の知事記者会見では、3月の知事選に際し宗教法人「幸福の科学」(東京、大川隆法総裁)から支援を受けていたことを明らかにした。

 幸福の科学出版『ザ・リバティ』2009年6月号には、「貧すれば鈍した?『森田知事』告発者たちの“正体”」と言う記事が掲載され、「森田健作氏を告発する会」を攻撃した。あからさまなねつ造記事だが、森田知事の「完全無所属」については徹底して「問題なし」と擁護する一方、当会世話人メンバー吉川県議、大野県議、井代表については、いかにも怪しげな「左翼活動家」と描きあげる。これで電車の中吊りにまで広告された。
 自民党どころか、幸福の科学にまで応援されている。こんな形はおかしいだろう。

 週刊現代が、5月8日号に幸福の科学と森田健作氏との関係について掲載したとき少し書くのをためらった。それは自民党の政治家が形だけのつきあいで票をもらっていることを知っていたからだ。

 しかし、「幸福の科学」は、危険なカルトで、それが政治に乗り出してくることですべての民主主義の基本を破壊してしまう。これはきわめて危険なことなのだ。
 だいたい、大川隆法はもともと、改憲・再軍備・周辺国侵略(大東亜共栄圏実現)を主張する、国粋的な民族主義・侵略主義の人間だ。そして新著『幸福実現党宣言』でも第9条(戦争放棄)、第20条(信教の自由)等、憲法のなかの「改正すべき数多くの矛盾点」を書いて改憲を主張している。
 それに支援された森田健作も本当におかしい。「幸福の科学」の政治戦略の一環として森田健作を支援し両者は癒着しているといってよい。

 Wikipediaから、

日本で一般に説明される「カルト」とは少数であっても熱烈な信者が存在するような宗教的団体を指す。カルト教団、カルト宗教ともいう。教祖が絶対的な権威を持つカリスマであり、その教義に排他的な所や反社会的な内容があることが多い。また、教え自体が、教祖の宗教的な信念に基づく思想ではなく、経済的搾取等の自己の欲望のために信者を利用するための表向きの看板に過ぎないことも多い。

日本の各教団のその誘訪方法はほぼ同じで、まず美辞麗句で誘い、詳細を知らせず入信させ、実践させていくことで精神を変えてしまう、というもの。そして「辞めたら不幸になる」と脅される。」



 改めて考えてほしいのは、このように宗教団体が政治に介入し乗り込んでくるのは、憲法政教分離の原則への違反で憲法への挑戦だということだ。その意味で公明党と創価学会もおかしい。彼らが見過ごされていることで、政教分離の原則がおかしくなるのだ。しかも大川隆法は先に紹介したように著書『幸福実現党宣言』まで出して教祖自らが政党を主導している。完全な憲法無視である。

 フランスの下院がカルトについてまとめた「報告書」の定義は通常の宗教か、セクト(カルト)か」を判定する国際的な指針の一つとされている。この報告書は、調査委員会の委員長の名前を取って『アラン・ジュスト報告書』ともよばれている。

セクトの本質を「新しい形の全体主義」と定義した上で、「セクト構成要件の10項目」を定義した。

●精神の不安定化
●法外な金銭的要求
●住み慣れた生活環境からの断絶
●肉体的保全の損傷
●子供の囲い込み
●反社会的な言説
●公秩序の攪乱
●裁判沙汰の多さ
●従来の経済回路からの逸脱
●公権力への浸透の試み


そして、国民に警戒を呼びかけている。
 カルトの危険性は、その豊富な資金力で権力に浸透し国家を乗っ取りかねないところにある。

 「幸福の科学」政界進出は、きわめて危険であり警戒すべきで軽く見てはならない。

 1議席も与えてはならない。1議席でも取れば、それを基盤にして全国的に活動を始める。

 創価学会・公明党も併せて、憲法違反として政治活動を規制すべきである。

 そのきっかけとなった森田健作はただちに反省して「幸福の科学」と絶縁すべきである。

 そしてなることなら森田健作氏も辞職していただきたい。

【2009/06/03 11:30】 | 政治・経済
トラックバック(6) |  ]
 政治家でなくただの著名人として福岡県公立古賀竟成高校が教育の一環として頼んだ講演料50万円を非課税の政治資金として政治団体に振り込ませていた。これは完全な脱税行為である。犯罪である。これで下記のほかに、あらたな脱税が加わった。明白な意識的な脱税で、森田健作氏は完全に税金を払う気がないのだ。
特に今回は教育目的の講演の料金であり、どういう気持なのだろう。恥や若者への見本という基本的な感覚すらなくなっているのではないか。

