【超緊急署名】川内原発再稼働:地元同意手続きを進めないでください

締切10月19日17時
杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 脱原発・社会運動担当)です。
[転送・転載歓迎]

川内原発再稼働をめぐる地元での攻防が一気に緊急事態を迎えています。
満田夏花さん(FoE Japan)の呼びかけを転送します。ぜひ緊急署名にご協力ください。締切は19日(日)17時です。一人でも多くの方に広めてください。

------------------------------------

みなさま(重複失礼・拡散歓迎)

FoE Japanの満田です。
川内原発再稼働が風雲急を告げています。

鹿児島県知事は、審査書の住民説明会について、圧倒的に反対意見が多かったのにもかかわらず、「理解が進んだ」と述べています。薩摩川内市議会は今月中にも再稼働について判断、県議会も来月には判断との動きとなっています。

急遽ですが、10月20日、鹿児島県議会議長および鹿児島県知事あてに、下記の要請書を提出します。(まだアポはとれていませんが、薩摩川内市議会議長にも提出を試みます)
個人署名および団体賛同を募っています。ぜひ、ご署名&拡散にご協力ください。

【超緊急署名】川内原発再稼働:地元同意手続きを進めないでください
http://311.blog.jp/archives/15051826.html
個人署名フォーム:https://pro.form-mailer.jp/fms/a15a45e766803
団体賛同フォーム:http://goo.gl/qHcPil
締め切り:10月19日(日)17時
------------------------------------
2014年10月20日
鹿児島県知事 伊藤祐一郎 様
鹿児島県議会議長 池畑憲一 様
鹿児島県議会議員各位

川内原発の安全は、審査書だけでは保障されていません
県民の反対の声を無視して、地元同意手続きを進めないでください
再稼働についての意見をきく公聴会を開催してください

10月9日から、鹿児島県5箇所で、川内原発の審査書に関する説明会が開催されました。発言した県民のほとんどが、審査書に対する疑問や、避難計画についての批判、再稼働への反対を訴えました(注)。

注)知事は、アンケートにより「県民の理解が進んだことを確認」と発言しましたが、アンケートは、理解できなかった項目について問う内容であり、再稼働の同意について判断を下すことはできません。

川内原発の審査書は、火山審査が専門家抜きに行われたこと、基準地震動に過小評価があること、重大事故時に汚染水による放射能拡散を防ぐ対策がないことなど、欠陥だらけであり、多くの専門家が疑義を唱えています。

また、工事計画や保安規定の審査はまだ終了していません。
耐震性の確認や、いざというときの原発の停止や核燃料の運びだしなどは、具体的な対策は、工事計画および保安規定で審査されることになります。

避難計画の実効性について、審査が行われていないことも問題です。

先日、経済産業省資源エネルギー庁は、国会議員との会合の中で、「県からの要請があれば、工事計画や保安規定についての説明など追加の説明会を開催することもできる」と発言しました。

全国の目がいま、鹿児島県に注がれています。県民がいかに反対しても、このまま強引に再稼働手続きが進められてしまうのではないかと、多くの人たちが心配しています。

以下、要請いたします。
地元同意手続きを進めないで下さい。
国に対して、保安規定や工事計画認可に関する説明会の開催を求めて下さい。
県民の声をきくための公聴会や、賛否を議論する公開討論会を開催してください。

呼びかけ:
原子力規制を監視する市民の会
反原発・かごしまネット
玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会
福島老朽原発を考える会
美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)
グリーン・アクション
FoE Japan

連絡先:原子力規制を監視する市民の会/FoE Japan 満田夏花
メールアドレス:XLA07655★nifty.com (★を@に変えて送信してください)

