上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

藤井裕久財務相は、この不況の中で緊縮財政論者で財務省官僚のいうとおり短期成果主義と効率で切ろうとする政治家で好ましい人物ではありません。しかし、PAC3追加配備に難色と、むやみな軍備拡大には財政的に反対のようです。岡田克也外相も反対です。
 以下は、「 核とミサイル防衛にNO!キャンペーン」からの呼びかけです。


【緊急要請!】           [転送・転載歓迎/重複失礼]

<「岡田外相がPAC3追加配備に難色」報道!>

◆岡田外相と藤井財務相に「発言支持」の声を大至急届けてください!

 ~PAC3追加配備経費944億円の予算案からの削除を!~

東京の杉原浩司(核とミサイル防衛にNO!キャンペーン)です。

11月24日午前に開かれた2010年度防衛予算に関する閣僚委員会の場で、岡田克也外相が「ミサイル防衛」(MD)用の迎撃ミサイルPAC3の追加配備経費(944億円/北海道、青森、沖縄へ)の来年度予算への計上に難色を示しました。岡田外相は「PAC3は防衛予算のかなりの部分を占める。有効性について国民に理解される説明が求められる。(「平成」)22年度中に十分に検討すればいいのではないか」と述べたと報じられています。この発言に藤井裕久財務相も「その通りだと思う」と賛同したとのことです。

<岡田外相がPAC3追加配備に慎重論 防衛予算の新指針づくりで>
(2009・11・24 産経ニュース)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
091124/plc0911242153023-n1.htm


<外相、PAC3追加配備に難色 12月中旬に防衛力指針>
(2009・11・24 共同通信)
http://www.kyodonews.jp/feature/
seikenkoutai/2009/11/post-1159.html


<PAC3の効果説明を=岡田外相>
(2009・11・24 時事通信)
http://www.jiji.com/jc/
c?g=pol_30&k=2009112400863


 *11月24日の朝日新聞夕刊でも報じられています。

PAC3追加配備経費の削除を求めてきた私たちは、この岡田発言を歓迎します。民主党自体が、政策集でMDについて「費用対効果、技術的可能性等の観点から総合的検討を加える」としていました。政権交代を機に、守屋武昌元事務次官ら防衛省官僚が主導してきたMDを抜本的に見直すべきです。MDは真っ先に事業仕分けの対象となるべき「無駄の本丸」です。

一年先送りされた「防衛計画の大綱」の空白を埋める防衛予算策定の基本指針は12月中旬までに決定されます。PAC3追加配備経費の削除を実現するために、あと二週間ほどが勝負です。

◆まずは大至急、岡田外相と藤井財務相に「発言支持」「PAC3追加配備経費の削除を」の声を届けてください。短いものでも構いません。一人でも多くの声が届くことに意味があります。予想されるMD推進派の反発に対抗することが必要です!

◇また、追加配備候補地の北海道、青森、沖縄在住の方は、地元の民主党議員にも「PAC3追加配備反対」「経費削除を」の声を届けて下さい。地元紙などへの投書も有効です。

【要請先】

岡田克也外相   (FAX)03-3502-5047
          (E-mail) webmaster (at) katsuya.net

藤井裕久財務相  (FAX)03-3508-342

          (E-mail) info (at) fujii-hirohisa.jp


【呼びかけ】 核とミサイル防衛にNO!キャンペーン

 (TEL・FAX)03-5711-6478 (E-mail) kojis (at) agate.plala.or.jp
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2009/11/27 23:30】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 半年がかりで準備してきた仕事が、完了するとなると、さすがになかなかブログに手が回らない。少し一息ついたのでなんとか書いていきたい。

 岡田克也外相がこれ以上ないくらい言動がおかしい。選挙中鳩山首相が沖縄で約束した普天間の国外か県外移設の約束を、マニフェストにないから公約ではないと言い放ったのだ。

