上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午前10時より開催中の民主党両院議員総会で、鳩山首相が20分間発言し辞任を表明した。
「昨年の国民の選択と政権交代で日本の歴史が大きく変わった。普天間基地の問題、県外へと努力したが届かなかった。しかも社民党に政権離脱というつらい選択をさせた。お金の問題に巻き込まれクリーンな政権をけがした。この二つで辞職する。
 お金の問題で小沢幹事長にも辞職するよう伝えた。小林千代美議員も北海道教職員組合からの違法献金でやめてほしい」と、壇上から伝える。

そして両院議員総会から退出した。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/02 10:32】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 金曜日の日中、職場で暑すぎてちょっとノックダウン状態。軽い熱中症だったのでしょう。ところが夕方からどうしても映画上映会のスタッフで行かねばならず、行って若干やったが少しへたばってしまい横になっていました。それで上映が始まっても最初の20分間ほどは寝てはハッと起きるような夢うつつの状態。終わってホッとして帰りました。
 そうすると何と朝日新聞の夕刊に「小沢一郎、天の声の記事」。
「小沢秘書事情聴取で西松建設からの献金と認める調書」。
でももうしんどくて何もできず抵抗するという頭にならない。翌日の土曜日にも何もできないままでした。

 というわけでこれが西松建設前社長の国沢幹雄さんの裁判で直接関係がないので誰も反論せず、明らかな検察の反民主党のための宣伝の場として利用されたとわかるのですが、熱中症と同じように検察の言葉ということに抵抗できない人も多いので、かなり浸透したのでは。

 なんて汚いんだ、この自民党の番犬めと今日19日、日曜日になって腹をたてています。ただし民主党は、政権一歩手前で第三者委員会に検察介入だという形の国策捜査など厳しい批判をしないように言われたので、あまり激しい批判の声を出さない。それをいいことに何ということでしょう。
 私はこの批判をしないということには異論があります。やはり国策捜査で政権党の番犬と化していることはきちんと批判すべきでしょう。そうでないと逆に政権を取ったらそのように使うと見られてしまいます。批判してこそ、そんな私党のために使わないと国民にわかってもらえるのでは。

FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/21 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
 小沢全体表の大久保秘書は西松事件で政治資金規正法のとおり献金先を記載したのに東京地検特捜部に逮捕され、この三ヶ月間の間拘留されていました。しかし東京地裁は今日25日に保釈金1,500万円で保釈の決定をいったん下しました。大久保秘書側は即日納付しましたが、検察は同地裁に準抗告と保釈の執行停止を申し立てました。東京地裁はこれに対し改めて判断することになりました。

 西松建設の献金問題では西松の前社長の國澤幹雄氏(70)の初公判が来月19日に東京地方裁判所で開かれることになっていますが、大久保秘書については、裁判の日程がまだ決まっていません。

 さいたま市長選で民主党埼玉県連が支持した前県議の清水勇人候補が、現職の相川宗一氏(66)や前自民衆院議員、中森福代氏(59)を押しのけて圧勝したように首都圏大都市部でも地方でも自公政権側はすでに見放されています。

 それを麻生政権は何とか謀略政治と検察弾圧で乗り切ろうとしています。その悪あがきが出ました。
 大久保秘書が釈放されて西松事件について語るとき検察の問題点が大きくクローズアップされるだろう。それが検察は怖くて仕方ないのです。でも権力による弾圧だけで保持できる政権などないのです。特に先進国では。それをよく考えることです。お前たちに明日はない。

FC2blog テーマ:小沢一郎 - ジャンル:政治・経済

【2009/05/25 19:17】 | 政治・経済
トラックバック(2) |  ]


かえる
時効制度の撤廃により、被疑者に長期間に渡り精神的に圧迫感を与えることも、
確かですが、同時に国際指名手配をしなければ、もしかしたら被疑者は、
国外で悠々自適な生活を送るかも知れませんね。そして、警察官の職務
怠慢に繋がることも必至なのである。

 民間人は、大旨、とても厳しいノルマを課せられ、責任感をもち仕事を
遣り遂げて給料を受け取ります。一方、警察は公的な機関ですから税金を
俸給としています。その税金を無駄にしてほしくないと一般国民は思っ
ています。
 徒でさえ、警察に対しての悪評が流布している日本国内です。現、情況に
於ける警察組織は、一般国民にとって不安と不審、そして憎悪の念までも
抱かせ止まない存在であり、また、清く・正しく・美しくを標語として
前面に掲げている国家機関だけに非常に嘆かわしいです。
 全可視化と検察の全情報開示は、当たり前。
裁判員制度が開始したのに、全可視化と取調べで弁護士を同席させないとは、
どこまで国民を虚仮にすれば気が済むのか腸が煮え返ります。
 (詳しく具体的に警察の悪評の要因を列次挙げれば切がないので各自で
調べて下さい。)
 それにしても、次々と捏造が発覚しいる今日ですが、これから、本当に
捏造が立証されれば、晴れて冤罪が成立し、殺されずに済みますが、その
反面、明確な証拠も無く警察や検察の根拠の無い面子やプライドにより、死刑に
される可能性も多分に残っています。
 とにかく、冤罪の一言で片付けられる問題ではないのです。警察や検察、そして
裁判官にも同じ処遇を与えなければ気がすまないです。
なぜなら、金で解決すれば、必ず冤罪詐欺が横行します。

 時効制度が撤廃されたら、皆さんは、不安になりませんか?
例えば、ゴミは、どの家庭からも捨てられます。そのゴミが焼却されるまでの
過程を監視している人は、いないでしょう。また、車を廃車にする場合、
廃車業者に車を渡した後、その車の消息は分かりませんよね。
 つまり、捏ち上げの材料は幾らでもあります。ですから、こんな情況で時効
制度を撤廃したら毎日が不安になりませんか?

