上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前書いた自民党支部による一億五千万円余りの献金集めがやっと新聞記事になりました。

完全無所属」実は「自民支部長」…千葉知事当選の森田氏
3月30日12時42分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a
=20090330-00000515-yom-pol



 千葉県知事選で100万票余を獲得して初当選した元衆院議員の森田健作氏(59)が、現在も東京都の自民党支部長を務めていたことがわかった。

 森田氏は、政党と距離を置く「完全無所属」をアピールして無党派層の支持を集めており、一夜明けた30日の記者会見で「近く支部を解散したい」との考えを明らかにした。

 森田氏が支部長を務めるのは、自民党東京都衆議院選挙区第2支部(東京都中央区)。森田氏が参院議員だった1995年1月に設立された。衆院議員に転じた森田氏が2003年10月に辞めた後も、支部は存続している。

 収支報告書によると、支部長の登録は本名の「鈴木栄治」。04~07年には計1億6185万円の企業・団体献金を受け、同時期に計1億5030万円を、同支部と同じ事務所で、森田氏が代表を務める資金管理団体「森田健作政経懇話会」に寄付していた。使途については、「知事選には使っていない。知事選に無所属での出馬を決意する前に、自民党候補の応援などのために使った」と釈明した。


 1億5千万円も他人の選挙のために使う。なんて気高い行為でしょう。見上げたものです。きちんと証明してくださいね。

「永瀬ユキのブログ」が公職選挙法違反だと指摘しました。
http://www.n-yuki.net/
blog.php?itemid=401

下記のとおり公職選挙法に完全に違反します。
 
 92年の参院選愛知選挙区で新間正次氏は当選したものの、選挙で偽った学歴や経歴を公表したとして議員を失職しました。政党詐称は、もっと有権者を欺いた罪が大きい。


公職選挙法
虚偽事項の公表罪
第235条 当選を得又は得させる目的をもつて公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、その者の「政党その他の団体への所属」、その者に係る「候補者届出政党の候補者の届出」、その者に係る参議院名簿届出政党等の届出又はその者に対する人若しくは政党その他の団体の推薦若しくは支持に関し「虚偽の事項」を公にした者は、2年以下の禁錮又は30万円以下の罰金に処する。


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:森田健作 - ジャンル:政治・経済

【2009/03/31 05:45】 | 政治・経済
トラックバック(3) |  ]

なにに使ったのでしょう?
みつめ和紀
こんにちは。森田知事の経歴詐称と違法献金。同じ事務所内で右から左へ。
一体何に使ったのでしょうね。変ですよね。それになぜテレビなどで報道しないのでしょうか?例によって情報操作でしょうか?

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。