・「完全無所属」を名乗りながら「自民党支部長」であったこと。(公職選挙法違反)
・自民党支部を使った企業からの迂回献金疑惑。(政治資金規正法違犯)
・外資5割超の企業からの「違法献金」。(政治資金規正法違犯)
・自民党山崎派からの300万円のヤミ献金疑惑。(収支報告書未記載)
・同派甘利明大臣の団体から100万円のヤミ献金疑惑。(収支報告書未記載)
・前回知事選での剰余金3000万円余りを個人の所得とした疑惑。(所得税脱税
・CM出演マルチ企業のイベント出演を講演料として政治資金とした疑惑。(所得税脱税
・タレント活動や大学教授の肩書きで行った講演料を政治資金とした疑惑。(所得税脱税

東京地検はただちに逮捕して取り調べる必要がある。

森田健作氏に新たな疑惑」(世田谷通信)

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/

公職選挙法違反や違法献金問題、1億5000万円を超える巨額の迂回献金など数々の疑惑で刑事告発されている千葉県知事の森田健作氏(本名・鈴木栄治、59)だが、今度は、高校での講演会の出演料を政治資金と偽り、自らの資金管理団体「森田健作政経懇話会」へ入金させていた事実が発覚した。問題が発覚したのは、2007年4月に福岡県公立古賀竟成館高校(前・古賀高校)で行なわれた講演会で、高校側は当時政治家でなかった森田健作氏に対して一著名人として講演を依頼したという。森田氏は依頼を受け「努力は嘘をつかない」という題名で約1時間講演し、高校側は講演料として50万円を森田氏の指定する口座に振り込んだという。「森田健作政経懇話会」の2007年の政治資金収支報告書には「講演料50万円、福岡県公立古賀高等学校(4月24日)」と記載されているが、同校の原幸範校長は「当時、森田さんは政治家ではなかったので、純粋に森田さん個人に講演を頼んだつもりだった。こちらはお願いしている立場なので支払先についてどんな団体なのか調べることはしないし使い道まで詮索はしなかった。しかしこちらは通常の講演料として支払っただけで、まさかそれが政治献金として処理されているとは思わなかった。たいへん驚いている」と話している。この問題を聞いた千葉県千葉市の主婦(51才)は「森田健作はとんでもないペテン師だ。選挙中の『完全無所属』と言い、この講演の『努力は嘘をつかない』という題名と言い、厚顔無恥とはこのことだ」と激怒していた。一方、千葉地検特別刑事部では「同じ講演会の出演料でも、一著名人として受け取って正式に処理すれば課税の対象になるが、政治家に対しての政治献金として処理すれば非課税になるため、今回の問題は政治資金規正法に抵触するだけではなく脱税にも当たる可能性がある」として余罪も含めて徹底的に捜査する構えを見せている。(2009年5月9日)


FC2blog テーマ:森田健作 - ジャンル:政治・経済

【2009/05/09 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(2) |  ]
 政治について書かれた素晴らしい本を紹介する。著者は何と森田健作氏、1988年12月発売の
 この本で、まさに青春の巨匠にふさわしく熱く清潔で若者に訴える政治についてさわやかに語っておられる。

 この時は本当にこう考えておられたのか。このときの4年前のすばらしい思いはいったいどこへいったのか。

 多くの疑惑と違法行為に囲まれた森田氏はこの著書で打たれていた既存政治家そのものになってしまった。

 しかし、今読むと本当に当初はこんな風に思っていたのだろうか。今やだれが見ても失礼ながらそんなふうではない。そう自分で感じないのだろうか。

以下著作物からの引用(段落当ブログで変更)

