上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 オバマ大統領は、5月2日にルイジアナ州のメキシコ湾岸の原油流出現場を視察した。オバマ大統領は州知事や沿岸警備隊から1時間にわたり現場対応の説明を受けた。そして過去に前例のない規模で環境汚染を引き起こす可能性があると発表した。同日事故現場に近いルイジアナなど南部4州は非常事態宣言を出した。

 ということなのだが、今回の原油流出は世界でも例がないものだ。というのはこれまでは原油の貯蔵所やタンカー座礁による流出事故はあった。それでも途方もない被害が出た。しかしこれは、4月20日の英石油大手BPの海底油田掘削施設の11人が行方不明となった爆発で流出が続いている。当初は施設に残存していたものと見ていたが流出が続き、事故時に油井を自動遮断する装置が働かなかったもようだ。

 そのため、1,500mもの深海での海底油田の爆発事故で油田そのものから原油が流出している。深海での流出阻止作業は難航している。1日あたりの流出量は5,000バレルでこの勢いが続けば、50日強で過去最悪の流出事故とされるアラスカ沖事故の流出量(約26万バレル)に並ぶ。1日当たりの流出量は2万5,000バレルに上るとの報道もある。原油が流失した海域が東京都の面積の5倍近くにあたる9,900平方キロメートルに達した。

http://dailynews.yahoo.co.jp/
fc/world/gulf_of_mexico_oil_spill/


 アメリカの国家的な非常事態だと思う。
 いったいなぜオバマ大統領がこれまで放置してきたのか理由がわからない。

 この海底油田は昨年9月2日に英BPが世界有数の海底油田を発見したと発表したものと同一らしい。

http://www.afpbb.com/article
/economy/2637312/4527495


◎緑色の矢印のところ

大きな地図で見る
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:オバマ大統領・政権 - ジャンル:政治・経済

【2010/05/03 19:32】 | アメリカ
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。