上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 使用済み核燃料中間施設を断念したのはいい。しかし荒井奈良県知事は「鉄道を通すために造ったトンネルに詰め込んでおけば大丈夫」と意見を持っていたというがきわめて異状な話でそれが選んで呼んだ専門家に説明を受ければすぐ理解できる、という現奈良県の幹部執務執行体制なのか。
 しかも、これは明らかな西吉野地区の旧五新鉄道トンネルのことでどうしてそんなことを思うのか。大変なものは何でも山の中に置いとけばいいという態度で、吉野山間地区に対しての差別ではないか。

 それに運搬が大変で断念と言うがこんなのは当たり前のことで、本一冊調べたり、ネットで見てもわかる話だ。

 荒井奈良県政が、幼稚かつ極めて危険な独裁的な発想と思い付きでできていることを改めて示した。

 これでは今後何を言い出すか、不安に思わざるを得ない。非常に怖い。もう少しまともな思考力を持ったらどうか。正統で正常な行政運営ではなく、今の奈良県政は「荒井知事独善」という一種の狂気に支配された状態ではないか。まず、この狂気からの解放を願いたい。


奈良での中間貯蔵断念 使用済み核燃料で荒井知事

http://sankei.jp.msn.com/life/news/
120613/trd12061312490010-n1.htm


 奈良県荒井正吾知事は13日の記者会見で、前向きに検討するとしていた使用済み核燃料の中間貯蔵について「大変に大きなもので移動も大変だと分かった。奈良は適地ではない」と検討を断念したことを明らかにした。

 荒井知事は福井県の西川一誠知事が大飯原発の再稼働問題に絡み、中間貯蔵を電力消費地に求めたことを受け、4月に「前向きに考えないといけない」と発言。5月には職員を美浜原発(福井県美浜町)に派遣し、貯蔵方法について調査を行った。その結果、使用済み核燃料は重量と大きさから陸送が難しく、美浜原発では専用の船で運搬していることから「(海に面していない)奈良は適地でない」と結論付けた。

 荒井知事は「鉄道を通すために造ったトンネルに詰め込んでおけば大丈夫と素人の意見を持っていたが、そのようなものではないと報告を受けた。今は可能性が低い」と話した。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/13 18:29】 | 原子力
トラックバック(1) |  ]
 荒井正吾奈良県知事が、2012年3月24日の定例記者会見で、がれき受け入れについて回答しているが、その中で原発再稼働について触れている。重大な発言なのに報道がされていない。

 結局は、官僚独善的な根拠のない自信であり、自分たち官僚は素人でも安全かどうかデータを示され聞けばわかるというのだ。その官僚が判断することが民主主義的な過程でものごとが運ばれているということだと言う。

 しかも「全く知見のない人が危ないと大きな声で叫んだら危ないのかというと、そうでもないと思」うと反対側には、その専門家を含めて軽視と侮蔑した言い方をしている。官僚絶対視もここまで来たかという感じだ。

フクシマ事故は、荒井知事には何も与えなかったようで感覚がないようだ。呆れたものでこんな人が知事で独善的に決めるというのでは困ると思う。

平成24年3月14日(水)奈良県知事 定例記者会見 http://www.pref.nara.jp/dd_aspx_menuid-25674.htm#2-4

原発の再稼働も同じような構図です。国の出す原子力委員会とか事故調査委員会のデータが信用されない今、安全性のデータの正しさを誰が言えるのか。やはり安全性に対する権威が落ちてきている面があります。

全く知見のない人が危ないと大きな声で叫んだら危ないのかというと、そうでもないと思います。
そういうデータについては、私も含めて県庁は素人ですけれども、聞けばわかると思いますので、聞いてデータの信頼度をチェックしていくのが大事かと思います。

素人でも聞けば理解できるという点もあるし、そのときに情報を隠したり曲げたりしてないでしょうねと。こちらの人はこう言っている、こちらの人は違うことを言っておられる、さてどちらが正しいのでしょうかという比較は地方でできることでもあります。体質で上から下におりてくる情報というのは、往々にして誤ることにもなりかねないので、多様なデータ、意見があって、それを判断するという民主主義的な過程で物事が運ばれるような国柄になった方がいいなと思います。やみくもに拒否するのではなく、中身によって受け入れたり難しいと言ったりする。それにはなるべく客観的なデータ、情報がものすごく大事ですので、客観性のある情報をどれだけ流すか。これは我々の責任でもあろうかと思っています。


FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/04/05 19:03】 | 原子力
トラックバック(2) |  ]
 奈良県の旅館とホテルの新型インフルエンザによるキャンセル被害が、奈良県旅館・ホテル生活衛生協同組合により25日に発表された。

 それによると、今月5月16日から25日朝までに延期や日程調整も含むキャンセル(まだどうなるかわからいない)は、
修学旅行、3万4千944人、学校数は466校
 一般客、   7千636人、1354件

75施設
損失額 4億4千万円。

しかも、新規予約も例年の半数にとどまっている。奈良では感染者は未確認だが、大阪や京都、神戸など周辺地域も併せて回る客がほとんどで、その影響を受けたり、どうしても関西に行きたくない所も多いようだ。悲惨の極みだ。

 なお、荒井知事名で修学旅行をキャンセルした学校や各都道府県の教育委員会宛に要望書を出すように旅館ホテル側で知事に願ったそうだ。

 これというのも政府が新型インフルエンザが弱毒性で季節性インフルエンザと同じなのに、その恐怖をあおりパフォーマンスに使ったせいだ。どうしてくれる。われわれは自公政権のための生け贄なのか。

 どうかお願いです。普通の季節性のインフルエンザと変わらないので奈良に旅行に来てください。大阪、京都、神戸も回ってください。
 月曜から休校措置も解除されています。

FC2blog テーマ:新型インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/05/28 00:23】 | 政治・経済
トラックバック(3) |  ]
 大阪府で電車に乗るとみんなマスクをしていて、逆にしてない人は浮いてしまうそうだ。大阪府ではマスクは軒並み売り切れている。

 神戸でも同じ。奈良でもスーパーを始めとして薬局でも完売状態。周囲の府県の方は早めに買っておくことをおすすめしたい。

 ただし、奈良では電車のマスク着用は若い人を中心に1割程度。まだ感染者が出てないからだろう。実は私も買っていない。もう手遅れか(笑)。

なお、手指消毒用速乾アルコール消毒液もメーカーすべてで在庫切れ。

 大阪府、兵庫県では映画館は軒並み3割ほど観客が減って苦境の中にある。
 しかも学校はほぼ全部休校。

 奈良ではまだ休校は広がっていない。20日の検査待ちである。県内の中学、高校181校、総人員9万2,600名の内の生徒、教職員で1,117名が風邪に似た症状で休んでいる。そのうち361人が38度の発熱があり、せきやのどの痛みがある。
 鼻水、せき、のどの痛み、熱感のうち2つ以上の症状があるものが981人。

 昨日18日に全国知事会議が東京であって、北九州の高校生10数名が神戸に遊びに行って1週間の自宅待機にされた。それで兵庫県知事が「それはやりすぎだ」と苦情を述べたとのこと。

FC2blog テーマ:新型インフルエンザ - ジャンル:ヘルス・ダイエット

【2009/05/19 11:16】 | 病気流行、パンデミック
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。