上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 いよいよ今年も桜の季節がやってきた。でも、今年は危機の真っただ中。浮かない思いでいっぱいで花見どころではなかった。

 ところが、この花見に石原慎太郎都知事(78)が事実上の「禁止令」を出した。東日本大震災の被災者、節電への配慮から、今春は自粛すべきというのだ。しかも死者・不明者だけで2万7000人を超え、なおも経過中の大震災とその被害を戦時に例え、29日の会見で石原知事は、太平洋戦争を引き合いに「同胞の痛みを分かち合うことで初めて連帯感ができてくる」「戦争の時はみんな自分を抑え、こらえた。戦には敗れたが、あの時の日本人の連帯感は美しい」と、都民に対し、事実上の“花見禁止令”を布告したのだ。

「桜が咲いたからといって、一杯飲んで歓談するような状況じゃない」東京都は既に、花見の名所となっている一部の都立公園について、節電などのため入園者に宴会自粛を呼び掛けている。
 しかし、これは何なんだ。そんなことまで石原慎太郎氏に決められなければならない。人々の精神や気持ちの奥底まで踏み込む精神主義者。まるで60余年前の太平洋戦争での国民精神総動員法の下にあるようだ。

 今年の桜、花見ほど人々の連帯と生きる気持ち、地震、津波、原発のトリプルでの大打撃と悲酸な被害に心を痛め、自らの癒しと連帯の気持ちを思い起こせる時はない。

 石原よ、思い上がるな。人の心を土足で踏み荒らすな。私は都民ではないが、断固、花見を宣言する。みなさんはどうされるでしょうか。

3月30日の夕刊フジによると、「自粛」はすでに始まり《上野恩賜公園では、すでに「うえの桜まつり」の中止を発表。園内の至るところに宴会の自粛を呼び掛ける看板を設置。恒例のぼんぼりは点灯せず、ごみ置き場や仮設トイレもない。

 上野恩賜公園管理所の渡辺裕チーフは「来園者の反応は、『こういう時だからこそ、盛り上がりたかった』という声と、自粛は当然という意見の半々。例年は朝から場所取りで大にぎわいですが、今朝(30日)は1組だけでした」と話す。

 上野公園をはじめとする都立公園では、飲食を伴う花見自体は禁止しないが、アルコールが入り、過度に盛り上がっている団体には、ガードマンが自粛協力をお願いするという。千鳥ヶ淵緑道のライトアップや、国立劇場や靖国神社などのお花見イベントも中止が決まっている。》

http://news.www.infoseek.co.jp/
topics/society/n_ishihara_shintaro__
20110330_2/story/30fujizak20110330000/
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:震災救援・復興 - ジャンル:政治・経済

【2011/03/31 08:46】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]


匿名
ファシストですから…。落選しろ、クズ。

Re: どうも不自然ですよね
奈良たかし
> 原発の影響を心配してる人がたくさんいるのに、福島県まで行って原発推進発言をした石原都知事の行動こそ自粛して欲しかった。
>
> 花見自粛のレベルじゃないでしょ。
> 時期が悪すぎる。あまりにも現地の人の気持ちを考えていない。
この人の言動を見ていると人の痛みを考えろというのが無理なのかもしれません。でも言います。この災害に原発事故。自分たちのせいでもないのに、ひどいなかで毎日を懸命に働いている。ささやかな楽しみさえも精神的に禁じようとするとは。人の痛みというものを考えたらどうなんだ。

どうも不自然ですよね
maigodai
被災した人達は、きっと花見を自粛されても嬉しくないでしょう。

原発の影響を心配してる人がたくさんいるのに、福島県まで行って原発推進発言をした石原都知事の行動こそ自粛して欲しかった。
http://ow.ly/4ri4B

花見自粛のレベルじゃないでしょ。
時期が悪すぎる。あまりにも現地の人の気持ちを考えていない。


コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。