--
満田夏花 MITSUTA Kanna

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2014/10/21 16:08】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
9月27日(土)~28日(日) 鹿児島・川内抗議行動に参加しよう!
【ストップ川内原発再稼働!全国集会】
【川内原発ゲート前抗議行動】
─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─・─
━━━日 程━━━
◆9月27日(土)15時~20時
場所 川内文化ホール(薩摩川内市)
『全国相談会』 テーマ:再稼働を止めるために知恵を出し合おう
◆9月28日(日)
09時30分~10時50分 川内原発ゲート前 抗議行動、現地見学
13時~14時30分 『ストップ!川内原発再稼働9.28全国集会』
場所 天文館公園(鹿児島市)
14時30分から デモ(16時半ごろ終了予定)
━━━参加募集━━━
◆参加ご希望の方は「申込書」に必要事項を記載して、
「川内原発再稼働を許さない共同行動・事務局」宛に
FAXまたはメールでお送りください。
FAX 03-6206-1102 メール tentohiroba@gmail.com
※「申込書」の入手方法
・セブンイレブンの「ネットプリント」で印刷 文書予約番号[59867385]
・再稼働阻止ネットHPからPDFをダウンロード、コンビニで印刷
http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/archives/6641
★上記の方法で申込みをされた方には、参加費用の補助として、全国の皆さま
から頂いたカンパから1万円(1名)をお支払いします。(現地受渡し)
28日の天文館集会のみの参加者にも支援金をお支払いしますが、必ず
事前申込みをしてください。
**********
現地での各種移動について
●27日(土)鹿児島空港から薩摩川内市まで
チャーターバス(有料)、14時30分ごろ出発予定。
乗車したい方は、鹿児島空港に14時集合でお願いします。
●薩摩川内駅前のホテル宿泊(約5千~6千円)
川内ホテルとスーパーホテルの二箇所を確保しています。
(事前申込みで受付中)
●28日(日)の移動 チャーターバス(有料)
市内ホテル[8:30出発]~川内原発ゲート前~天文館公園
●航空券は各自手配をお願いします。
(格安航空券、シルバー割引などについてご心配の方は事務局まで
お問い合わせください。ただし手配の代行は致しません)
参考 http://saikadososhinet.sakura.ne.jp/ss/archives/6641
川内原発再稼働を許さない共同行動
連絡先:経産省前テントひろば
■■■鹿児島現地行動のためのカンパにご協力願います■■■
今回の行動は6月の県庁前集会に続く、重要な現地行動です。
現地での行動を成功させるため、皆さまのご支援をお願いします。

カンパ振込先
口座名 [川内原発再稼働を許さない共同
口座名 [川内原発再稼働を許さない共同行動]
 記号番号[00180-3-513501]

 銀行から振込む場合
 ゆうちょ銀行[〇一九店] [当座][0513501]

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2014/09/12 15:36】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
 原子力規制委員会は10日の定例会合で、九州電力の川内原発1、2号機の審査書を了承、新規制基準に「適合していると認められる」と許可を出しました。

 安倍政権になってから、完全に東電福島原発事故以前の原子力政策に戻っていく中で、唯一の歯止めの役目が規制委員会にありました。ところが、政府は規制委員会の審査を通れば再稼働を認めるとして、再稼働の是非の判断を自らはせずに規制委員会に無責任にも押し付けました。
 これに対して田中規制委員長は、「規制基準適合が安全を担保するものではない」、と何度も発言し、何らの責任を果たそうとしません。政府と規制委員会両方が無責任状態なのです。最大の焦点の原発の安全が、日本の中で全くの無責任状態のまま許可を下ろし再稼働しようとしています。

 30キロ圏内の避難計画も、避難場所すら決めておらず、再稼働には必要が無いと規制委すら言う状態です。周辺をカルデラ火山帯で囲まれる川内原発で、火山学者を本審査に入れず決定。後日の委員会で火山の専門家がカルデラ火山の危険性を指摘しても無視。もし噴火の危険性を察知しても、使用済み燃料を安全な場所に移すのに2年もかかり、新規制基準の適合だけでは到底、原発を動かす事の危険性は、専門家でなくとも誰でもわかるはずでしょう。

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2014/09/12 14:11】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
「福島原発事故緊急会議 情報共同デスク」から転載しました。

原子力規制委員会が、川内原発の審査書を9月10日にも承認することが一部で報じられています。
http://www.asahi.com/articles/DA3S11330359.html?ref=reca

多くの市民や専門家が、審査のプロセスや内容に疑問の声をあげているさなか、それらはすっかり無視されてしまっています。
http://toyokeizai.net/articles/-/47016

とりわけ、火山リスク評価に関しては、火山専門家により、審査の大前提が覆されているのに、です。
いくらなんでもひどすぎる! 私たちのパブコメはどこに行ったのでしょう? 

ということで、緊急署名が、開始されました!

