上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 社会的な危機だということは皆さんお思いでしょう。これまではいくらやっても悪くなるだけだった。かつての日本の平等さなどどこかに吹き飛んでしまった。

 自殺者の対策など「お涙ちょうだいの議論をやるゆとりはないのではないか」などと河村建夫内閣官房長官が発言するような国なのです。官房長官とは「内閣の諸案件について行政各部の調整役。」であり、このような人が「自殺」などどうでもいいということを言ったのです。まさに言葉通り血も涙もない政治です。
 自殺しなくても、生活保護を断られたり、不熱心で、何人も餓死者が出る。官房長官や麻生総理が対策を指示したなど聞いたことがありません。
 政治とは国民の命を守ることです。そうするとこの人たちがやっているのは政治ではない。ただの私党と経済界の利益を守るための談合なのです。

 母子家庭の生活保護の母子加算60億円を削って世界に多くの何兆円もの金をばらまく。
 世界銀行に10兆円をポンと出す。でも国民の苦しみなど知らぬふりです。

 でも、私たちは投票により世の中を変えることができると知っています。

 どうか、東京都議選、奈良市長選、奈良市議会選挙に投票に行ってください。団結力の強い組織選挙を打ち砕くのは投票率を高める以外ありません。なにとぞお願いします。

 そして知り合いにも投票に行くよう伝えてください。あきらめや無関心はあまりに危険です。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:政治・地方自治・選挙 - ジャンル:政治・経済

【2009/07/11 23:06】 | 政治・経済
トラックバック(3) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。