緊急&署名拡大集会
再稼働再考を求める緊急集会
参加呼びかけ
\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_\_

■日時:6月13日(水)17:30~18:30
■会場:衆議院第一議員会館B1F「大会議室」
■問い合わせ:荒井聰事務所(TEL03-3508-7114)

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

大飯原発再稼働問題は、現在国民の最大関心事となっています。私たちは、先般6月5日に「大飯原発3、4号機の再稼働に関し、なお一層慎重に判断することの要請」として、野田総理宛てに117名分の国会議員署名を提出しました。
しかし、総理をはじめとする関係4閣僚から正式な説明や回答もないまま、8日の記者会見において「実質的な安全は確保されている」として、野田総理が再稼働判断を表明しました。

私たちは、原発事故収束対策PTとして、4月10日付で再稼働の最低条件を提示しましたが、これらの5条件は、いまだ一つも実現されておりません。党内の合意と国民全体の理解が不十分な現状および約16万人の被災者の心情を察し、拙速な再稼働判断の撤回を求める緊急院内集会を開催するとともに、党内国会議員に対する署名賛同への呼びかけの徹底を行って参ります。
直前のご案内となりまして恐縮でございますが、ご参加の程を宜しくお願い申し上げます。どなたでもご参加いただけます。

         呼びかけ人 荒井 聰、増子 輝彦、川内 博史、谷岡 郁子
                首藤 信彦、平 智之、舟山 康江、徳永 エリ
---------------------------------------------------------------------------
1 再稼働再考を求める緊急院内集会
6月13日(水)17:30~18:30 衆議院第一議員会館B1F 「大会議室」

呼びかけ人代表 荒井 聰(衆)、増子輝彦(参)

呼びかけ人

《衆議院議員》
相原 史乃、東 祥三、荒井 聰、石森 久嗣、生方 幸夫、太田 和美、大谷 啓、岡島 一正、岡本 英子、奥野 総一郎、小野塚 勝俊、加藤 学、川内 博史、 京野 公子、工藤 仁美、黒田 雄、小泉 俊明、小宮山 泰子、
近藤 昭一、阪口 直人、佐々木隆博、篠原 孝、杉本かずみ、菅川 洋、 瑞慶覧 長敏、鈴木 克昌、首藤 信彦、平 智之、橘 秀徳、玉置 公良、 玉城 デニー、辻 恵、中川 治、橋本 勉、畑 浩治、初鹿 明博、樋高 剛、 福嶋健一郎、牧 義夫、皆吉 稲生、三宅 雪子、宮崎 岳志、柳田 和己、 山口 和之、山崎 誠、山崎 摩耶、山田 正彦
以上、47 名

《参議院議員》
相原 久美子、有田 芳生、石橋 通宏、大河原 雅子、大島 九州男、金子 恵美、今野 東、田城 郁、谷岡 郁子、徳永 エリ、中村 哲治、難波 奨二、 はたともこ、藤谷 光信、舟山 康江、増子 輝彦、松野 信夫、森 ゆうこ、 米長 晴信
以上、19 名

◎呼びかけ人 合計 66名

《衆議院議員》
石井 章、石原 洋三郎、石山 敬貴、稲見 哲男、今井 雅人、逢坂 誠二、 大山 昌宏、小沢 一郎、笠原 多見子、梶原 康弘、川島 智太郎、黄川田 徹、 菊池 長右エ門、櫛渕 万里、古賀 敬章、小林 興起、斉藤 進、階 猛、高野 守、田中 美絵子、道休 誠一郎、中野 譲、永江 孝子、野田 国義、萩原 仁、 羽田 孜、鳩山 由紀夫、福島 伸享、松崎 公昭、松崎 哲久、馬淵 澄夫、 水野 智彦、村上 史好、室井 秀子、吉川 政重、渡部 恒三
以上、36 名

《参議院議員》
江崎 孝、江田 五月、大久保 潔重、岡崎トミ子、小見山 幸治、行田 邦子、 佐藤 公治、斉藤 嘉隆、主濱 了、武内 則男、ツルネン・マルテイ、外山 斎、 那谷屋 正義、西村 まさみ、姫井 由美子、福山 哲郎、藤原 良信
以上、17 名

署名 合計 53名

署名呼びかけ人合計 : 119名
(2012/6/11 現在)

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/13 09:38】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
アイリーンです。
福井の佐分利さんからのメールを転送します。


サヨナラ原発福井ネットワークの佐分利です

福井県議会の全員協議会について、僕が得た情報をお伝えします。

(1)6月14日(木)10;00~
   知事が説明
   それに対して会派ごとに質問
   質問時間は、自民党県政会(40分)、民主・みらい会派(20分)
   公明党・希望ふくい・共産党・無所属(各10分)
   ★「この1回で終わりと決めたわけではないが…」とのことです。

(2)傍聴は認めない。
   インターネット中継は行う。

(3)メディア情報
福井県議会 14日に知事に意向伝える(NHK)
http://www3.nhk.or.jp/news/html/
20120612/k10015783561000.html


