上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊谷ブログより転載

千葉市長熊谷俊人氏 千葉市長選で民主党推薦の31歳の2年間の市会議員の経験しかない熊谷 俊人さんが、5万3千票あまりの差で前副市長を破ってみごと当選した。
 これは、最大の原因は、前市長である鶴岡啓一前市長(69、自民推薦、公明支持)が収賄で起訴されて辞職。
 そのとき副市長だった林孝二郎候補が責任があると判断されたこと。
 また森田健作知事の当選後に県民を裏切るいい加減さと、自民党のあまりの政権担当能力が無くて見放されたことが相乗して今回の当選につながったと思う。

 これで、名古屋、さいたまの両市に続き政令指定都市市長選3連勝だ。

しかし、写真を見ても本当に若い。今日は議会の会派にあらためて挨拶したり大変だったようだ。順調にスタートを切った。

 だがおごらずしっかりと国民の政策を実現するため働いてほしい。
 政令指定都市は、名古屋市など、都道府県と並ぶほど比重がある。その゛政治的な力を高めて、しっかりと発言してアピールしてほしい。 格差社会をなくす。福祉と生活保護をきちんとして、貧困の罠に落ち込もうとする人を救いあげてほしい。財政難でもできることはある。

 

千葉市長選確定得票数

 

候補者名

確定得票数

 

推薦

当選

熊谷 俊人170,629無新[民] 
 林 孝二郎117,560無新[自][公]
 結城 房江30,933共新 
     
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/06/16 23:27】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。