ビン・ラディンを、アメリカ側はとにかく殺したかったようだ。当初のブッシュ政権のアフガニスタン戦争の時の方針としては、ビン・ラディンを逮捕し裁判にかけると明記していた。

 これは当たり前だと思う。だが「アメリカの正義」は、それを覆し武装もしていないのに妻ごと殺した。

 ビン・ラディンは、もともと1979年のソビエトのアフガン侵攻を受けてCIAが計画したアラブ義勇軍を組織し軍事キャンプで訓練するため、アラブ人の運営者が必要となった。そのときサウジアラビアが推薦して派遣されたのがビン・ラディンだった。彼はサウジの最大の建設コンツェルンのオーナーの十数番目の息子で会社幹部として組織運営能力が高い人物だったのだ。

アラブとイスラム地帯各国に呼びかけるとともに、呼び集めて受け付けをしてリストを作り軍事キャンプをみごとにマネジメントした。

このとき、軍事キャンプをアラブ語で「基地」と言う意味の「アル・カイダ」と名付けた。そしてCIAは、奇襲作戦など様々のゲリラ戦法や武器の使い方を教えた。実はテロネットワークのアルカイダは、この時アメリカ側が訓練した人々がそれを再伝達してネットワークが広がるなかで生み出された。

 しかし、イラクのクェート侵攻に始まる湾岸戦争とその後の経済制裁でのイラク国民の困窮でアラブ反米意識が高まった。ピンラディンもサウジ国内のキング・ハリド軍事都市など三か所の米軍基地の巨大化とオーバープレデンスに対するサウジ国民の反発とともに、激しく反米意識を高めていった。

 そしてスーザン港湾のボートでの米軍艦自爆攻撃に始まりアメリカ大使館爆破事件に対し、クリントン政権の反撃しアフガンキャンプのミサイル攻撃で火ぶたが切られた。このグループはアルカイダと名乗り争いが9・11まで波及していく。

 スーザンテロ攻撃後も9・11直前7月に主治医と看護士、側近、4人の護衛付きでドバイのアメリカン病院に7月4日から14日まで入院した。そこへCIAのドバイ支局長が、二人で入院しているビン・ラディンを見舞いに行ったと、フランスの一流紙フィガロが報じている。

 もちろんこの時米軍特殊部隊で急襲すればひとたまりもなかっただろう。しかし、これがアメリカの9・11陰謀説の証拠とならない。こういう虚実の皮膜間で活動するのが情報機関だからだ。

 しかし、ビン・ラディンとアメリカ政府とは浅からぬ縁だとわかるだろう。実はアメリカ政府との接触と関係の深まりの中でモンスター化した人物なのだ。
 この、複雑な米国との関係を裁判で明らかにすべきだがそれがアメリカ政府は何としてもいやだったのだろう。

 アメリカの対外政策は軍事中心という以外はたえず揺れ動いている。イラクのフセイン政権も対イランという形で軍事的に強大化させたが、たちまち手のひらを返して敵扱いにした。それにまた軍産複合体が戦争を起こしたいと絡む。
 アメリカ政策ではイスラエル擁護が一貫しているようだが、これも政治ロビーとして強大化する1975年くらいから度を強め福音右派三千万人がイスラエル擁護するとほとんど国是となっていった。

 アメリカは金融危機後に国力は疲弊して、もはや軍事超大国として君臨する力を失っている。米国政府さえ一貫した政策をとれば、敵は少なくなり、中国相手に二大超大国として世界を分け合う形での世界派遣は続けられるだろう。

 テロとの戦いに勝利したとアメリカ世論は沸いている。そうなのだろうか。

 またもや軍国主義は対戦相手をテロに復讐劇という形で継続して高まり、アメリカの戦争中毒は新たな展開を起こすのではないか。しかし、それができるほどアメリカの力はもたない。20年くらいで急速にアメリカ覇権は衰えるという観測がある。アメリカは第二次大戦後は大変民主政治と文化の主導者として尊敬されていた。軍事主導でベトナム戦争で決定的に国策を誤ったと思う。

 ビン・ラディンを裁判にかけることは平和を基調にした新たなアメリカを作ることにつながったと思うのに残念だ。

 日本も対米従属で軍事ばかりに目が行くのはそろそろやめにしたほうがいい。アメリカは今回の大震災と原発事故で「トモダチ作戦」であまりにふがいない日本政府を叱咤激励して随分助けてくれた。こういうやり方は日本とだけでなく世界のためにとても役立つと思うのだ。

FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

【2011/05/06 19:17】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 8年目の9・11である。

 ビン・ラディンの行方は未だわからない。これはブッシュ政権が政権維持のためサボタージュしているせいだという意見があったが、オバマへと政権が変わっても同じである。ビン・ラディンは人工透析が必要な体でそのくらい自由に逃げ回れる状態ではない。どういうことだろう。

  オバマ政権になって公約のとおりにイラクから撤退計画を進めアフガニスタンで増派して「オバマの戦争」と言われているが、それ以来米軍の死者が急増している。しかもタリバンの力をくじくことは全くできずに、その勢いがますます強まった。米国内の世論はついに9・11の原因ともなったアフガニスタンでの戦争も「継続する価値のない戦争だ」と51%が答えるようになった。これはいかにアメリカ人が戦争疲れしてきたかという証拠だ。

 しかも先月には運輸の列を米軍戦闘機が攻撃して70人以上の民間人の死者を出した。なんとこれを攻撃要請したのは米軍との協力体制でアフガン派兵しているEUドイツ軍であった。ドイツ軍現地司令官は、ドイツ軍基地にタリバンの危険が迫っている明白な情勢があったから攻撃要請したと述べている。反発が反撃を呼びますます泥沼化している。

