上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これを読んでいただいているブロガー様

お願いがあります。
それは中川昭一担当女性記者の問題です。
前回2つの記事を書いていて少しうんざりする面はあったのですが、

http://isiki21.blog45.fc2.com/blog-entry-170.html

http://isiki21.blog45.fc2.com/blog-entry-169.html
どうやらこの新聞記者をめぐる問題は、下品さはあり腐臭は漂うものの、今の新聞の堕落の根本ではないかと思うようになりました。下記「世に倦む日々」も読んで、現在の日本の問題解決のためにはどうあっても追及しなければならないものだと思いました。そういうものが目の前の裂け目に現れたのです。

 「世に倦む日々」「コンパニオン記者に関する二つの疑惑と読売記者の2年前の記事」
http://critic6.blog63.fc2.com/blog-entry-27.html

 新聞は朝日新聞の新自由主義、郵政民営化賛成、かんぽの宿オリックス払い下げ賛成などを先頭に目も当てられない堕落の状況です。この大きな原因が新聞記者のコンパニオン化と政治家官僚との酒飲みゴッツアン構造にあると今回のことで透けて見えるようになりました。

 これらの記者たちが毎晩政治家、官僚と宴会をして、海外へは随行して豪遊する中で取り込まれていってる。それが新聞堕落の大きな原因のようです。

 私は運動経験は長い。だから日本の論者であれ運動者であれとても淡白で上品で傷つきやすいことは知っています。
 しかし、ここで経験上知っておいていただきたいのは、権力者はたいそうな武器と金を持ちながら綱渡りをしている者たちであり、ぼろを出して落ちそうになったら綱を思いきり揺らしに行かねばなりません。
 そして水の中に落ちた権力者は、このときとばかりに叩きに行かねばなりません。

 何ということを言うんだとお思いでしょう。しかしブログ論壇にいろいろな形で参加するものとして日本の問題は解決せねばなりません。私たちは権力者に比べたら力は弱く金もありません。だからこそ、そういうしつこさが必要なのです。そして相手が中枢の弱い部分をさらけ出した時にはかみつきに行かねばなりません。その時しか私たちが打撃を与えることはできないのです。

 どうかつまらないことなのですが、メディア・新聞の堕落追及に、ミニブロガーの私からですが「中川昭一担当女性記者問題」追及にご参加をお願いしたいのです。

 突然いろいろとお願いしてまことに申し訳ありません。

奈良たかし
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:政治のニュース - ジャンル:ニュース

【2009/02/22 14:57】 | 政治・経済
トラックバック(2) |  ]


愛てんぐ
奈良さん、こんばんは

中川大臣、かんぽの宿、日本の中枢機構は完全に腐りきってしまい、自ら腐敗していることさえ、気付いていないというような気さえします。
女性記者達は中川大臣(酒)を酩酊させた共犯です。
罠と言うより、日常習慣が常識化し、大事なときでも出てしまったというのが素直だと思います。
女性記者達の会社は読売新聞、日本テレビ、いずれも読売系、ブルームバーグ はシティグループでユダヤ資本。

中川前大臣の件で見えたことは、マスコミも政府とつるんでいたことです。
日本の支配階級、お上が、機能不全に陥っていることも分かってきました。

いつも言いますが、お上ではなく公僕にすることが最も大事と思います。
その為には特権を剥奪し、国民と同等、国民目線にすること、その為には徹底的な情報公開です。

関心があります
散策
奈良たかし様
私は、この問題に大変関心を持っています。私は、マスコミ関係の仕事ではありませんので、政治とマスコミの密着度合いについては、わかりません。しかし、記者クラブ、政治家用のマスコミの原稿書きなど話題にことかきません。今日、電車の中吊りに、サンデー毎日に【「ヘベレケ中川」同行記者批判でネット炎上】という記事がでるとありました。植草さん、ぐっちーさんのときは、雑誌はスルーしました。自身(マスコミ)の問題にどの程度マスコミが踏み込んで書いてくれるのか注目しています。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。