 現在の警察や検察は、牽強付会な説や詭弁論理、恣意的な解釈を恥もプライドも
かなぐりすて理路整然と語ることがあります。私は、こんな歪な警察や検察組織に
戦慄を感じてなりません。 そこで、闇雲に時効制度を撤廃するのではなく、例えば、
廃業になった英会話学校、ノバのイギリス人女性殺害事件では犯人が明白ですから、
この様なケースに於いては、時効期間を定めない方が好ましい事は、誰もが
異論なく賛成するでしょう。(まあ、警察がこれを出しに弄んでも、それを追求する
術が無く遺憾ではあるが、その分は警察の良心の裁量に委ねるしかない。ですが、
もし、この当て推量が、本当なら遺族感情を逆撫することは否めない。こんな懐疑を
国民に安に感じさせるのは、時代錯誤して世の中と没交渉な姿勢や態度を執る警察の
職務怠慢さに他ならない。)

 何度も言うけれど味噌も糞も一緒にすると警察や検察の思う壺です。
ディー・エヌ・エー鑑定ばかりに頼るのでは無く、技術の進歩と現況を精査・分析して
一般国民の感情と警察や検察の立場を折衷すれば、警察や検察には、今よりも、
厳しいノルマを課せなけらば、ならない様な気がしてきます。そして、それは、確実に
日本国民の安心・安全に結びつきます。

以上

コメントを閉じる▲
 政治家でなくただの著名人として福岡県公立古賀竟成高校が教育の一環として頼んだ講演料50万円を非課税の政治資金として政治団体に振り込ませていた。これは完全な脱税行為である。犯罪である。これで下記のほかに、あらたな脱税が加わった。明白な意識的な脱税で、森田健作氏は完全に税金を払う気がないのだ。
特に今回は教育目的の講演の料金であり、どういう気持なのだろう。恥や若者への見本という基本的な感覚すらなくなっているのではないか。

・「完全無所属」を名乗りながら「自民党支部長」であったこと。(公職選挙法違反)
・自民党支部を使った企業からの迂回献金疑惑。(政治資金規正法違犯)
・外資5割超の企業からの「違法献金」。(政治資金規正法違犯)
・自民党山崎派からの300万円のヤミ献金疑惑。(収支報告書未記載)
・同派甘利明大臣の団体から100万円のヤミ献金疑惑。(収支報告書未記載)
・前回知事選での剰余金3000万円余りを個人の所得とした疑惑。(所得税脱税
・CM出演マルチ企業のイベント出演を講演料として政治資金とした疑惑。(所得税脱税
・タレント活動や大学教授の肩書きで行った講演料を政治資金とした疑惑。(所得税脱税

東京地検はただちに逮捕して取り調べる必要がある。

森田健作氏に新たな疑惑」(世田谷通信)

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/

公職選挙法違反や違法献金問題、1億5000万円を超える巨額の迂回献金など数々の疑惑で刑事告発されている千葉県知事の森田健作氏(本名・鈴木栄治、59)だが、今度は、高校での講演会の出演料を政治資金と偽り、自らの資金管理団体「森田健作政経懇話会」へ入金させていた事実が発覚した。問題が発覚したのは、2007年4月に福岡県公立古賀竟成館高校(前・古賀高校)で行なわれた講演会で、高校側は当時政治家でなかった森田健作氏に対して一著名人として講演を依頼したという。森田氏は依頼を受け「努力は嘘をつかない」という題名で約1時間講演し、高校側は講演料として50万円を森田氏の指定する口座に振り込んだという。「森田健作政経懇話会」の2007年の政治資金収支報告書には「講演料50万円、福岡県公立古賀高等学校(4月24日)」と記載されているが、同校の原幸範校長は「当時、森田さんは政治家ではなかったので、純粋に森田さん個人に講演を頼んだつもりだった。こちらはお願いしている立場なので支払先についてどんな団体なのか調べることはしないし使い道まで詮索はしなかった。しかしこちらは通常の講演料として支払っただけで、まさかそれが政治献金として処理されているとは思わなかった。たいへん驚いている」と話している。この問題を聞いた千葉県千葉市の主婦(51才)は「森田健作はとんでもないペテン師だ。選挙中の『完全無所属』と言い、この講演の『努力は嘘をつかない』という題名と言い、厚顔無恥とはこのことだ」と激怒していた。一方、千葉地検特別刑事部では「同じ講演会の出演料でも、一著名人として受け取って正式に処理すれば課税の対象になるが、政治家に対しての政治献金として処理すれば非課税になるため、今回の問題は政治資金規正法に抵触するだけではなく脱税にも当たる可能性がある」として余罪も含めて徹底的に捜査する構えを見せている。(2009年5月9日)