 オバマもアメリカ的戦争中毒の中で軍事制圧しか考えられない。そして、結局は軍事で何も解決できないという見本を見せている。

 そして今や戦域はパキスタンに広がり、アフガニスタン国境沿いのパシュトン人の自治地帯を連日無人機で攻撃して無関係の民衆に多大の被害を出している。確かにビン・ラディンをかくまう第一候補なのかもしれないがこれはあんまりではないか。それでパキスタンの国民が反発しイスラム原理勢力が大きく勢力を伸ばしザルダリ政権すら怪しくなってきた。ちなみにオバマは選挙の際、パキスタンへの米軍直接派兵に言及している。

 しかし、ベトナム戦争で隣国のカンボジアを物資輸送で協力していると爆撃してポルポト派の台頭を招いてその後のポルポト政権による虐殺を含めた大混乱をさせた歴史を思い起こすような状態だ。カンボジアにすら大規模派兵は計画もしていないのだからますます軍事優先政策は重傷である。このままオバマが軍事オンリイですすめばおしまいである。

 日本もアメリカに付いていくだけで海外派兵してインド洋で軍艦に給油してきた。それで武力で何もならないことがわかったではないか。
 これまで民政支援と平和的な経済進出で見せてきた日本の出番である。
  民主党政権が、16日に成立したら鳩山総理はただちに米国へ行き日米首脳会談で武力は警備だけに限定して、工作隊を派遣して民政支援を行う。地元企業や労働者を雇い、水路や農地整備に全力を挙げる。ペシャワール会のようなNGOの方が効率的なのだが、外国軍によりこれだけ荒らしてしまったら残念ながらそれは不可能なのでイラクで自衛隊がやっていたように軍隊による請負と建設をやるべきである。オバマ大統領にそれを提案すべきである。現在の軍事費の百分の一程度ですむはずである。

最初は、これまでの反発が大きく犠牲者が出るだろうが、年月をかけていけば理解される。
 ただし、日本はアメリカが荒らした後の戦闘地域なので安定しなくては入れない。それはまず軍事で国を潰し回っているアメリカからまず反省して行わなければならない。

 アメリカと真に同盟国なら従属しているだけではダメだ。
 米国国防総省ジェフ・モレル報道官が、記者会見で、経済大国としての責任から給油継続を望むと日本を属国扱いしたことに対し、藤崎一郎駐米大使が切り返したように。

「日本政府が判断すべき問題だ」「(報道官発言に)不快感を示した」
そして、藤崎大使は、現在行なっている給油活動が「日本が主体的に判断した国際貢献であり、(米政府に)要請されてやってきたものでは全くない」と強調。その上で、今後のアフガニスタンへの貢献のあり方に関しては「新政権が発足した時、日本政府として検討することだ」、「日米間のこれまでの信頼関係は、報道官を通じてやり取りするようなものではない」
 こういったようにきちんと言うべき事は言う必要がある。

FC2blog テーマ:オバマ大統領・政権 - ジャンル:政治・経済

【2009/09/11 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(2) |  ]
 映画「ターミネーター4」を見てきました。

 これは、初回の「ターミネーター」がタイムマシンで送られてきた近未来の機械との闘いが始まっている時代の物語で、完成以前から何で今更そんなものをやるんだと疑問の声が高かったのです。見た結果としては、もう病気の映画ですね。まずなぜ社会全体と地球の表面すべてを破壊してまで、機械生命体が人間との闘いをしようとするのかわからない。人間より高い存在だと人工生命体であるスカイネットは思ったわけで人を絶滅させようとしているのに、そんな馬鹿なことをしても仕方ないのです。説明が付きません。もうそればかりの映画で中身がほとんどありません。

 その意味では、同じく人工生命体機械に人が支配された映画「マトリックス」とはまるで違う。彼らは人を支配しますが人間を生かしたまま眠らせ熱源として利用します。そして人は意識の中のみの世界「マトリックス」を生きるのです。
 しかし目覚めマトリックスから外へ出た人間たちが闘いを始めます。
 争った末に機械生命体は、争いの無意味さを認め、人間を解き放ち共生することを約束します。そしてこういいます。「本来エネルギーの確保には別の方法があるのだが人を使うこのような形にした。」
 そして、人間の代表が、「信じていいんだな」と言うと、機械生命体は「私を人間と一緒にしないでくれ」と言い放ちます。

 「ターミネーター」のお馬鹿機械とは何段も違う。人工生命体は、人よりは高い知性と位置にいると信じています。

 今回はアメリカ人の戦争と闘いしか知らない愚かな部分を、凝縮させたのが「ターミネーター4」ではないのでしょうか。闘いしか知らないからこんな荒廃の中で目的もかまわず争う映画になってしまうのです。それをおかしいとも思わない。

 「ターミネーター」と「ターミネーター2」は、人間の誇りと知性を感じました。愚かな闘いと荒廃を無くすためすべてを犠牲にして機械の攻撃と支配をはねのけようとする。

 それに比べて「ターミネーター3」では、およそ「9.11」テロ事件での被害妄想としか思えない駄作でした。絶えず闘いの中でしか生きられずそれなのにまた理由もなく攻撃される。それが文化そのものがおかしいのだとはけっしてわからない。あげくは自警団と連絡してリーダーとなるのです。

 その果てに、今回のアメリカ戦争中毒の荒廃の全面化である、この作品が作られたのだと思います。何しろ新三部作であと2作つくられる予定です。やれやれと思います。

予告編

FC2blog テーマ:ターミネーター4 - ジャンル:映画

【2009/06/22 23:40】 | 映画
トラックバック(0) |  ]