上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖女の救済
東野 圭吾
文藝春秋 ( 2008-10-23 )
ISBN: 9784163276106
おすすめ度:アマゾンおすすめ度


 息もつかせぬおもしろさという言葉があるが、『探偵ガリレオの苦悩』と同時発売されたガリレオシリーズの2作目の長編である。抜群におもしろく、夜更かしした。それは犯人のキャラクターがおもしろいからだ。その夫に対する愛情と裏切られたときの執念に驚く。

 冒頭から犯人はわかっているので書いておく。殺人者は奥さんの真柴綾音さんだ。そのガリレオ湯川とのやりとりがおもしろいのだ。ミステリとしては平板だとか警察の対応がおかしいとか問題になっている。だいいち捕まる流れがおかしい。なぜ草薙は彼女のものを保管したのか。いくら愛するといってもご都合主義なんだ。
 そもそも仕掛けられた問題になるものが証拠保全されないのはやはりおかしいのだ。

 おそらく、映画化を意識した作りなのだろう。それでミステリとしては不満ということになる。でもガリレオ湯川と綾音さんの動きがおもしろくて興味が尽きない。
 こういうのはミステリの楽しみ方としては邪道なのか。

 女性が目指す完全犯罪に湯川はどう立ち向かうか。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:推理小説・ミステリー - ジャンル:本・雑誌

【2009/03/17 13:54】 | 奈良たかし・本の話
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。