 政治家のしかも選挙中の党代表の言葉は軽いものではない。そんなことを言うなら何一つ信じられないではないか。

 それは昨日報道ステーションでしていたアメリカ政府高官の嘉手納基地との統合が現実的な案だという高い評価とつながっているようだ。つまりは何かのアメリカ政府と岡田外相の間でこれまでの交渉と筋書きがあったのではないか。それが沖縄県民の嘉手納基地との統合否定と鳩山首相の選挙時の約束を守れという声で、だめになりそれで焦りのあまりあんな愚かなスピーチになったのではないか。
(外務省ホームページから引用、岡田外相とゲイツアメリカ国防長官)2009.10.21岡田外相とゲイツ米国国防長官

 しかし、最悪である。

 民主党は、2005年に沖縄に関する総合的な政策である「沖縄ビジョン」を発表し、これまで3回の改訂を重ねてきた。そして特に2008年には当時の鳩山党幹事長が「政権をとったらすぐに使えるように改定した」と表明している。

民主党・沖縄ビジョン(2008)
http://www.dpj.or.jp/news/files/okinawa(2).pdf

その中で、次のように県外移設による機能分散と、その後に国外移設を明確にうたっている。

民主党は、日米安保条約を日本の安全保障政策の基軸としつつ、
日米の役割分担の見地から米軍再編の中で在沖海兵隊基地の県外への機能分散をまず模索し、戦略環境の変化を踏まえて、国外への移転を目指す。
また、沖縄が平和教育の発信地となるよう、平和に関する研究を更に促進し、真にアジアの平和と安定に寄与する沖縄を目指す。
いわゆる「北部振興策」については基地移設問題とは切り離して取り扱われるものであり、引き続き実施する。



 私たちを裏切るな。これまでの公約を反故にするならきちんと説明して了解を取れ。こそこそするな。何のための政権交代なのだ。恥ずかしくないのか。

FC2blog テーマ:沖縄問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/11/06 01:56】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 少しブログを書けないでいる。それは、民主党政権が成立するのにあまりデータがない。雑誌も手が回らないのかこの変動を取材や分析したものがない。特に「アエラ」がひどい。何しろ8月31号は「母が作った鳩山由紀夫 半世紀ぶりに首相を出す一族」なのだ。
http://www.aera-net.jp/summary/090831_001098.html 
その後も9/7号 民主党政権 で選挙状況、9/142010参院選予測
 本当に取材し分析する気がない。

ところが、かといって、ほかのことを書くのにはこれだけ大きな政治的変動が起きたのに、と打つ手が止まってしまうのだ。

 ということで、とても気になる発言を。

 岡田民主党幹事長が、6日のNHKテレビで、福島みずほ社民党主、亀井静香国民新党代表代行の目の前で、民主党が衆院選マニフェストに掲げた衆院議員の比例代表定数80削減について、
「比例中心だと第3党が主導権を持ち、かえって民意がゆがめられる。若干の比例を残し、ダイナミックに政権が代わる小選挙区を中心にした制度がいい」と述べて、あくまで削減する考えをのべた。

 比例定数の削減には、同党と連立政権に向けた協議をしている社民党が反対しているが、岡田氏は続いて「(削減は)多くの国民の共感も得ており、簡単には変えられないと発言した。

 誰が多くの国民が共感している。いい加減なことを言うんじゃないよ。勝たせすぎたと不安を言っている国民も多い。
 この岡田幹事長の発言は巨大与党になったからと専制化を目指すという姿勢である。そんなことならあっという間に没落だろう。

 岡田幹事長は民主主義とは投票したときの議員数だけだと思っているのだろうか。最悪の発言である。
 だいたい誰がいま完全または比例代表中心制に移行しろと言ったのだろう。
それを比例代表制中心のことに突然すり替え、第3党が主導権を持ち民意がゆがめられると言いつのる。政治家としてあまりにも恥ずかしい態度である。

 小選挙区で政権交代というなら既に実現し、利権政党の自民党は党の基盤も含めて衰退した。これで役割は終えたのではないか。それに今回選挙でも300小選挙区合計で約3270万票、実に46.3%が死票と化した。これはまさに民意のゆがみではないか。
 中選挙区かドイツ型の比例区中心の比例代表併用制にすることを論議するべきだと思う。比例代表中心の場合は政権成立への議会が委任する形式での調停制度など第3党が過度に主導権を持たない工夫を検討すべきだと思う。比例中心の各国はそういう何らかの制度が現にある。