FC2blog テーマ:森田健作 - ジャンル:政治・経済

【2009/05/09 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(2) |  ]
 政治について書かれた素晴らしい本を紹介する。著者は何と森田健作氏、1988年12月発売の
 この本で、まさに青春の巨匠にふさわしく熱く清潔で若者に訴える政治についてさわやかに語っておられる。

 この時は本当にこう考えておられたのか。このときの4年前のすばらしい思いはいったいどこへいったのか。

 多くの疑惑と違法行為に囲まれた森田氏はこの著書で打たれていた既存政治家そのものになってしまった。

 しかし、今読むと本当に当初はこんな風に思っていたのだろうか。今やだれが見ても失礼ながらそんなふうではない。そう自分で感じないのだろうか。

以下著作物からの引用(段落当ブログで変更)

森田健作
『青春20周年なのだ』より

P191から引用

■政治-金権よりも志

 僕は常々不思議に思っているもののひとつに、代議士の先生方の『後援会』がある。僕も芸能人のはしくれとして、ファンの方々で組織される後援会は持っているが、同じなのは名ばかりで、その実態たるや水と油ほどにもちがうようだ。

 なにがちがうか。僕らの後援会の場合、どんな集まりでも、参加してくれるファンの方たちは会費を払っていただくし、そのほかの実費についても各自の負担となる。
それに対して代議士の後援会の場合、集まった人たちの弁当代からなにからすべて事務所持ち、そのうえに「ひとつよろしく」とおみやげまで付くらしい。

 だいたい、その弁当の中身まで、どこそこの先生のところはもっとおかずがよかっただのなんだのと文句が付くというから、秘書の人は前身これ気配りのかたまりとなって、万が一にもそそうのないよう努めなければならない。それになんかあると地元の有志が「先生ご寄付を」と来るらしい。これじゃ、後援を金で買っているようなものだ。

 こりゃ、やっぱり金かかるよ。金を使えば誰だって元を取りたいよ。そこに政治倫理を離脱した汚職、金、不正がまかり通る。灰色政治家も上位当選で「それ見ろ」と胸を張る。ああ、政治家がいけないのか、それともオレたち有権者がいけないのか。

 国会議員と言えば、オレたちの、いや、国の代表なんだから、ましてや今の日本は昔みたいに極東のちっぽけな島ではすまなくなっている。日本は今、世界の日本になっているのだ。オレたちの一票がそれこそ世界を動かすと言っても過言ではない。

 だからこそ、あの先生は寄付をいっぱいくれたとか、ご馳走してもらったからとか、自分にさえプラスであればいいとか、それだけの感覚だけでいいのだろうか。「この人物なら我々の代表に、そして日本を任せるにふさわしい」と判断したからには、大いに応援しようじゃないか。選挙資金がなければ、例えば少額と言えども、それぞれが浄財を持ち寄って選挙資金にしてもらう。そして思い切りオレたちのために働いてもらう。それが本当のオレたちの代表でないだろうか。

 今の若者は、政治離れ、シラケている、と言われているが、僕に言わせれば、まともに取り組めば腹が立つだけだから、初めっからソッポを向いているというだけのことだ。かりに、社会をよくしたいという志を持った若者がいたところで、金も組織も持たない人間はなにもできない。それが現実である。

 これでいいのだろうか。今こそ、政界に正義に燃える若い血を入れなければいけない。
そして今、一番必要とされているのは、政治家改革、そしてオレたちの有権者の意識改革ではないだろうか。


FC2blog テーマ:森田健作 - ジャンル:政治・経済

【2009/05/04 01:30】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]

Re: 自分の文章に変更しました
奈良たかし
> これ私の投稿をいじった記事ですね。引用元はしっかり明記してください。
> 私自身は転載は認める方向でいますが、どこから引用したのか明記するのがルールです。

これは失礼しました。森田健作氏を追求する仲間だと思って軽く考えて転用しましたが、おっしゃる通りなので自分の文章に変更しました。なお、ブログは投稿先に存在を書かれてなかったのでこれまで知りません。また投稿先は広げるのが目的の所だと思いますし、そういうアピールもされています

ネタ元のぱせりさらだです
ぱせりさらだ
これ私の投稿をいじった記事ですね。引用元はしっかり明記してください。
私自身は転載は認める方向でいますが、どこから引用したのか明記するのがルールです。



いんこ
、麻生総理を攻撃したことで、筆者は某月刊誌で小泉氏の政治家になる前の
女性スキャンダル疑惑(参議院でも追及され議事録も残っている。また、この
事件は米英の諜報機関に掴まれている)、ロンドン大学留学は学
歴詐称で聴講生でもなかったこともバラし、数十人の議員と多くのメディアに
その記事コピーを送ったたことがショックだったようで、「政局に口は出さない」
と沈黙したのです。

詳細はアクセスジャーナルから

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。