上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良市はまた悪名をとどろかせた。奈良市議会で山本清議長が、天野秀治市会議員に議長選で買収行為。白票でいいから1票20万円でどうだ。現金が心苦しいのなら米でそれに見合う5年分ではどうだ。

これを断り、それを大阪地検に告発しているうちに今度は副議長も、酒井たかえ市会議員に

「ご馳走するから肉でどうですか。白票で。仲間になりましょう、票を分けますよ。」
 票を分けるとは、すごい。これある意味では現金より価値が高い買収行為。これも断った。だのに実際議長選挙をしてみたら白票が一票あった。つまりは他の議員のところにも行っていたわけだ。それで抽選になったが幸い改革派が勝ち、建設業系の最大会派が負けた。酒井たかえ議員薄氷(白票)の勝利の駄ジャレ。

 今年9月議会ではそれが明るみに出て、事前に山本清議長は事実を認めて辞職した。全国的な話題になり、大荒れとなり、建設業系の最大会派の議会控室にも大阪地検の家宅捜索が入った。元議長の御殿のような自宅や親族名義代表の建設会社にも。それで昨日9月21日の閉会にあたって下記の「奈良市議会の信頼回復に関する決議」をした。果たしてこれからどうなるだろうか。

これある人は、自民党的なものの終わりがきたんだと言った。そうなのかもしれない。

倫理条例は実はあるのだが名前だけで何も規定してない骨抜きどころか皮もない幽霊条例だ。


奈良市議会の信頼回復に関する決議


本市議会平成23年6月定例会における議長選挙にかかわって、議員による不祥事が明らかとなり、9月2日の定例会に当該議員から辞職願が提出され、議会全会一致でこれを許可したところです。

また、本市議会の議長室及び当該議員が当時所属していた会派の控室が、大阪地方検察庁特別捜査部の捜索を受けたところであります。

本市議会といたしまして、まず市民の皆様に、議会の信頼を失いかねない事態となったことを深くお詫び申し上げますとともに、全議員が、今般の事態を真摯に受けとめ、本市議会の信頼を回復するため、下記の事項について全力で取り組む
ことを決議いたします。

1 真相究明のため、大阪地方検察庁特別捜査部の要請に対し、本市議会として全面的に協力したい。

2 現行の奈良市議会議員の政治倫理に関する条例について、議員にとってより厳しい規範となるよう改正を早期に行い、再発防止に取り組むこと。

3 議会制度検討特別委員会において、本市議会の透明性を高めるため、市民に開かれた議会となるよう議会基本条例の制定に着手すること。

平成23年9月21日
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:関西の政治・社会問題 - ジャンル:政治・経済

【2011/09/22 21:44】 | 奈良の社会情報
トラックバック(0) |  ]
7月1日付で奈良市議会が政府宛ての「原子力行政の見直しを求める意見書」を全会一致で議決して提出しました。全会一致なので不備や不満な点はあるでしょうが、「再生可能エネルギーのより一層の活用など、エネルギー政策の方向性の見直しを進めること。」、脱原発へ向けての意見が入ってます。とりあえずこれで決議しました。奈良県内で最初の原子力政策の見直しを求めた意見書です。

原子力行政の見直しを求める意見書


さる3月11日に発生した東日本大震災による、東京電力福島第一原子力発電所 の事故は、広範囲にわたって大量の放射性物質の拡散を招き、平成11年の原子 力災害対策特別措置法制定後、初めて同法に基づく原子力緊急事態宣言が発令さ れる深刻な事態となっている。 事故発生から3カ月以上を経過した今なお事態収束の目途は立たず、周辺地域で は多くの住民が避難生活を余儀なくされ、さらなる長期化も予想される。また、 水道水や農作物の汚染等、広域的な被害をもたらすとともに、風評被害の深刻化 など影響は日本全体に大きく広がっている。 原子力発電所の安全性に対する国民の信頼を大きく失った今回の事態を、一刻も 早く収束することはもとより、国民の安心・安全を確保することは国の最大の責 務である。 よって国におかれては、次の事項について万全の措置を講じられるよう強く要望 する。

