イラク戦争とは何だったのか。日本にとってイラク戦争の関係は。
 およそ日本でこれほどあいまいにされているものはありません。

 何しろアメリカでさえ認めた戦争の根拠とされた大量破壊兵器がなかったことさえ、日本では放置されています。小泉首相(当時)が大量破壊兵器が存在して世界の脅威となっているからとこの戦争を認め自衛隊を派遣したにも関わらずです。

 今回、イラクにずっと真摯に向き合い関わってこられた高遠菜穂子さんからの「イラク戦争検証ネットワーク」への旗揚げと議員会館内集会の連絡がありました。以下紹介します。


イラク戦争何だったの!?ーイラク戦争の検証を求めるネットワークー
イラク戦争総括、今はじめないと!
10日は衆議院第2議員会館へ!
ちょっと気後れしそうな場所ですけど、議員会館見物のつもりでぜひ!
入口に案内係がいます。
-------------------------------------
皆さま

 このたび、イラク戦争の検証を求める市民グループが旗揚げしました(詳細は後記設立趣意書をご参照下さい)。イラク戦争・復興支援への姿勢が問い直されないまま、日本の今後の外交や国際貢献を語ることはできないのではないでしょうか。民主主義国家としてのアカウンタビリティーを示すためにも、政府が調査委員会を設立するよう求める、国民的な運動を広げていく。10日のキックオフ院内集会は、その第一歩となります。是非、多くの方々にご参加いただければ幸いです。

【日時】11月10日14~15時(13時半開場) 
【場所】衆議院第二議員会館第四会議室
【主な内容】
13:30 開場
14:00 挨拶・趣旨説明
14:05 呼びかけ人・賛同人から
     (池田香代子、高遠菜穂子、谷山博史、野中章弘)
14:25 国会議員から
14:45 今後の行動について
14:50 メディア質疑応答
15:00 閉会・撤収      
*部屋自体は15時半まで確保しています


            イラク戦争何だったの!?
     ーイラク戦争の検証を求めるネットワーク 設立趣意書

 この度、私たちイラク支援やイラク報道、反戦運動に関わった者たちは、旧政権によるイラク戦争支持・支援の検証を新政権に求め、広く呼びかけていくことにしました。

 2003年3月、世論調査で8割の人々がイラク戦争に反対していたにもかかわらず、小泉純一郎首相(当時)はこれを無視し、国連安保理決議を得ない米国の攻撃を支持しました。しかしその後、開戦の最大の根拠であった「イラクは大量破壊兵器を保有している」という情報が誤りであったことが判明し、ブッシュ元米大統領もそれを認めました。にもかかわらず戦争は拡大され、イラク市民・多国籍軍兵士の死者数はさらに増えていきました。日本は「人道支援」の名目で自衛隊を派遣しましたが、2009年10月、防衛省の情報公開により、イラクにおける航空
自衛隊の活動の大半が米軍などの多国籍軍の兵員・物資の輸送であったことが明らかとなりました。 

 イラク戦争は、最悪レベルの人道危機をもたらしました。WHO(世界保健機構)の推計は民間人15万人が殺されたとし、ジョンズ・ホプキンス大学の調査のように数十万人単位が殺されたとする推計もあります。そして現在もなお、使用された劣化ウラン弾やクラスター爆弾などによる被害は後を断ちません。治安も安定せず、毎日10人以上の市民が、攻撃や爆弾テロ等で命を失う中、イラク国民の約6人に1人が国内外で避難生活をおくり、その多くが極度の貧困にあえぐなど、状況はむしろ深刻化しています。  

 これを直視するか否かは、平和国家・民主主義国家としての日本のあり方が問われる問題でしょう。既に英国では、イラク戦争参戦の経緯や軍事攻撃の合法性について検証する独立調査委員会が設置されました。今後、私たち日本の市民の平和的生存権が尊重され、戦争への加担を繰り返さないためにも、殺されたイラクの一般市民の無念に報いるためにも、日本においてもイラク戦争支持・支援の是非の検証が行われるべきです。そのために、私たちは以下のことを求め、活動していきます。


