上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ビン・ラディンを、アメリカ側はとにかく殺したかったようだ。当初のブッシュ政権のアフガニスタン戦争の時の方針としては、ビン・ラディンを逮捕し裁判にかけると明記していた。

 これは当たり前だと思う。だが「アメリカの正義」は、それを覆し武装もしていないのに妻ごと殺した。

 ビン・ラディンは、もともと1979年のソビエトのアフガン侵攻を受けてCIAが計画したアラブ義勇軍を組織し軍事キャンプで訓練するため、アラブ人の運営者が必要となった。そのときサウジアラビアが推薦して派遣されたのがビン・ラディンだった。彼はサウジの最大の建設コンツェルンのオーナーの十数番目の息子で会社幹部として組織運営能力が高い人物だったのだ。

アラブとイスラム地帯各国に呼びかけるとともに、呼び集めて受け付けをしてリストを作り軍事キャンプをみごとにマネジメントした。

このとき、軍事キャンプをアラブ語で「基地」と言う意味の「アル・カイダ」と名付けた。そしてCIAは、奇襲作戦など様々のゲリラ戦法や武器の使い方を教えた。実はテロネットワークのアルカイダは、この時アメリカ側が訓練した人々がそれを再伝達してネットワークが広がるなかで生み出された。

 しかし、イラクのクェート侵攻に始まる湾岸戦争とその後の経済制裁でのイラク国民の困窮でアラブ反米意識が高まった。ピンラディンもサウジ国内のキング・ハリド軍事都市など三か所の米軍基地の巨大化とオーバープレデンスに対するサウジ国民の反発とともに、激しく反米意識を高めていった。

 そしてスーザン港湾のボートでの米軍艦自爆攻撃に始まりアメリカ大使館爆破事件に対し、クリントン政権の反撃しアフガンキャンプのミサイル攻撃で火ぶたが切られた。このグループはアルカイダと名乗り争いが9・11まで波及していく。

 スーザンテロ攻撃後も9・11直前7月に主治医と看護士、側近、4人の護衛付きでドバイのアメリカン病院に7月4日から14日まで入院した。そこへCIAのドバイ支局長が、二人で入院しているビン・ラディンを見舞いに行ったと、フランスの一流紙フィガロが報じている。

 もちろんこの時米軍特殊部隊で急襲すればひとたまりもなかっただろう。しかし、これがアメリカの9・11陰謀説の証拠とならない。こういう虚実の皮膜間で活動するのが情報機関だからだ。

 しかし、ビン・ラディンとアメリカ政府とは浅からぬ縁だとわかるだろう。実はアメリカ政府との接触と関係の深まりの中でモンスター化した人物なのだ。
 この、複雑な米国との関係を裁判で明らかにすべきだがそれがアメリカ政府は何としてもいやだったのだろう。

 アメリカの対外政策は軍事中心という以外はたえず揺れ動いている。イラクのフセイン政権も対イランという形で軍事的に強大化させたが、たちまち手のひらを返して敵扱いにした。それにまた軍産複合体が戦争を起こしたいと絡む。
 アメリカ政策ではイスラエル擁護が一貫しているようだが、これも政治ロビーとして強大化する1975年くらいから度を強め福音右派三千万人がイスラエル擁護するとほとんど国是となっていった。

 アメリカは金融危機後に国力は疲弊して、もはや軍事超大国として君臨する力を失っている。米国政府さえ一貫した政策をとれば、敵は少なくなり、中国相手に二大超大国として世界を分け合う形での世界派遣は続けられるだろう。

 テロとの戦いに勝利したとアメリカ世論は沸いている。そうなのだろうか。

 またもや軍国主義は対戦相手をテロに復讐劇という形で継続して高まり、アメリカの戦争中毒は新たな展開を起こすのではないか。しかし、それができるほどアメリカの力はもたない。20年くらいで急速にアメリカ覇権は衰えるという観測がある。アメリカは第二次大戦後は大変民主政治と文化の主導者として尊敬されていた。軍事主導でベトナム戦争で決定的に国策を誤ったと思う。

