上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 脱原発・社会運動担当)です。
[転送・転載歓迎]

核情報 http://kakujoho.net/ の田窪雅文さんからいただいた情報をまと
めてみました。毎日新聞の記事に「10月の完成を掲げている」とある六ヶ
所再処理工場は、遂に21回目の延期となる方向であることが報じられてい
ます。

六ケ所再処理工場、完工時期を21回目の延期/16年春ごろに
(9月18日、ウェブ東奥)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140918-18095318-webtoo-l02

こうした中で安倍政権は、とうに破綻している核燃料サイクルと再処理工
場の延命にやっきになっています。経産省は、電力自由化により苦境に立
たされる恐れの高い日本原燃を、倒産の心配がない「認可法人」にしよう
と画策を始めています。原発再稼働の動きともリンクしており、市民による
監視が必要です。

核燃サイクル「国関与を」 原子力小委、意見相次ぐ(9月17日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11353677.html

電力自由化で核燃事業苦境 競争、事業者に資金不安(9月13日、朝日)
http://www.asahi.com/articles/DA3S11348372.html

ぜひ毎日新聞の記事をご一読ください。そして、田窪さんたちが翻訳され
た書籍『徹底検証・使用済み核燃料 再処理か乾式貯蔵か』についても、
ぜひ参考にされてはいかがでしょうか。図書館へのリクエストもぜひ。

------------------------------------

<核情報 http://kakujoho.net/ の田窪雅文さんの情報から>

9月18日毎日新聞東京本社版夕刊2面に六ヶ所再処理工場と核拡散に関する
大きな記事が出ています。西部(福岡県と山口県)、中部(愛知、三重、
岐阜)も。大阪本社版では9月3日に同様の記事。

◆特集ワイド:早期完成目指す六ケ所再処理工場 「大義なき稼働」いいのか
~「全量再処理」に固執/プルトニウム核兵器5000発分備蓄
(9月18日、毎日夕刊・東京本社版)
http://mainichi.jp/shimen/news/20140918dde012040005000c.html
※無料登録すると全文が読めます。

 ◇「全量再処理」に固執/プルトニウム核兵器5000発分備蓄

 原子力規制委員会の判断を受けて、九州電力川内原発1、2号機が再稼働に向けて歩み出した。その陰で今、もう一つ、気になる安全審査が進められている。原発の使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す「六ケ所再処理工場」(青森県六ケ所村)の稼働計画だ。核兵器の材料にもなるプルトニウムを日本は既に大量に保有しており、六ケ所稼働には問題点がいっぱいだ。【大島秀利】

 広島市で8月5日、原水爆禁止日本国民会議(原水禁)が主催する国際会議が開かれた。「日本のプルトニウム政策と核拡散」をテーマにしたこの会議で、「六ケ所稼働による再処理の実施は、核廃絶や核不拡散の障害になる」との懸念が次々に表明された。なかでもやり玉に挙がったのは、日本政府が進めてきた「全量再処理」と呼ばれる枠組みだ。一体どういうことなのか。

 ちょっと長いが、順を追って説明しよう。

 原発の使用済み核燃料を化学処理し、再利用可能なプルトニウムなどを分離するのが再処理だ。再処理は長崎型原爆を作るために米国が始め、その後、平和利用としてドイツなど欧州の非核兵器保有国も試験的に実施した。だが、安全性やコストの問題などからいずれも撤退。「今や日本は再処理を続ける唯一の非核兵器保有国」(ウェブサイト・核情報の主宰者で、国際会議の企画に関わった田窪雅文さん)となっている。

 日本政府は、原発の使用済み核燃料について、すべてを再処理し、プルトニウムを分離することを義務づけてきた。これが「全量再処理」だ。もともと高速増殖炉でプルトニウムを燃やし、燃やした以上の燃料を得る「夢の核燃料サイクル」を目指していたためだ。ところがご存じの通り、高速増殖原型炉「もんじゅ」は事故続きで実現のめどはまるで立たない。通常の原発でプルトニウムを燃やす「プルサーマル」にかじを切り、2009年にようやく利用が始まったところで、福島第1原発事故が起きた。

 藤本泰成・原水禁事務局長は「既に日本のプルトニウムの備蓄量は、英仏での保管分を含め、核兵器5000発分以上に相当する約47トンにのぼる。今後の消費計画も実施が困難だ」と指摘する。