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2009/09/08 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(5) |  ]

Re: 第3党ができる、社民主義政策の自覚的追及を
奈良たかし
> 二大政党制のための比例区定数の削減は大反対です。

愛てんぐ様 いつも見に来ていただいてありがとうございます。
 それは私も反対です。

>小選挙区制でなくても、民主主義の先進国では、基本的に二大政党もしくは二大政党グループになります。

比例代表制の国では少数政党も生まれますが、第3党も大きくなりそうならないのでは。それに小選挙区のイギリスでも第3党の自由民主党が総選挙で95年に16.8%、2005年、得票率22.7%と大きいのです。議席は小選挙区のせいで低いですが。

> 庶民のための社民主義(中道左派)と金持ちのための自由主義(中道右派)です。
> 小選挙区で右から左に、左から右に大きく動くのは、国を不安定にし、民意でもありません。
> 人口構成からみて、中道左派が主流になるのが至極当然で、それに中道右派の意見を加味するというのが適当だと思います。
> 日本でも、ようやく全産業へのバラマキができなくなって、庶民代表と金持ち代表に別れつつあります。
> 社民主義の国民が育ってきたなら、小選挙区制の役目は終わり、民意を正確に映す完全比例代表制に移行すべきと思います。

 社民主義的な政策は、土建政治にバイアスしていましたが社会利益の再分配を自民党はやっていて世界でも特異な保守党でした。コイズミ構造改革で土建政治が終わったとき今度は極端な財界主導の政治が展開され、国民の多くが路頭に迷う恐ろしい格差社会となりました。

 でも国民はかつて社民主義的な政治がおこなわれていたという認識がありません。もっと国民が社会民主主義政策を自覚的に必要だと認識してもらわねばなりません。


愛てんぐ
奈良さん、皆さん、こんばんは
お久し振りです。
二大政党制のための比例区定数の削減は大反対です。
少数意見を無視するのは民主主義ではありません。
差が増幅する小選挙区制は、民意を勝ち組だけにする、民主主義を否定するものです。
少数選挙区制でなくても、民主主義の先進国では、基本的に二大政党もしくは二大政党グループになります。
庶民のための社民主義(中道左派)と金持ちのための自由主義(中道右派)です。
小選挙区で右から左に、左から右に大きく動くのは、国を不安定にし、民意でもありません。
人口構成からみて、中道左派が主流になるのが至極当然で、それに中道右派の意見を加味するというのが適当だと思います。
日本でも、ようやく全産業へのバラマキができなくなって、庶民代表と金持ち代表に別れつつあります。
社民主義の国民が育ってきたなら、小選挙区制の役目は終わり、民意を正確に映す完全比例代表制に移行すべきと思います。
小選挙区制で一院制は極めて危険です。
憲法改正も一気です。

コメントを閉じる▲
 麻生総理というのは度胸がない。おまけに派閥も小さいうえに人望がないから側近もほとんどいない。ただ鳩山邦夫が唯一の議員側近なのに首にした。漢字も知らないほどだからブレーンもできない。

 何もない麻生さんにも首相だから二つの武器がある。人事権と解散権だ。

 そのうちの一つ、人事権をいよいよ使ったと思ったら、なんと、党役員人事は派閥に聞いて回ったらみんなに怒られたとかでやめてしまった。

 では内閣人事をして東国原知事を総務相に据えようとしたらこれも党内で評判が悪くて、まあ東国原さんもただのクソッタレだが、やめて兼務解消の人事が二人のみ。林芳正氏の経済財政相、林幹雄氏の国家公安委員長だ。もうどうでもいいんじゃない。何もできずに政権交代なんだから。というわけで大切な人事権は不発に終わった。

 麻生首相の残る唯一のものが、解散権だ。未だ自民党には「早期解散反対」なんてやってる連中がいる。言っとくけどもう7月なんだよ。9月10日には任期切れなのだ。何が早期解散なのかわけがわからない。永久独裁にしようなどと、本音を語ったほうがいいみたい。さっさと日本のために解散してくれと思う。