(4)それぞれの立場から知事や県議に要望や意見をお伝えいただければと思います。
少なくとも、知事は県外のみならず、県内の住民にも全く説明の機会を設けていません。

知事へのお便り
http://www.pref.fukui.jp/

福井県議会一覧
http://info.pref.fukui.jp/gikai/member/mem05.html

なお、僕たち「ふくいにあつまろう」実行委員会は、「住民と県会議員の意見を聞きあう会」を要望していました。
それに応えてくれたのは、
公明党・共産党・無所属の一人会派と、
民主・みらい会派でした。


以上です。

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/13 06:20】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
グリーンアクションのアイリーン・美緒子・スミスさんからの呼びかけです。
要請文案は「避難の権利ブログ」をごらんください。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/06/dear-friends-th.html

***********************************

お知り合いの外国のNGOの方、原発に反対している外国の市民、外国にお住まいの友達などに以下をお送りして頂けると嬉しいです。
海外の方がお住まいの日本大使館に日本の原発の運転再開をしないで下さい!の要請行動をして頂く、運転再開に対して抗議をして頂くお願いです。

「出来れば今週の13日(水)~15日(金)の間に行って欲しい」と書いてあります。

連絡先:<info@greenaction-japan.org>

☆☆転送転載歓迎☆☆

Dear Friends,

The Japanese Prime Minister Noda has announced his decision to order
the restart two nuclear reactors in the town of Ohi in the prefecture
of Fukui in Western Japan. He also claimed that nuclear energy will
remain an important source of energy for Japan also in the future,
thereby reconfirming Japans nuclear energy policy.

Despite all our efforts, despite the strong resistance in the region of
Western Japan surrounding Ohi, and despite the fact that a majority of
the Japanese people is against nuclear power, the Japanese government
is bowing to pressures of the nuclear lobby in Japan. We have tried
hard on our own, but now we believe that coordinated international
pressure on the Japan government is essential to bring on real and
substantial change. We believe that the Japanese government and the
Japanese public will react very sensitively to international pressure,
so we wish to ask you for your support to initiate and coordinate
international protest against the Japanese government.

Specifically we suggest the following action within the following days
(preferably on Wednesday to Friday this week / June 13~15, 2012):

1. Please assemble in front of the Japanese embassies in your capital
to voice your protest against the decision and policy of Prime Minister
Noda

2. Please try to submit a letter of protest -addressed to Prime
Minister Noda- to the Japanese Ambassador in your country and request
the Japanese Ambassador to forward this letter of protest to the
Japanese Prime Minister

3. Please try to seek coverage of this action by your local and
international media, especially Japanese media, as well as on the
Internet

4. Please give us notice about your planned action, so we can organize
a press event in Japan to reinforce your message to the Japanese
government.

Please note that we wish these protests to be absolutely civil and
peaceful, and to fully observe the sovereign rights of the Japanese
embassies abroad.

A draft letter of protest is attached, so you just need to sign it.

We thank you for your support.

Japan, June 11th, 2012

Hideyuki BAN, Citizens’ Nuclear Information Center (CNIC)
Kanna MITSUTA, FoE Japan
Aileen Mioko SMITH, Green Action
Daisuke SATO, No Nukes Asia Forum
Akira KAWASAKI, Peace Boat
Kaori IZUMI, Shut Tomari

Contact: <info@greenaction-japan.org>

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/13 06:13】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
みなさまこんにちは

韓国の「エネルギー正義行動」の高野です。

日本政府が大飯原発再稼動を企んでいますが、韓国に住む日本人および日本出身者が15日に日本大使館前で再稼動に抗議する記者会見を開きます。


プレスリリースと抗議文を作成したので、知り合いに韓国在住の日本人および日本出身者がいればお知らせして下さるとありがたいです。(抗議文は当日までに若干の修正があると思います)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

報道関係各位

大飯原発再稼動に反対する在韓日本出身者一同

2012年6月11日

大飯原発の再稼動決定の即時撤回を求める記者会見」のご案内


平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

報道によると6月16日にも日本政府は首相と関係3閣僚の会合を開き、正式に大飯原発3号機4号機の再稼動を決定するということです。 現在大韓民国に住む日本人および日本出身者で構成される「大飯原発再稼動に反対する日本出身者一同」は、その前日の15日午前11時に、ソウルの在大韓民国日本大使館前で、日本政府の拙速な再稼動に抗議し、決定の即時撤回を求める記者会見を開くことにしましたので、報道関係各位にご案内いたします。

日本国内だけではなく、海外に住む日本出身者も、日本に住む人々の生命と安全を脅かす日本政府の決定に怒りの声を上げ、国際的な圧力をかける必要があると私たちは考えております。また日本で粘り強く再稼動反対の声を上げ続けている市民の皆さんへの連帯の意味も込めています。ぜひとも幅広く報道してくださいますようよろしくお願い致します。


日時:6月15日午前11時

場所: 在大韓民国日本大使館前

主催: 大飯原発再稼動に反対する日本出身者一同

問い合わせ:功能大輔(脱原発新聞)+82-10-7272-1718/moglly31@yahoo.co.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

野田首相は大飯原発3号機4号機再稼動の決定を即刻撤回しろ!