 六ケ所再処理工場は1997年の完成予定が、相次ぐトラブルで20回も延期されてきた。今年1月、日本原燃が原子力規制委員会に安全審査を申請し、10月の完成を掲げている。稼働すれば年間8トンものプルトニウムを分離でき、備蓄増大に直結する。

 これが、国際的な問題になりつつある。前述の国際会議で李栄熙(イヨンヒ)韓国カトリック大学教授は、韓国政府が「日本だけに再処理を認めるのは不平等だ」と主張していることを紹介した。

 主張の場は、今年3月が期限だった韓米原子力協定の更新交渉だったという。日米原子力協定は日本の再処理を認めているのに対し、韓米協定では米国が核技術や核物質を提供するものの、韓国の再処理は認めていない。韓国は再処理を認めるよう要求していたが、結局折り合いがつかず、棚上げして2年間延長で合意した。

 再処理の推進を支持する韓国国民も多く、中には“核主権”があるとして「再処理して核兵器開発を」と主張する人々もいるという。李教授は「もし六ケ所村の再処理工場が稼働すれば、韓国社会に影響を与えるのは明らかだ」と心配した。

 韓国以外の国も、同様の主張を展開しかねない。米カーネギー国際平和財団のアクトン博士は「日本がプルトニウムをこれ以上蓄積し続けることを米国政府は懸念している。韓国の要求への政治的立場も難しくなる」と説明した。カントリーマン米国務次官補が「日本が、経済面・環境面での理由がないままに再処理を行うとすれば、これまで日本が核不拡散分野で果たしてきた役割、国際社会の評価に大きな傷が付く可能性もあり、状況を注視している」と発言したという日本の原子力委員会の資料もある。

 前原子力委員長代理の鈴木達治郎・長崎大学核兵器廃絶研究センター教授は、「全量再処理」について「国として選択肢を作り、強制しないよう仕組みを変えることが大切だ」と提言した。

 原子力委の分析では、使用済み核燃料の再処理は、再処理せずに核廃棄物として直接処分するのと比べて2倍のコストがかかると試算された。ところが、現行法は、使用済み核燃料の再処理を実質的に義務づけている。このため、使用済み核燃料が送られる先は、基本的に再処理工場内の貯蔵プールしかない。そのプールも既に満杯だ。スペースの確保のため、プルトニウムの必要性に関係なく、再処理工場の稼働が迫られる構図になっている。

 この硬直した枠組みに対し、鈴木教授は「乾式貯蔵」と呼ばれる空冷式で安全性の高い方式で使用済み燃料を中間貯蔵し、その後に廃棄物として直接処分する方法を提案した。現在、乾式貯蔵はごく一部でしか採用されていないという。

 藤本事務局長は、核テロ防止など核物質管理を議題にオランダ・ハーグで今年3月に開かれた「核安全保障(セキュリティー)サミット」で、安倍晋三首相がプルトニウムの「最小化に取り組む」とし、「回収と利用のバランスを十分考慮する」と約束したことに注目している。だが、政府の具体策は見えてこず、このままでは「空手形」と批判されかねない。ちなみに12年に韓国で同サミットが開催された折、オバマ米大統領は「分離済みのプルトニウムのような、我々がテロリストの手に渡らぬようにしようと試みているまさにその物質を、大量に増やし続けることは絶対にしてはならない」とソウル市内の大学で演説している。

 田窪さんは「再処理工場稼働はプルトニウムの最小化という国際公約に逆行するし、核廃絶を阻害する」と中止を訴える。六ケ所再処理工場の安全審査は難航しており、先行きは不透明だ。だがもし稼働すれば、国際的に大きな波紋を巻き起こすだろう。


<あるいはこちらから(ほぼ同様の記事)>
◆特集ワイド:プルトニウム備蓄する、被爆国日本 
六ケ所再処理工場、稼働で年8トン増産 既に核兵器5000発分
(9月3日、毎日新聞大阪本社版)
http://fpmario.blog.jp/archives/cat_573919.html