1 国が責任をもって一刻も早い事態の収束に取り組むこと。

2 全国の原発の安全性を改めて総点検し、抜本的な対策を講じること。

3 情報開示の徹底によって国民の健康への影響を最小限にとどめること。

4 原子力安全委員会及び原子力安全・保安院のあり方の見直しなどにより政府 から独立した機関の設置を検討すること。

5 風評被害を防止し、特に輸出品や観光などへの海外からの懸念を払拭するよ う万全の対策に努めること。

6 再生可能エネルギーのより一層の活用など、エネルギー政策の方向性の見直 しを進めること。

  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出する。

平成23年7月1日

奈良市議会


FC2blog テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/07/04 20:48】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
奈良市の酒井たかえ市議会議員が、支援者への個人メールを市議会の事務局にさらされた。

 昨年7月市民派として登場以来辛口の私でも良くやっているなと思う。
 当選半年で市側からもうベテラン議員並みですね、と言われたくらい。でも中身はまったく普通の人なので、困難な局面ではオタオタしてしまう。でもそれを乗り切り市政監視はしっかり。

 ところがである。昨日市議会事務局に行くと支援者に出したメールを示されてこんな事を書かれては困ると言われた。議会質問への添削をしたことに関してである。それは合法なのだが。ええっと困惑したがとりあえず謝った。でもよく考えればおかしい。人に出したメールをどんなことでもそんなこと言われる筋合いはない。

 どうやら他の市議が「添削している」とねじ込みに持ち込んだようだが、なんとも閑な連中で問題は山積みしているのにいやがらせ意外なにもできないのか。まあね、議会事務局の質問添削が合法だと知らないくらいだから質問したこともないのだろうか。

 なにしろ、支援者もいろんな人がいるからこういう嫌がらせに使うとは思わず軽い気持ちで転送したようだが、その転送先で他の議員に渡したようだ。

FC2blog テーマ:関西の政治・社会問題 - ジャンル:政治・経済

【2010/12/23 22:36】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
仲川げん奈良市長
 仲川げん奈良市長が、11日の市議会の一般質問の最中に、ガムをかんでいて市会議員に見つかり議長に注意された。全国ニュースとしてはこれしか出ていない。ところがなぜそんなことが起こったかということが書いてない。マスゴミの面目躍如というところだ。おかしな議案内容を追求されて緊張のあまりだと思う。ほかにのど飴も口に入れていた。

 奈良版にはその議案はさすがに報道されているが、全国的にはどうでもいい人目を引くだけのエピソードのみを取り上げている。

 ことは仲川市長にとって初となる9月定例議会。しかし33の議案の内、第105号議案がおかしいと話題になった。JR奈良駅前の駅内の自由通路につなぎ駅の東西を自由通行できるようにするための延長デッキの工事だが4億4千4百万円もの巨額なのに工事業者をあらかじめ決めて契約する随意契約JR西日本と契約する。しかも何の理由も示されていない。
 一体仲川市長はこの議案を読んでいるのだろうかとまで言われた。

 まず9月10日審議の開始だが、保守系の三浦展議員が質問した。そして11日には酒井たかえ市会議員。JR線路の近接だからJR西日本に依頼したというだけだった。

 しかし、昨日14日(月)松石聖一市会議員が新たな切り口で鋭く追求した。
 4月に奈良市とJR西日本とで協議され、2億円の工事費が奈良市から示された。それに対してJR西日本から、張り出しデッキだけでなく市が造る予定の下部とつなぐ階段も委託させてほしいという要求があり、検討することになった。
 7月10日に再協議がされ階段の設置に応じ工事費は3億円に増額して再提示した。
 ここまでは通常である。ところがである。そこでJR西日本から精査したと安全対策費を入れて5割り増しの4億4千4百万円もの金額が示されたのだ。
 そうすると奈良市は8月6日に再協議して、きわめておかしなことにその金額をそのまま受け取り8月28日には、委託契約の協定書案を決定したのだ。

 全く不可解としか言いようがない。あまりに高すぎるではないか。

 ところが仲川げん市長は、説明できる情報がないと保留した。
 松石聖一議員は、情報もないのに議案を提出したのかと問題視した。32の議案は可決されたが105号議案は、そのまま保留となった。そのため市議会は審議を延長して最終日の28日に改めて協議することになった。