1)「イラク戦争支持の政府判断に関する見直し」「自衛隊イラク派遣の判断の是非」「イラク復興支援への日本の関わり」の3点を検証する、独立の第三者委員会を政府が設立すること。同委員会が、事実関係についての情報開示や調査を行い、個人も含めた道義的・法的な責任の所在を明らかにすること。

2)調査委員会による検証や、そのプロセス、最終報告などが、最大限公開され、誰にでもアクセスできるようにすること。

3)検証による最終報告を受けての、日本政府としての見解を国内外に発表するとともに、必要とされる人道支援、被害者支援を行うこと。


呼びかけ人:池田香代子(翻訳家/世界平和)、川口創(自衛隊イラク派兵差止訴訟名古屋弁護団事務局長)、鎌田實(医師)、佐藤真紀(日本イラク医療支援ネットワーク事務局長)、高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)、谷山博史(日本国際ボランティアセンター代表)、志葉玲(ジャーナリスト)、野中章弘(アジアプレス代表)(敬称略)

賛同人(09年11月5日現在、敬称略・50音順):
相澤香緒里/相澤恭行(NPO法人PEACE ON)、足立力也(コスタリカ研究家)、池住義憲(自衛隊イラク派兵差止訴訟の会)、石田きみえ(今とこれからを考える一滴の会)、石塚淳(Chance! pono2)、伊藤和子(弁護士)、 岡林信一(市民社会フォーラム)、Cazman(Chance!pono2)、きくちゆみ(グローバルピースキャンペーン)、清末愛砂(島根大学専任講師/イラクホープネットワーク)、小原美由紀(ピースウォーク金沢)、佐藤博文(自衛隊イラク派兵差止訴訟全国弁護団連絡会)、園リョータ(憲法カフェ)、高田健(World Peace Now)、寺中誠(人権活動家)、西方さやか(イラクホープネットワーク)、西谷文和(イラクの子どもを救う会)、nob(Chance! pono2)、野中章弘(ジャーナリスト)、原文次郎(日本国際ボランティアセンター)、布施祐仁(ジャーナリスト)、細井明美(イラクホープネットワーク)、増山麗奈(LAN TO IRAQ/『ロスジェネ』編集委員)、 山縣忍(セイブ・イラクチルドレン・名古屋)、遊牧民(自衛隊イラク派遣差止名古屋訴訟原告)
# by nao-takato | 2009-11-05 23:49 | お知らせ/イベントお知らせ~11/10(火)衆議院議員会館で院内集会~
衆議院議員会館で院内集会を開催します。
発言者は、私とフリージャーナリストの志葉玲さん、池田香代子さんです。

政権交代直後、イラクに関わってきた有志で「イラク戦争総括」をテーマにプロジェクトを立ち上げました。名前はまだ決定していませんが、現時点で「イラク戦争の検証と本当の国際貢献を求めるネットワーク(仮称)」とさせてください。私たちはイラク戦争に反対だった新政権に「イラク戦争総括」を求めます。

【院内集会のご案内】
日時/11月10日(火)午後1時30分開場 午後2時スタート
場所/第二衆議員会館第四会議室

私たちの国は、この不当で違法なイラク戦争を支持したままです。
イラク”復興支援”の検証もされるべきです。
この時を逃すわけにはいきません。

この春にあらためて、ファルージャやラマディの墓地を訪れて思ったのです。
イラクで失われた命の重みを。
そして、橋田さん、小川さん、香田さんを思うのです。
二度とくり返してはいけない、と。