 ビン・ラディンを裁判にかけることは平和を基調にした新たなアメリカを作ることにつながったと思うのに残念だ。

 日本も対米従属で軍事ばかりに目が行くのはそろそろやめにしたほうがいい。アメリカは今回の大震災と原発事故で「トモダチ作戦」であまりにふがいない日本政府を叱咤激励して随分助けてくれた。こういうやり方は日本とだけでなく世界のためにとても役立つと思うのだ。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:アメリカ合衆国 - ジャンル:政治・経済

【2011/05/06 19:17】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 イラク戦争とは何だったのか。日本にとってイラク戦争の関係は。
 およそ日本でこれほどあいまいにされているものはありません。

 何しろアメリカでさえ認めた戦争の根拠とされた大量破壊兵器がなかったことさえ、日本では放置されています。小泉首相(当時)が大量破壊兵器が存在して世界の脅威となっているからとこの戦争を認め自衛隊を派遣したにも関わらずです。

 今回、イラクにずっと真摯に向き合い関わってこられた高遠菜穂子さんからの「イラク戦争検証ネットワーク」への旗揚げと議員会館内集会の連絡がありました。以下紹介します。


イラク戦争何だったの!?ーイラク戦争の検証を求めるネットワークー
イラク戦争総括、今はじめないと!
10日は衆議院第2議員会館へ!
ちょっと気後れしそうな場所ですけど、議員会館見物のつもりでぜひ!
入口に案内係がいます。
-------------------------------------
皆さま

 このたび、イラク戦争の検証を求める市民グループが旗揚げしました(詳細は後記設立趣意書をご参照下さい)。イラク戦争・復興支援への姿勢が問い直されないまま、日本の今後の外交や国際貢献を語ることはできないのではないでしょうか。民主主義国家としてのアカウンタビリティーを示すためにも、政府が調査委員会を設立するよう求める、国民的な運動を広げていく。10日のキックオフ院内集会は、その第一歩となります。是非、多くの方々にご参加いただければ幸いです。

【日時】11月10日14~15時(13時半開場) 
【場所】衆議院第二議員会館第四会議室
【主な内容】
13:30 開場
14:00 挨拶・趣旨説明
14:05 呼びかけ人・賛同人から
     (池田香代子、高遠菜穂子、谷山博史、野中章弘)
14:25 国会議員から
14:45 今後の行動について
14:50 メディア質疑応答
15:00 閉会・撤収      
*部屋自体は15時半まで確保しています


            イラク戦争何だったの!?
     ーイラク戦争の検証を求めるネットワーク 設立趣意書

 この度、私たちイラク支援やイラク報道、反戦運動に関わった者たちは、旧政権によるイラク戦争支持・支援の検証を新政権に求め、広く呼びかけていくことにしました。

 2003年3月、世論調査で8割の人々がイラク戦争に反対していたにもかかわらず、小泉純一郎首相(当時)はこれを無視し、国連安保理決議を得ない米国の攻撃を支持しました。しかしその後、開戦の最大の根拠であった「イラクは大量破壊兵器を保有している」という情報が誤りであったことが判明し、ブッシュ元米大統領もそれを認めました。にもかかわらず戦争は拡大され、イラク市民・多国籍軍兵士の死者数はさらに増えていきました。日本は「人道支援」の名目で自衛隊を派遣しましたが、2009年10月、防衛省の情報公開により、イラクにおける航空
自衛隊の活動の大半が米軍などの多国籍軍の兵員・物資の輸送であったことが明らかとなりました。 

 イラク戦争は、最悪レベルの人道危機をもたらしました。WHO(世界保健機構)の推計は民間人15万人が殺されたとし、ジョンズ・ホプキンス大学の調査のように数十万人単位が殺されたとする推計もあります。そして現在もなお、使用された劣化ウラン弾やクラスター爆弾などによる被害は後を断ちません。治安も安定せず、毎日10人以上の市民が、攻撃や爆弾テロ等で命を失う中、イラク国民の約6人に1人が国内外で避難生活をおくり、その多くが極度の貧困にあえぐなど、状況はむしろ深刻化しています。  

