上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本国憲法に非常事態、国家緊急権を設けない理由は、昭和21年7月15日第13回帝国憲法改正委員会議事録の金森国務大臣答弁で、明白にされている。①民主主義:権力の濫用を防ぐ。②立憲主義:憲法の破壊を防ぐ。③衆議院で緊急集会で対応。解散時は参議院で対応可能。④平常時から法令で対処可能
原文は次のURL議事録だが、カタカナをひらがなに改め下記に転記した。
http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kenpou.nsf/html/kenpou/s210715-i13.htm

○北浦委員 此の憲法に規定ない事項で将来起り得ることは、三機関の何れかに依つて決定されるんだ、斯う云ふ御答弁でありますが是は不完全であります、併し是れ以上は議論でありますから申上げませぬ
 最後に現行憲法の三十一条であつたか、斯う云ふ規定があります今後は戦争はありませぬが、戦時又は事変の際には、臣民の権利義務は憲法に規定はしてあるけれども、一朝事変の際には停止するぞ是は行はない、天皇が総て大権を行使される、斯う云ふ趣旨の規定があつたことは、条文は探せば直ぐ分るのでありますが、是は間違ひありませぬ、そこで先程から同僚の代議士諸君も盛んに心配して居られまするやうに、戦争はありますまい、あつてはならぬ、併し国内事変は、是は金森国務相、夢でも或は想像談でもありませぬ、将来是は心配して置かなければなりませぬ、さう云ふ場合にはここに草案に色々国民に対して広範囲の権利を与へて居りますが、停止の必要あるのではないか、やはり私は第三十一条ですか、さう云ふ規定が必要ではないかと思ふ、なぜ此の憲法にそれを置かないか、此の点御伺ひ致します

○金森国務大臣 今御示しになりましたやうな場合を予想することは可能であると思ふのであります現行憲法に於きましても、非常大権の規定が存在して居つたことは今御示しになつた通りであります併しながら民主政治を徹底させて国民の権利を十分擁護致します為には、左様な場合の政府一存に於て行ひまする処置は、極力之を防止しなければならぬのであります言葉を非常と云ふことに藉りて、其の大いなる途を残して置きますなら、どんなに精緻なる憲法を定めましても、口実を其処に入れて又破壊せられる虞絶無とは断言し難いと思ひます、随て此の憲法は左様な非常なる特例を以て――謂はば行政権の自由判断の余地を出来るだけ少くするやうに考へた訳であります、随て特殊の必要が起りますれば、臨時議会を召集して之に応ずる処置をする、又衆議院が解散後であつて処置の出来ない時は、参議院の緊急集会を促して暫定の処置をする、同時に他の一面に於て、実際の特殊な場合に応ずる具体的な必要な規定は、平素から濫用の虞なき姿に於て準備するやうに規定を完備して置くことが適当であらうと思ふ訳であります、現行憲法に於きまして、二段にも三段にも斯様な非常な場合に応ずる用意があつて、謂はば極めて用意周到ではあつたのでありますが、実際左様の手段が明白に用ひられた場合はなかつたやうに思つて居りますでありますから余りにも苦労し過ぎるよりも寧ろ自由保障の安全を期した訳であります

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:平和憲法 - ジャンル:政治・経済

【2016/01/14 16:38】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]

Re: タイトルなし
奈良たかし
> はじめまして諏訪緑と申します
> 緊急事態条項について、知りたいと思っていたことを知ることができました。ありがとうございます。私のfacebookにコピーを載せたいのですがよろしいでしょうか。

遅くなってすみません。もちろん、OKです。


管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
新聞の部数は減り、しかしなかなか普通の人はネットで各種の報道を検索したり、SNSなどで拾い集めることは難しい。それでテレビニュースで見ている人は相変わらず多い。しかし、公平に安倍政権にものを言う人は、TBS「NEWS23」のアンカー岸井成格氏のように追放されたり、「報道ステーション」のキャスター古舘伊知郎は様々の圧力などで疲れ果てて、来年3月でやめようとしている。
この件で、きちんと書いている下記は、12月27日付東京新聞「本音のコラム」『テレビ報道の危機』、筆者は、法政大教授・山口二郎さん。岸井成格氏を意見広告で個人攻撃した連中は、「ここでTBSが圧力に屈するならば、あの運動は次の標的を探すだろう」という指摘は、大きく不気味である。
--------------------------------------------------------------------