イラク戦争を止めたくて、初めてデモに参加したことを思い出すのです。
そして、イラク戦争を止められなかった悔しさは今もずっと続いているのです。

11月10日はぜひ第2衆議院議員会館へ。
イラク戦争を見つめ直せば、私たちの未来が見えるはずです。

FC2blog テーマ:イラク問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/11/06 06:50】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 植草さんは冤罪です。植草さんを支持する人のほとんどは、経済学者として小泉改革を批判しアピールを繰り返し、なおかつりそな銀行インサイダー取引疑惑について、政府高官の関与について調べていた植草さんを社会的に封じ込める陰謀と国策捜査であると思っている。痴漢行為逮捕は陰謀だと信じています。植草さんへの最高裁棄却と実刑確定と収監に抗議する。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/
blog/2009/06/post-0caf.html


 このたび、夏みかんさんの呼びかけで初めてのブログデモを実施しています。実は始め聞いたとき意味が読み取れなかった。でもやがてブログでみんなで一斉に発信するデモをすることだとわかった。すばらしい。実際街頭デモをすることはなかなか少なくなっている。こういう形式もますます必要になるだろう。 

 わたしたち国民は多くの専門家によるアピールや意見、助言が必要だ。ところが昔でもさほど多くなかったのにマスコミの権力化によりますます専門家による発信が少なくなっている。
 それを代替するのはテレビ芸人やお笑い芸人だ。彼らにはほとんど期待できない権力の同調者にすぎない。
 専門家がきちんと発言すれば討論が生まれる。中には竹中平蔵氏のように詭弁技術だけでもっている専門家もいるが、それは対する側の専門家の討論技能が弱いだけだ。いまはただの今は国民を煽るだけのテレビ芸人だけが跋扈していてまともな言論や政策が形成されにくい。

 そのうえこの植草一秀氏への権力による陰謀がますます専門家を委縮させている。私たちは自民党政権の時期に起こった小沢一郎秘書逮捕や植草一秀逮捕、そして足利事件菅家利和さん冤罪事件など次期民主党政権で、国会主導で第3者委員会を設置して、検察警察の捜査手法や権力犯罪などにメスを入れてほしい。

植草一秀さんを守りたい!「みんなでブログ・デモ行進」のお知らせ。 ブログで同日一斉に発信!夏みかん 日時 2009 年 7 月 20 日 13:50:39

http://www.asyura2.com/09/
senkyo67/msg/624.html


自由参加です。

【 日時 】7月22日(新月、皆既日食)

8月6日 (満月)

その後は毎月の新月、満月 ※無事な姿が見られるまで続行(状況次第)

「月例カレンダー」 参照
http://koyomi.vis.ne.jp/directjp.cgi?http://koyomi.vis.ne.jp/moonage.htm

【 場所 】各自ブログ

【 ブログ内容 】植草一秀さんに関すること

植草一秀さんに実刑判決、収監の記事を目にしてから皆さまと同様に不安と怒りにかられ、
ブログを見るたびに気持ちが揺れ動き、何をどうしたらいいのか、ただ右往左往しておりました。
少し冷静になり考えたとき、応援している皆さまが同じ思いではないだろうか?
冤罪である植草一秀さんを守りたい、危険な目にあってほしくないという思いは一緒だと。

皆さまのこの思いがつながったら、なにか変えることができるのではないかと考え、
今回 同日一斉ブログ発信、ご参加のお知らせをお伝えすることにいたしました。

一斉にブログ発信することによって、「植草一秀さんの現在の状況」 を一人でも多くの方にお伝えし、偏向報道等により植草さんに対する誤った情報を正しい方向に導きくことができれば、と思っております。

皆さまには突然のお知らせとなってしまい申し訳ございません。
あと22日まで2日しかありませんが、ご参加よろしくお願いいたします。

ちなみに新月、満月は毎月やってきます。次は8月6日の満月です。

-----
孟子は
「天の時は地の利に如かず。地の利は人の和に如かず」と記している。
 大事を成すにあたって 「人の和」 は何よりも重要である。
(一部転載)
-----
植草一秀さん『知られざる真実』
2009年7月19日 (日)
何があっても私が決めさせていただく解散の実施
http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/
2009/07/post-dc03.html


「人の和」を広げてまいりたいと思っております。

植草さんが褒美にもらった
「みかん」 でした。


FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/07/22 19:10】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]