上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 みんな弾圧とか抑圧には直接あったことがない。だからなかなかピンとこない。

 でもナチスが台頭したときにはこんなことがあったと逸話で語られている。

 「となりのユダヤ人のおじいさんがナチスの突撃隊員に殴られていた。でもあのおじいさんは金貸しで悪評だからと何もしなかった。
 そして街中のユダヤ人が連行されたが関係ないと思っていた。

 近くのジプシーの家族がある日ナチス党員に脅かされ消えていた。でもあの人たちは放浪の民で盗みもするといわれてたから何もしなかった。

 近所の男の人が連れ去られて二度と帰ってこなかった。でもあの人は共産党員だし、国会に火をつけたのだし私とは違うと何もしなかった。

 障害者の人が連れられて行った。でも私とは関係のない人なので何もしなかった。

 やがて戦争が突然布告された。ドイツ人が迫害されているのだからしょうがないと思った。

 息子が戦争に行ったが二度と帰ってこなかった。そして空襲で家は焼け出された。やがて焼け野原の中で敗戦となった。どうしてこうなったのだろう。」

 小沢一郎は灰色の人だから。
 戦略面でやめるべきだ。
 何か裏でやっているから。
 検察に逆らってはいけないから。

 そうだ、あなたには関係がないからなのだろう。でも形式犯でそのひとや関係者だけ逮捕されたりしたらもう戦略上などとは言えないはずだ。私も別に民主党支持者ではない。でもおかしいと言わねばならない。検察には逆らったらいけないなどと書いた人がいた。そんなことはないでしょう。言っとくけどいまは江戸時代ではないのだ。

 小沢一郎だからいいのか。小沢一郎だから自分には関係がないのか。

 検察のリークの情報で小沢一郎の疑惑など新聞に洪水のように載せられている。しかし、秘書の請求書が発見されたというのは後で間違いだと気がつかないくらい小さく載った。
しかも警察出身の、漆間巌官房副長官が、西松建設の巨額献金事件が「自民党に及ぶことは絶対にない」と明言する。これで民主主義の危機を感じないのでしょうか。

 だいたい岩手県に新聞の支局はないのでしょうか。いたら小沢とかつて自民党時代は仲が良かった業者は、小沢一郎がいっさい公共建設予算に手を触れなかったため破産し、のちに主導権を握った業者は政治離れしたことくらいわかるはずだ。

 ダム疑惑などちゃんちゃらおかしい。野党党首が現時点の予算配分に何ができるというのです。将来の保険に献金したというのならただの政治献金だ。記載を誤ったのなら訂正すればいいだけなのだ。現にこれまでそうしてきた。今回だけなぜ今の時期に狙い撃ちする。

 大阪駅周辺はビラをまくと駅前の曽根崎署から警官が飛び出してきてやめさせる。しかも法的根拠は何もない。やめないと私の知り合いは服をズタズタに破かれました。それは80年代のことだ。それから反原発運動の盛り上がりなどあったときだけ規制が弱まったのか主婦層などまいていました。実は60年代はここはビラまきのメッカで10日以上24時間まいていました。そういうこともできなくなりました。

 東京では、最近1月16日に「麻生を倒せ!ないかくだとう」実行委員会が新宿東南口広場で麻生内閣について現実の状況や批判を述べる演説をちょっと行っただけで、すごい数の警官やパトカーが押し寄せ逮捕すると言われました。これも関係がないのですか。
http://minnie111.blog40.fc2.com/blog-entry-1398.html

 かつて自民党幹事長時代権力の中心にいました。でも少なくとも今は新自由主義からは手を切ったようだ。そういう人が検察の弾圧にあう。国民として黙ってみているのか。アメリカの政策や日米のあり方に異議を唱えたことが大きいとはだれしも感じることだ。ものを言う政治家はいけないのか。政治家がアメリカの言いなりになっていると文句を言ってなかったか。

 百歩譲ってあまり好きな言い方ではないけど、そういう弾圧にあった人や政党が政権を取るのはとてもいいことでよく人々の気持ちがわかるはずだ。

 すべての手をこまねいている人よ、小沢一郎への弾圧に、国策捜査に抗議してください。どうかあれこれ言って「何もしなかった」人にならないでください。
 私たちは権力の弾圧には例えだれであっても手を差し伸べる必要がある。彼らの次は私たちが弾圧にあうのだ。

内閣官房副長官 漆間 巌 (うるま いわお)

http://www.kantei.go.jp/jp/
asodaijin/080924/21uruma.html

 なぜ、請求書があったなんて知ってるんだ、どうして捜査の見通しがわかるんだ。あんたたちで相談してやってるのが見え見えだ。

違法献金事件、自民に拡大せず=政府高官が見通し(時事通信 3月6日)

http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2009030600011

 政府高官は5日、西松建設の違法献金事件に関する東京地検特捜部の捜査が自民党の議員にまで拡大することはないとの見通しを示した。その理由について政府高官は「(小沢一郎民主党代表の逮捕された公設第1秘書の場合は)西松建設への請求書があった」と指摘した。ただ、小沢代表は「不公正な国家権力の行使だ」と検察批判をしていることから、捜査の見通しを示した政府高官の発言が反発を招く可能性もある。

西松建設OBが代表を務めていた政治団体からは、自民党二階派や森喜朗元首相、尾身幸次元財務相らが献金を受けたりパーティー券を購入してもらっている。(2009/03/06-00:25)
---------------------------------------------------------------
元日経記者宮崎信行氏によると。
http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/e/a4b49c927aed5a22c0e19db289b86b53
首相官邸と内閣記者会は、記者会見ではなく「懇談」形式の取材の際に

 政府首脳=官房長官
 政府高官=官房副長官(事務)
 首相周辺=総理秘書官

との主語で報じることになっています。「懇談」の席上、本人がOKした場合は、実名で報道できることになっています。

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/03/07 19:45】 | 政治・経済
トラックバック(2) |  ]


山梨の鈴木
あなたのご意見に全面的に賛成します。
今の小沢一郎をめぐる政治状況に大変危機感を持っています。あなたのようにうまく表現できないのが残念です。
民主主義と日本が危うい状況にあります。
なんとかしなければ、という思いでいっぱいです。

2.26
北条高時
とくそうが
専制をして
世は終わる

逮捕とは
時間をかけて
殺すこと

記者クラブ
酌婦茶坊主
居るばかり

昔、陸軍
今、とくそう


のののの
ごもっともです。
おそらく貴方は私と政治的主張を全く事にすると思うし、多分貴方自身、小沢一郎という人間はもともと大嫌いだったんではないかと思います。
それでも明らかに不当な政治的弾圧は見過ごせないという意気には全面的に賛同します。

まあやるといっても大したことは出来ない。
検察に抗議メールでも送ればいいのでしょうが、この国が本当に法治国家なのかすら疑わしくなったこの状況では怖くて踏み切れない。
せめてブログや掲示板にレスを付けるくらいの事しか出来ませんが。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。