上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 細野前幹事長代理が北京に菅直人総理の親書を携え今回の尖閣諸島漁船衝突問題打開へと訪問した、ところが菅総理は知らない、前原誠司外相は「(細野氏訪中は)政府とは全く関係ない」と言うなると、菅総理が言いにくいのは小沢一郎の提言と人脈を使ってのことだと言うこと。

 前原の強硬論と岡田の追随に乗ってえらい目にあったがどうにも自分では解決の道が探れ今度は小沢一郎の提言になりふり構わず乗る。

 なんて戦略性のない首相だ。

 一昨日28日(水)の朝日新聞に「前原氏は周辺に自信を見のぞかせた。「官邸がひよっていた。逮捕を決めたのは俺。対応は間違っていなかった」とある。
 これも本当に勢いだけで何もできない奴だと思う。日本テレビZEROに昨日出演したが責任回避ばかり。

 政治家は戦略性がないとだめだということ。今はトップクラスの政治家で戦略性を持つのは小沢一郎だけか。

 前原外相は、自らの見通しのない勢いだけの強硬論で日中関係を悪化させた責任を取り辞職すべきだ。

細野氏を中国に派遣 総理の「親書」携える(09/29 17:54) テレビ朝日news
 漁船衝突事件をきっかけに冷え切った日中関係の打開に向けて、民主党の細野前幹事長代理が菅総理大臣のメッセージを持って極秘に北京に入ったことが明らかになりました。

 細野氏は29日午後に北京空港に到着し、中国政府が用意したとみられる車に乗り込んで釣魚台迎賓館に入りました。関係者によると、菅総理の「親書」を携えているということで、漁船衝突事件から始まった日中間の緊張緩和に向けて、首脳クラスの会談の開催などを呼びかけたものとみられます。会談相手は明らかになっていませんが、中国共産党の幹部らにメッセージを伝えたものとみられます。また、関係者によると、今回の会談の段取りは総理官邸が中心となって行っているということで、映像には民主党職員で現在は官邸の外交政策をアドバイスしている専門官も同行していました。
 菅総理大臣:「まったくこの件は承知しておりません」「(Q.何も知らなかったということか)まったく承知しておりません」
 菅総理はこのように述べ、今回の細野氏の極秘訪中については聞いていないという姿勢を見せました。
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/200929036.html

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:尖閣諸島問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/09/30 02:16】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]


mars
外された状態の前原を責めるのは酷だ。
これは責任逃れしながら人気取りをしようとした管と仙谷の責任だ。あと自民党のはねっかえりに突っ込まれた「友愛の海」というのが上手い事言い過ぎてて参った。
尖閣諸島が日本領だと最終的に決めたのはアメリカで、曖昧な形ながらも中国の領海通過は日米中で合意していた事だけど「甘いものではない友愛」が全部ご破算にしたのは間違いない、言葉のイメージから想像付かないが鳩山一郎的に強い者が何しても良いというものらしい。
ただ自民党時代から「友愛」してたとは思うが。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。