◆紹介されている原水禁国際会議についてはこちらをご覧下さい。
http://kakujoho.net/npt/pu2014jpn.html

◆背景を理解するための文献としてこちらをご活用・紹介頂きますよう
お願いします。
<新刊>
『徹底検証・使用済み核燃料 再処理か乾式貯蔵か~最終処分への道を
世界の経験から探る』
フランク・フォンヒッペル + 国際核分裂性物質パネル(編集)、
田窪雅文(翻訳) 合同出版
http://kakujoho.net/ndata/snf_repro.html

 日本は、2014年3月の核セキュリティー・サミットで出した日米共同声
明で「プルトニウムの最小化」を世界に呼びかけながら、六ヶ所再処理工
場を動かして消費の目処も立たないプルトニウムの更なる分離を始めよう
としている。核兵器5000発分以上に当たる45トンをも溜め込みながら、年
間1000発分(8トン)もの割合でプルトニウムを分離する計画だ。もとも
と、再処理で取り出したプルトニウムは、高速増殖炉で使うはずだった。
発電しつつ、使用した以上のプルトニウムを作り、無尽蔵のエネルギー源
となるというこの「夢の原子炉」は、もんじゅの状況を見れば分かる通り、
夢に終わっている。溜まってしまったプルトニウムを普通の原子炉で無理
矢理燃やすプルサーマルも上手く行っていない。しかも福島事故を受けて
全国の原子炉は動いていない。

 2012年3月のソウル核セキュリティー・サミットの直前に行なった韓国
外国語大学での講演でオバマ大統領は、「分離済みプルトニウムのような、
我々がテロリストの手に渡らぬようにしようと試みているまさにその物質
を大量に増やし続けることは絶対にしてはならない」と述べた。韓国は米
韓原子力協力協定の交渉で日本と同じ再処理の権利を認めるよう米国に迫
っている。核拡散を懸念してこれに抵抗する米国にとって、日本の再処理
続行計画は米韓交渉の障害になっている。つまり、六ヶ所再処理工場は、
核兵器問題なのだ。

 再処理問題はなんとなく単なる原発問題だと思っている人々に読んで欲
しいのが本書だ。原発の使用済み燃料プールが満杯となっており、燃料を
再処理工場に送り出さなければ原発の運転ができなくなるというのが再処
理正当化の最大の論拠となっている。だが取り出しから5年程度以上経っ
た燃料は金属容器に入れて空気で冷やす「乾式貯蔵」にする方法をほとん
どの原発利用国がとっている。乾式貯蔵の方がプール貯蔵より安全だと原
子力規制委員会の田中俊一委員長が指摘している。多忙な方々は、ひとま
ず、訳者後書き、日本語版への序文、第1章「概観」、第3部「日本への提
言」だけでも読んで頂きたい。各国の状況や最終処分についても関心をも
たれた場合には、さらに、その後全体に目を通して頂ければありがたい。

(訳者・ウェブサイト核情報主宰 田窪雅文)
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2014/09/20 01:11】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
再処理工場からは原発の365倍もの放射性廃棄物が日常的に、海や空に捨てられる。基準内なんだ。従業員が被曝と言うのは放射能まみれの工場の一環に過ぎない。次は住民だしその次は私たち日本人全体に降りかかってくる。

「六ヶ所村の再処理工場で作業員が被ばく」(世田谷通信)
http://kikko.cocolog-nifty.com
/kikko/2010/08/post-6064.html

日本原燃は、2日、青森県の核燃料再処理工場(六ヶ所村)で、30代の男性作業員が漏れた高レベル放射性廃液によって被ばくしたと発表した。しかし、事故が起こったのは7月30日のことであり、日本原燃が経済産業省原子力安全・保安院へ通報したのは、事故から3日も経過した8月2日の午後だった。保安院では今回の通報の遅れを重視し、日本原燃の川井吉彦社長に厳重注意し、通報体制の見直しを求めた。また、日本原燃では今回の高レベル放射性廃液の漏洩と被ばくを「基準値以下で健康に影響はなく周辺にも放射能の影響はない」とお決まりのコメントを出しているが、この施設の隣接する井戸水からは全国平均の7倍を超える放射性物質のストロンチウム90が検出されたばかりであり、コメント通りに信用することは難しいだろう。毎月のように繰り返される核燃料再処理工場の事故に、周辺住民の不安は大きくなるばかりである。(2010年8月2日)


【2010/08/04 00:41】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。