-------------------------------------------------------------------------

【緊急署名】 川内原発の「形だけ審査書」に反対
http://goo.gl/jjc0fh  締切り 2014年9月9日(火)21時まで

フォームから https://pro.form-mailer.jp/fms/3427922964531
Change.orgから http://goo.gl/BMZ8Om
紙の署名用紙はこちら https://dl.dropboxusercontent.com/u/23151586/sendai.pdf


原子力規制委員会 委員長 田中俊一 様 原子力規制委員会 委員各位
内閣総理大臣 安倍晋三 様
鹿児島県知事 伊藤祐一郎 様 
鹿児島県議会議長 池畑憲一 様 鹿児島県議会議員各位
薩摩川内市長 岩切秀雄 様
薩摩川内市議会議長 瀬尾 和敬 様 市議会議員各位

【緊急署名】
 川内原発の「形だけ審査書」に反対します
 川内原発の安全は保障されていません
 再稼働に同意しないでください

再稼働準備が着々と進む九州電力川内原発(鹿児島県)について、原子力規制委員会が、川内原発の審査書を9月10日にも承認することが報じられています。

しかし、川内原発の審査書案は、基準地震動に過小評価がある、重大事故時に汚染水による放射能拡散を防ぐ対策がない、重大事故の解析についてクロスチェック解析が実施されておらず信頼性がないなど、欠陥だらけであり、多くの市民や専門家が疑義を唱えています。
工事認可書や保安規定の審査を後回しにしていることや、避難計画の実効性についての審査が行われていないことも問題です。

また、審査書案はパブリック・コメントに付され、8月15日の締め切りまでに約1万7千件の意見が集まりましたが、これについては公開の場できちんとした検討がされていません。

とりわけ問題なのは火山審査です。
川内原発の火山影響評価の際、「運用期間中にカルデラ噴火の生じる可能性が小さく、巨大噴火の前兆現象をとらえることができる」根拠としてほとんど唯一示されたのが、サントリーニ火山のミノア噴火に関する論文でした(注)。
しかし、8月25日に開催された専門家会合第一回において、「カルデラ一般について適用できるものではない」という重大な指摘がありました。火山ガイドが要求する前兆現象の判断基準も示されておらず、核燃料搬出の方策もありません。

注)Druitt,T.H. et al. (2012) Decadal to monthly timescales of magma transfer and reservoir growth at a caldera volcano. Nature, 482, 77-82.

審査の前提が崩れたのです。

原子力規制委員会はこのような状況で、多くの指摘を無視したまま、川内原発の審査書を承認するのでしょうか? そうだとすれば、「審査」は単なるアリバイ作りであり、原子力規制委員会が存在している意味は、まったくなくなるでしょう。

私たちは原子力規制委員会に対して、審査書の白紙撤回を求めます。

また、関係各位に対して、このように多くの疑義が呈されている中、川内原発の安全は保障されていないことを指摘するとともに、再稼働に同意しないこと、民意を反映するために、公聴会や住民投票、住民アンケートなどを実施することを要請します。



呼びかけ:原子力規制を監視する市民の会/反原発・かごしまネット/福島老朽原発を考える会/美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会)/玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会/グリーン・アクション/FoE Japan

問合先:満田(FoE Japan) 090-6142-1807

一次締め切り:2014年9月9日 21時
署名送付先:〒162-0822 東京都新宿区下宮比町3-12明成ビル302
FAX 03-5225-7214
原子力規制を監視する市民の会 TEL 03-5225-7213

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2014/09/05 00:03】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
川内原発再稼働川内原発再稼働の火山審査で、3500年前のサントリーニ火山のミノア噴火という特定の山の噴火現象の描写的な記述した海外の一論文を、無理にカルデラ噴火全体に一般化し適用するデタラメをしていた。川内原発再稼働して運転中は大噴火が無いとしていた。それを前提にしていることに火山学者から根本的な疑義が表明される。本審査に火山学者入れず合格させ、批判を受けて「モニタリング検討チーム」という形での事後検討で問題になる。認識の根本的な誤りを指摘されて、審査合格の前提が覆った。
---------------------------------------------------------------------------------------------------
川内原発再稼働審査で火山審査に専門家から疑義噴出 審査「合格」の根拠崩れる
http://toyokeizai.net/articles/-/47016

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2014/09/04 13:04】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]