森田健作
『青春20周年なのだ』より

P191から引用

■政治-金権よりも志

 僕は常々不思議に思っているもののひとつに、代議士の先生方の『後援会』がある。僕も芸能人のはしくれとして、ファンの方々で組織される後援会は持っているが、同じなのは名ばかりで、その実態たるや水と油ほどにもちがうようだ。

 なにがちがうか。僕らの後援会の場合、どんな集まりでも、参加してくれるファンの方たちは会費を払っていただくし、そのほかの実費についても各自の負担となる。
それに対して代議士の後援会の場合、集まった人たちの弁当代からなにからすべて事務所持ち、そのうえに「ひとつよろしく」とおみやげまで付くらしい。

 だいたい、その弁当の中身まで、どこそこの先生のところはもっとおかずがよかっただのなんだのと文句が付くというから、秘書の人は前身これ気配りのかたまりとなって、万が一にもそそうのないよう努めなければならない。それになんかあると地元の有志が「先生ご寄付を」と来るらしい。これじゃ、後援を金で買っているようなものだ。

 こりゃ、やっぱり金かかるよ。金を使えば誰だって元を取りたいよ。そこに政治倫理を離脱した汚職、金、不正がまかり通る。灰色政治家も上位当選で「それ見ろ」と胸を張る。ああ、政治家がいけないのか、それともオレたち有権者がいけないのか。

 国会議員と言えば、オレたちの、いや、国の代表なんだから、ましてや今の日本は昔みたいに極東のちっぽけな島ではすまなくなっている。日本は今、世界の日本になっているのだ。オレたちの一票がそれこそ世界を動かすと言っても過言ではない。

 だからこそ、あの先生は寄付をいっぱいくれたとか、ご馳走してもらったからとか、自分にさえプラスであればいいとか、それだけの感覚だけでいいのだろうか。「この人物なら我々の代表に、そして日本を任せるにふさわしい」と判断したからには、大いに応援しようじゃないか。選挙資金がなければ、例えば少額と言えども、それぞれが浄財を持ち寄って選挙資金にしてもらう。そして思い切りオレたちのために働いてもらう。それが本当のオレたちの代表でないだろうか。

 今の若者は、政治離れ、シラケている、と言われているが、僕に言わせれば、まともに取り組めば腹が立つだけだから、初めっからソッポを向いているというだけのことだ。かりに、社会をよくしたいという志を持った若者がいたところで、金も組織も持たない人間はなにもできない。それが現実である。

 これでいいのだろうか。今こそ、政界に正義に燃える若い血を入れなければいけない。
そして今、一番必要とされているのは、政治家改革、そしてオレたちの有権者の意識改革ではないだろうか。


FC2blog テーマ:森田健作 - ジャンル:政治・経済

【2009/05/04 01:30】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]

Re: 自分の文章に変更しました
奈良たかし
> これ私の投稿をいじった記事ですね。引用元はしっかり明記してください。
> 私自身は転載は認める方向でいますが、どこから引用したのか明記するのがルールです。

これは失礼しました。森田健作氏を追求する仲間だと思って軽く考えて転用しましたが、おっしゃる通りなので自分の文章に変更しました。なお、ブログは投稿先に存在を書かれてなかったのでこれまで知りません。また投稿先は広げるのが目的の所だと思いますし、そういうアピールもされています

ネタ元のぱせりさらだです
ぱせりさらだ
これ私の投稿をいじった記事ですね。引用元はしっかり明記してください。
私自身は転載は認める方向でいますが、どこから引用したのか明記するのがルールです。



いんこ
、麻生総理を攻撃したことで、筆者は某月刊誌で小泉氏の政治家になる前の
女性スキャンダル疑惑(参議院でも追及され議事録も残っている。また、この
事件は米英の諜報機関に掴まれている)、ロンドン大学留学は学
歴詐称で聴講生でもなかったこともバラし、数十人の議員と多くのメディアに
その記事コピーを送ったたことがショックだったようで、「政局に口は出さない」
と沈黙したのです。