テレビ朝日「報道ステーション」のキャスター古舘伊知郎氏が来年3月末で辞めると発表した。
 TBS「NEWS23」のアンカー岸井成格氏も降板すると一部新聞は報じている。テレビニュースが政権に対する監視、批判機能を失っている中で、頼みの綱である二つのニュース番組から看板がいなくなることには、さびしいを通り越して、危機感を覚える。
古舘氏が12年つづけて疲れたというのはうそではないだろう。しかし、安倍政権によるテレビへの圧力が疲労度を大きくしたこともあるのではないか。岸井氏については、放送法違反の報道を許さないという意見広告で個人攻撃が行われたことに、薄気味悪さを感じていたところである。
 ここでTBSが圧力に屈するならば、あの運動は次の標的を探すだろう。
 古舘氏は退任の弁の中で、純粋の中立はあり得ないと言った。人間はみな自分の興味、関心に沿って物事を見る。ニュースで何を取り上げるかに、製作する側の価値観が反映される。もちろん、事実の歪曲や主観の押し付けは論外である。
その上で、報道の中立、公平とは、個々のキャスターに要求するのではなく、業界全体としてバランスを確保するという意味で使うべき言葉である。
 たいこ持ちのようなニュース番組が多い今、二人の退場はテレビ報道の公正を損なう結果につながる。


FC2blog テーマ:言論規制 - ジャンル:政治・経済

【2015/12/27 11:43】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
ジュリーも、この時代の中で闘っているよ。凄い。


◆ジュリー「アッカン、アベー!!」 危なっかしい時代にメッセージ
 (2014年7月14日 中日スポーツ)

 歌手の沢田研二(66)が13日、東京・渋谷公会堂で、毎年恒例の夏の全国ツアー(全37公演)の初日を迎えた。

 今年は東日本大震災から丸3年後の3月11日、新作アルバム「三年想いよ」を発売。同作の中から、脱原発のメッセージを盛り込んだ「一握り人の罪」や「櫻舗道」を披露したほか、2008年に発表した憲法9条が題材の「我が窮状」など全24曲を披露した。

 5月までは音楽劇の公演で全国を走り回った沢田。冒頭のあいさつで「このまま(活動を)やめようかと思ったけど、危なっかしい時代になってきたから歌わないといけないと思った。アッカン、アベー!!」と、安倍政権に対するアッカンベーと掛け合わせた言葉で皮肉った。

http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/entertainment/news/CK2014071402000164.html

◆ジュリー、震災復興へ24曲熱唱 「あっかん アベ~」
 (2014年7月14日 デイリースポーツ )

 歌手・沢田研二(66)が13日、東京・渋谷公会堂で、毎年恒例の夏の全国ツアーをスタートさせた。11年3月の東日本大震災以降、震災復興へのメッセージ曲や反原発曲を発表してきたジュリーは、MCで「危なっかしい世の中になってきた」と危機感を募らせ、「あっかん アベ~」と安倍政権への批判を思わせるメッセージを発信。憲法第9条を歌った曲「我が窮状」などを熱唱した。

 3曲を歌い終えてのトークだった。「5月以降は休んでいた。このまま辞めてしまおうと考えた」。ジュリーは冗談交じりに近況を明かしたが、本題はここからだった。

 「だけど、危なっかしい世の中になってきたから、ちゃんと歌わなきゃ!と思った」。そう訴えると、アカンベーとばかりに「あっかん アベ~」と一段と大きな声で叫んだ。

 「麻布十番の『あべちゃん』(居酒屋)は好きだけどね」。オチを付けて笑いをとりながらも、それらの言葉からは、集団的自衛権の行使容認など、“暴走”する安倍政権への批判メッセージが受け取れた。

 この思いをさらにアピールするかのように、ライブの9曲目には、「戦争の放棄」などを定めた日本国憲法第9条を歌った自身の楽曲「我が窮状」を熱唱。“第9条が守られなければ、真の平和が来ない”という内容の歌詞を歌い上げ、歌手として、自身の思いを観客に訴えた。

 11年の東日本大震災以降、毎年3月11日には、被災地への祈り、復興、脱原発の思いを込めたCDを発売してきた。この日も「3年がたっても何も変わっていない。忘れてはいけない」と震災について語り、今年発売したCD「三年想いよ」の収録曲も熱唱。ほかにも「勝手にしやがれ」など代表曲を交え全24曲を歌唱した。

 「最近歌うのがまた好きになってきた」というジュリー。これからも、歌うことで、自身のメッセージを伝えていく覚悟のようだ。

http://news.livedoor.com/article/detail/9039058/


FC2blog テーマ:安倍政権 - ジャンル:政治・経済

【2014/09/03 12:19】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。