 もっとも応援している人がいて何と岡田克也民主党幹事長。テレビで民主党方針と違うことばかり述べている。


①日本郵政西川社長解任

西川社長については、民主党の鳩山由紀夫代表が17日の党首討論で「政権を獲得したときはお辞めいただく」と明言している。しかも25日には民主、社民、国民新の3党が西川氏の辞任を求める決議をしている。それなのに岡田氏は6月28日のNHK日曜討論で「党として正式に決定したわけではない」と発言した。岡田氏の発言は党の決定を事実上修正するものだ。

②ガソリン暫定税率廃止

これも反対したが党内の大反発にあい6月30日にしぶしぶ了承した。

③消費税大増税問題
 党方針では5年は、論議しないと言ってるのに大賛成。

④新規施策と財源のバランス



 しかし、いずれも党方針に反して自民党寄りの岡田氏個人の意見をテレビで言っている。何という人間だ。民主党の幹事長がそれでは困るではないか。第1これは国民も賛成していることなのだ。それに真っ向から反対のことばかり言うとは何事。

 これでは岡田氏が幹事長になるのを自民党とマスゴミが望んだ理由がよくわかる。
 党役員なら党として発言するように。そうでないとただの自民党の応援団としか思えなくなる。

 もう麻生は死に体で解散権が行使できるのかも危ない。しかし、最後の力を振り絞って都議選後には解散してほしい。

FC2blog テーマ:衆議院選挙 - ジャンル:政治・経済

【2009/07/01 23:22】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
反戦な家づくり』 に教えてもらった岡田民主党代表候補の出馬記者会見での発言だ。

「私は、今回の事件もそうだが、政党が前面に出てて検察批判をするのは避けるべきだ。具体的当事者が批判をするのは当然だ。裁判の中でもそうですし、自ら降りかかった火の粉を払うというのは当然ですね。しかし、政党が国家権力の中核にある検察というものを、頭から否定するような言い方は絶対すべきではない。具体的な問題があれば指摘をすればいいんです。例えば今回、おかしなことはいろいろあった。事情聴取を受けた現職議員のことが事前に漏れているというのには憤りをおぼえるが、検察のやっていること全体がおかしいというかのごとく、そういう言い方を政党がするのは、国家権力の根幹を政党が否定することになりかねないので一定の自制があるべきだ」



 いくら考えても岡田候補は国家権力は民主的な統制を外れて何をやってもいいと言っている。小沢代表の冤罪を個人で対応すべきだと言っている。これは政権交代を目指す政党の代表としてはアウトだ。それに消費税増税に傾き、天下り規制に消極的だ。これも民意を離れている。何のための政権交代なのだ。

 鳩山由紀夫氏も欠点は多い。改憲に熱心だし。でも検察を折に触れて厳しく批判し、消費税も民意を汲みその苦しい生活の中で4年は論議もしないと言っている。どうみても苦労知らずの発言しかしない岡田克也氏よりいい。
とりあえず16日は運命の日だ。

【ネット中継】16日、両院議員総会 12:30メド~

-----------------------------------------------------
 16日12:30頃より行われる両院議員総会および終了後に予定されている新代表就任記者会見の模様を、以下のURLで中継・配信します。

 【概要】
 12:30メド~ 応援演説
 13:00メド~ 政見スピーチ及びディベート
 14:00メド~ 投票・開票・新代表決定
 16:00メド~ 新代表就任記者会見

<ライブ>12:30メド~
 300k
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009soukai300k.asx

 56k
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009soukai56k.asx

<ビデオ>21:30メド~
 1:開会~応援演説
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_01_v300.asx

 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_01_v56.asx

 2:候補者政見スピーチ1
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_02_v300.asx

 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_02_v56.asx

 3:候補者政見スピーチ2
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_03_v300.asx

 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_03_v56.asx

 4:ディベート
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_04_v300.asx

 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_04_v56.asx

 5:投開票風景、当選者発表~閉会
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_05_v300.asx

 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_05_v56.asx

 6:新代表記者会見
 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_06_v300.asx

 http://asx.pod.tv/dpj/free/2009/20090516soukai_06_v56.asx

FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/05/15 23:55】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。