野田首相は6月8日に記者会見を開き「大飯発電所3、4号機を再起動すべきというのが私の判断」と述べ、原発再稼動の意志を明らかにした。私たち韓国に住む日本人は、国民の生活を守ると称しながら、日本に住む人々の安全と安心を無視する野田首相の欺瞞的な決定に、満腔の怒りをもって抗議する。

そもそも野田首相の記者会見の内容は矛盾だらけだった。「国民生活を守ることの意味は、福島のような事故は決して起こさない」と述べた。事故を起こしたくないのであれば、再稼動をしないということが最も有効かつ最善の道であるということは火を見るよりも明らかだ。免震重要棟やベント設備が未整備で、国会事故調査委員会での事故の原因究明が終わっていない段階で、どうして原発事故の再発防止と原発の再稼動が両立するのか。

また野田首相は「実質的に安全は確保されているものの、政府の安全判断の基準は暫定的なもの」と述べた。安全判断が暫定的であるなら、どうして安全が確保されていると断言できるのか。福島原発事故が起こった要因は、安全性の徹底的な追求を怠り、実質暫定的な安全基準で原発を動かしてきたからではないのか。暫定的な基準で計られる程、私たちの命は軽くない。

さらに野田首相は、再稼動の理由の1つに夏場の電力不足をあげた。しかし専門家によれば大口契約者への節電要請や揚水発電の稼働率の上昇、自家発電利用の増大で足りるという意見もある。はなから電力の需給ギャップに対応できないと決め付けるのではなく、どうしたら原発なしで夏場を乗り切れるか、大々的な議論を通じて人々の英知を結集する努力を行うべきだ。福島原発事故のあと、原発なしで生きていくのは「集団的な自殺行為」ではなく、知恵と工夫で経済的な豊かさだけでない新しい価値を見つけようとする、現実的な生きる道だ。

また企業への悪影響や雇用の不安を理由に、夏場だけでなく、恒常的に原発を再稼動していく考えを明らかにした。しかしそれらは想定できる範囲での痛みであり、それを知恵を絞って、適切な政策を講じて軽減するというのが政府の役割ではないのか。それに対して想定を超える被害をもたらすのが原発事故の被害だ。再稼動を行えば、日本に住む人々の生命と健康を何十年も脅かし、故郷を人の住めない土地に変える原発のリスクと隣り合わせで、再び生活を送らなければならなくなる。そのようなリスクを押し付ける行為がどうして日本に住む人々の生活を守ることにつながるのか。

最後に野田首相の極めつけの妄言を指摘しておきたい。野田首相は福島の子どもや母親に対して「私は国政を預かるものとして、人々の日常の暮らしを守るという責務を放棄することはできません」と述べた。放射線の高線量地域の人々を非難させず、自主避難者に対して援助もせず、年間20ミリシーベルトの許容量を維持するその姿勢のどこに「人々の日常の暮らしを守るという責務」があるというのか。野田首相。すでにあなたはその重大な責務を放棄している。あなたの発言には人間としての良心や政治家としての矜持が微塵も感じられない。

野田首相。独断と安易な決断主義による原発再稼動決定の即時撤回を要求する。ウラン鉱山労働者や国内の労働者の被爆と健康被害を押し付ける再稼動を断固拒否する。そして日本が韓国やアジア諸国の未来への道しるべとなれるよう、原発のない社会を実現させることが、最良の政治選択であることを強く信じる。

大飯原発再稼動に反対する在韓日本出身者一同

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/13 05:59】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]
真宗大谷派(東本願寺)サイトより転載します。

http://higashihonganji.or.jp/info/news/detail.php?id=402
*******************************************


 6月8日、野田内閣総理大臣の大飯原子力発電所再稼動の表明に対して、真宗大谷派では6月12日、宗務総長名による宗派声明を発表しました。



大飯原子力発電所再稼動に関する声明

 真宗大谷派は、福島第一原子力発電所の事故以来、一貫して「原子力発電に依存しない社会の実現」を目指してきました。
 私たちは、福島第一原子力発電所の事故により、ひとたび放射性物質の拡散が起これば、取り返しのつかない事態に陥ることを、改めて思い知らされました。そして、原子力発電の「安全神話」も「必要神話」も、経済を優先するあまり、人間が創り出した闇であったことを認めなくてはなりません。
 今なお、福島第一原子力発電所の事故で多数の苦しんでおられる方がある中で、一旦停止した原子力発電所を再稼動する理由に、人のいのちよりも優先すべきことがあったのでしょうか。
 ここに、真宗大谷派は、このたびの野田内閣総理大臣の大飯原子力発電所再稼動を表明されたことに対し、強く遺憾の意を表明いたします。あらためて大飯原子力発電所はもとより、他の原子力発電所も決して再稼動することのないように、念願するものであります。


2012年6月12日

真宗大谷派(東本願寺)                 

宗務総長 安 原   晃

FC2blog テーマ:脱原発 - ジャンル:政治・経済

【2012/06/13 05:48】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]