 仲川市長は、
「市民感覚でなぜだろうと疑念を抱くのは当然。多くの議案があり、深く理解していなかった」と釈明の答弁をした。その後「随意契約には市民の不信感もある。より詳しい事実関係を精査し、議会に再度説明したい」と発言した。

 しかし、これはいくら何でも一般入札にすべきだと思う。近接工事といっても真上に造るわけではなくJR西日本があまりに不透明な要求をしているのだ。
 確かに制度上の要請はあるが、奈良市には鉄道工事の積算などノウハウが無く、適正価格かどうか不明なままである。とにかく一方的にJR西日本の言いなりとなっているのだ。
------------------------------------------------------------------
 ところで、松石議員は実は民主党の市会議員だ。
 民主党が推薦した仲川市長が出した案なのに、与党の民主党の松石議員があばいた、市長のメンツがつぶれた、ということなのか、民主党県連代表の馬淵すみお衆院議員が怒ってるそうで、松石議員がはた目にも困っているそうだ。民主党7人の市議会議員団の中で孤立しているとか。

 しかし、仲川げん市長は、不透明なことの多い奈良市の改革を訴えてしがらみのないことをポイントに33歳の若さで市長に当選した。松石議員はまさにそれを実行しているわけでそれを押さえつけようとしたら旧来の奈良市政と何も変わりがない。イエスマンたちで、だいじに祭り上げても改革が進んだり仲川市長が政治ができるようにならないだろう。

 藤原前市長の置きみやげではないかという意見もある。しかし、それなら問題になることはわかっているのでもっと用意しておくべきだ。
 担当課長を呼びヒアリングするなりしておくべきなのだ。
 これが問題になるとわからなかったとか、そういう点をアドバイスしてくれるように市長部局の幹部たちを使いこなせなかったというのなら、仲川市長が、市長として役人を指揮できる能力がないということになる。改革はいいけれどもその能力がないのではどうしようもない。

 それと馬淵すみお衆院議員は、松石聖一議員を排除してはならない。彼は元々社民党の市会議員で4年前に離党し、今回の市議会選挙前に民主党に入った。民主党市議団7人の内2人しかいない護憲派の一人だ。これで排除しようとするなら馬淵すみお衆院議員はただの地域ボスにすぎないということになる。

FC2blog テーマ:関西の政治・社会問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/09/15 18:52】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]


愛てんぐ
奈良さん、皆さん、こんばんは

奈良市長は風だけでなったような悪い事例のような気がします。
知識が無くても、情熱や理念があれば、経験不足でもやっていけます。
しかし、この市長はそれも無さそうで、しんどい感じがしますね。
未熟さを明らかにして、自分も勉強するが、皆の力を借りながら、育てて貰えるように謙虚な姿勢を示した方がよいように思います。

コメントを閉じる▲
 奈良市議会では、市民派議員の酒井たかえが当選したのでかなりの様子がわかる。

 護憲派が酒井たかえ、社民党の岡田さよ子、共産党7人、民主党7人のうち2人。酒井たかえと岡田さよ子が会派を組みたいが会派は3人以上。

 そしたら共産党が、大連立会派を組みませんかと声をかけてきた。
 これにはびっくり、特に社民党は奈良では同和事業をめぐり先鋭な対立を続けてきた。会派となれば同じ部屋にいて絶えず話し合わねばならない。かつての共産党から比べると驚愕の変化である。
 これを酒井から聞いた共産党支持の方は「そんなのありえない」とか言ったそうだ。ただしこの人は古くからの支持者なので最近の「建設的野党」という路線を理解していない。

 これがうまくいったらおもしろいのだが。酒井たかえは、共産党の前でそれでいいと言ったが、やはり社民党の岡田さんが、同和事業をめぐり考えに違いがありすぎると難色を示してできなかった。
 当面は、2人とも無会派一人議員でいることになる。

 民主党は、新しい人が加わり7人と増えた。しかし、増えた5人がみんな改憲派なのだ。情けない。来年の5月国民投票法施行を前にしてどうなるか。
 できたら、護憲で共同できたらなと思う。

 それと、共産党とも会派が全国の地方議会で組めるようになれたら。これは大きな力になると思う。しかし本当に唯我独尊が治ったのかな。

FC2blog テーマ:関西の政治・社会問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/08/25 18:45】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。