詳細はアクセスジャーナルから

コメントを閉じる▲
 4月22日にあった千葉県臨時県議会のビデオができました。前にも書きましたが議会運営・議事は閉鎖的で分かりにくいので参考に再度議事日程付きで上げます。

http://www.chiba-pref.stream.jfit.co.jp/chukei/rokuga/index.html

 しかし、緊急質問や議事進行は大変に聞きにくいです。

 その理由は、あきれたことに、千葉県議会は議員席にマイクが用意されていないのです。
一般質問など、事前に通告している議員席だけにその都度マイクを設置している、という信じがたい状態です。

 しかし、議会はいつでも緊急質問や議事進行が発生するものですが、マイクが用意されていないために集音がうまくできないで、本会議場での緊急質問者等の声が聞き取りにくいのです。
 千葉県議会のHPのビデオ録画のところに、

「※音声の一部に聞きづらいところがありますが、ご了承ください。」
と表示が出ますが、これは悪いジョークとしか思えません。

 もちろん、「市民ネット・社民・無所属」では、各議員席にマイクを設置するように、以前から議長に要請していますが、いまだされていません。これは首都圏の原始的な議会と言えますね。

≪日程≫

1. 千葉県知事選挙に立候補した前・県議「西尾憲一氏」の議員辞職の報告

2. 知事選挙と同時に行われた県議補欠選挙で2人の当選者を紹介

3. 補欠選挙で当選した2人のうち、1人は自民党、1人は民主党の会派に所属すると報告

4. 千葉県の幹部職員の移動にともなう人事紹介

5. 県庁幹部職員の議会への出席要求について

6. 「森田健作知事」あいさつ⇒吉川ひろし「知事へ緊急質問」(予定)⇒暫時休憩

7. 緊急質問に関して「議運」が開催⇒大野県議が質問要旨を議運で説明

8. 本会議で「緊急質問」の必要性を採決

9. 議席の指定および変更

10.会期決定の件(臨時議会を1日とする)

11.議案5号(副知事)、議案6号(教育委員)、議案7号(公安委員)の総括質疑

   討論(10分):共産党が副知事人事について、  

   討論(10分):「市民ネット・社民・無所属」の川本県議が教育委員人事について

12.上記議案5号~7号の採決

13.議案1号~4号総括質疑(県立公園などの指定管理者の専決処分について)
    ⇒暫時休憩⇒常任委員会付託⇒常任委員会および議会運営委員会が開催

14.各常任委員長から報告⇒採決

15.発議案(緊急事件の認定採決)

   ①「百条委員会の設置」について・・・民主、共産、「市民ネット・社民・無所属」3会派の共同提出(予定)
     *議長が緊急性があるかどうか全議員に諮る⇒採決

   ②「八ッ場ダム等の公約違反に関する問責決議」・・「市民ネット・社民・無所属」が提出(大野県議予定)
     *議長が緊急性があるかどうか全議員に諮る⇒採決

   ③「完全無所属等の説明責任を求める決議」・・・「市民ネット・社民・無所属」が提出(小宮県議予定)
     *議長が緊急性があるかどうか全議員に諮る⇒採決

16.閉会

FC2blog テーマ:森田健作 - ジャンル:政治・経済

【2009/04/25 12:52】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]

コメントありがとうございます。
卵かけごはん
奈良たかし様

真摯なコメントありがとうございます。
「ネウヨ」と言われる連中が外国人参政権の問題で民主党叩きに躍起になっている反面、「自end」トラバではこの問題に関してほとんど反応が無いので、ちょっと煽る気持ちもあってエントリーをUPした次第です。

文中の友人の発言ですが、日本人との結婚を反対されて感情的になっていた時の彼の発言。あえてその時の発言を取り上げた自分に作為があるのであって、彼が在日と言うだけで受けてきた、日本人からの圧倒的差別や不条理を知らない訳ではありません。

在日のパチンコ経営者の方が言ってた話ですが
「まさかこんな産業になるとは夢にも思わなかった」との事。
結局利用して巨大産業にしたてあげたのは利権にからんだ官僚や政治家の面々、日本人の方ですから、ある意味とんだ言いがかりですね。

言葉不足で誤解を与えたかもしれませんが、失礼しました。これからも率直なご意見&ご批判、よろしくお願いします。m(__)m
リンクさせて頂きます。

T.K.G.

コメントを閉じる▲