驚いたことに漆間元官房副長官が大和ハウス工業株式会社の顧問に天下りしていた。私たちは忘れはしない。「自民党の議員には捜査は及ばない」言葉どおり二階議員は放置され、対してほとんど何もない当時の小沢一郎民主党代表側にだけあれほど捜査が続いた。
 政治をもてあそんだ警察官僚出身者の人物が住宅販売に貢献するか。

 この人は安倍晋三政務官房副長官(当時)に、拉致問題への強引で政治的な捜査が気に入られ、その後押しで警察庁長官についた。そして安部政権がもう少し続いたら、創設されていた日本CIAの長官となるはずだった。小人物でも危険な人間なのだ。

 奈良県警察本部長官時代に大和ハウスのトップと顔つなぎができたということだが、これが天下りでなくてなんだというのだろう。さっさと首にしていただきたい。

「麻生内閣の戦犯の1人」漆間ちゃっかり“天下り”
配信元:2009/11/02 18:53更新

 麻生太郎内閣で事務の官房副長官を務めた元警察庁長官、漆間巌氏(64)が先月月初め、大手住宅総合メーカー「大和ハウス工業」(本社・大阪市)の顧問に就任した。官僚の天下り規制に反対するなど、「麻生内閣の寿命を縮めた戦犯の1人」といわれた御仁だが、自分はさっさと“天下り”を決めていたようだ。

 俳優、役所広司が「大和ハウチュ」と言ってしまう、なんともおかしなCMで知られる同社。漆間氏は10月1日付で顧問に就任。リスク管理などのアドバイスをしているという。

 漆間氏は昨年9月、麻生内閣発足時に官房副長官に抜擢された。同職に警察OBが就くのは32年ぶり。小泉、安倍内閣時代、北朝鮮による日本人拉致問題に取り組んだ姿勢が評価されただけでなく、「民主党関連のスキャンダル調査が目的だった」(永田町関係者)という見方もある。

 ただ、副長官として本来果たすべき各省庁間の連絡・調整機能はほぼ停止状態に。一方で、天下り規制を含む公務員制度改革に介入したり、西松事件では「自民党議員には波及しない」とオフレコで発言して、政府・検察不信を招いた。

 総選挙での自民党惨敗を受け、鳩山内閣が発足した9月16日付で官房副長官を辞任していた。


FC2blog テーマ:自民党 - ジャンル:政治・経済

【2009/11/06 01:10】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]