 これを直視するか否かは、平和国家・民主主義国家としての日本のあり方が問われる問題でしょう。既に英国では、イラク戦争参戦の経緯や軍事攻撃の合法性について検証する独立調査委員会が設置されました。今後、私たち日本の市民の平和的生存権が尊重され、戦争への加担を繰り返さないためにも、殺されたイラクの一般市民の無念に報いるためにも、日本においてもイラク戦争支持・支援の是非の検証が行われるべきです。そのために、私たちは以下のことを求め、活動していきます。


1)「イラク戦争支持の政府判断に関する見直し」「自衛隊イラク派遣の判断の是非」「イラク復興支援への日本の関わり」の3点を検証する、独立の第三者委員会を政府が設立すること。同委員会が、事実関係についての情報開示や調査を行い、個人も含めた道義的・法的な責任の所在を明らかにすること。

2)調査委員会による検証や、そのプロセス、最終報告などが、最大限公開され、誰にでもアクセスできるようにすること。

3)検証による最終報告を受けての、日本政府としての見解を国内外に発表するとともに、必要とされる人道支援、被害者支援を行うこと。


呼びかけ人:池田香代子(翻訳家/世界平和)、川口創(自衛隊イラク派兵差止訴訟名古屋弁護団事務局長)、鎌田實(医師)、佐藤真紀(日本イラク医療支援ネットワーク事務局長)、高遠菜穂子(イラク支援ボランティア)、谷山博史(日本国際ボランティアセンター代表)、志葉玲(ジャーナリスト)、野中章弘(アジアプレス代表)(敬称略)

賛同人(09年11月5日現在、敬称略・50音順):
相澤香緒里/相澤恭行(NPO法人PEACE ON)、足立力也(コスタリカ研究家)、池住義憲(自衛隊イラク派兵差止訴訟の会)、石田きみえ(今とこれからを考える一滴の会)、石塚淳(Chance! pono2)、伊藤和子(弁護士)、 岡林信一(市民社会フォーラム)、Cazman(Chance!pono2)、きくちゆみ(グローバルピースキャンペーン)、清末愛砂(島根大学専任講師/イラクホープネットワーク)、小原美由紀(ピースウォーク金沢)、佐藤博文(自衛隊イラク派兵差止訴訟全国弁護団連絡会)、園リョータ(憲法カフェ)、高田健(World Peace Now)、寺中誠(人権活動家)、西方さやか(イラクホープネットワーク)、西谷文和(イラクの子どもを救う会)、nob(Chance! pono2)、野中章弘(ジャーナリスト)、原文次郎(日本国際ボランティアセンター)、布施祐仁(ジャーナリスト)、細井明美(イラクホープネットワーク)、増山麗奈(LAN TO IRAQ/『ロスジェネ』編集委員)、 山縣忍(セイブ・イラクチルドレン・名古屋)、遊牧民(自衛隊イラク派遣差止名古屋訴訟原告)
# by nao-takato | 2009-11-05 23:49 | お知らせ/イベントお知らせ~11/10(火)衆議院議員会館で院内集会~
衆議院議員会館で院内集会を開催します。
発言者は、私とフリージャーナリストの志葉玲さん、池田香代子さんです。

政権交代直後、イラクに関わってきた有志で「イラク戦争総括」をテーマにプロジェクトを立ち上げました。名前はまだ決定していませんが、現時点で「イラク戦争の検証と本当の国際貢献を求めるネットワーク(仮称)」とさせてください。私たちはイラク戦争に反対だった新政権に「イラク戦争総括」を求めます。

【院内集会のご案内】
日時/11月10日(火)午後1時30分開場 午後2時スタート
場所/第二衆議員会館第四会議室

私たちの国は、この不当で違法なイラク戦争を支持したままです。
イラク”復興支援”の検証もされるべきです。
この時を逃すわけにはいきません。

この春にあらためて、ファルージャやラマディの墓地を訪れて思ったのです。
イラクで失われた命の重みを。
そして、橋田さん、小川さん、香田さんを思うのです。
二度とくり返してはいけない、と。

イラク戦争を止めたくて、初めてデモに参加したことを思い出すのです。
そして、イラク戦争を止められなかった悔しさは今もずっと続いているのです。

11月10日はぜひ第2衆議院議員会館へ。
イラク戦争を見つめ直せば、私たちの未来が見えるはずです。

FC2blog テーマ:イラク問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/11/06 06:50】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。