上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 国策捜査を指揮する漆間巌内閣官房副長官は、警察長官時代に警察報償費問題でも大きな動きをしている。捜査報償費というのは捜査協力者に対して支払われるお金で、捜査には必ず必要でかなりの予算が付いている。ところが、全国の警察で、警察報償費は、赴任した国家公務員である警察署長たちの食い物にされていた。
 この署長たちは、キャリアの若手たちの地方回りで、やがては警察庁の幹部となっていく。しかし、おかげで現場の警察官は捜査に使うお金がなく苦しんでいる。中には金のねん出のため不正行為に走る者まで出た。

 以下は2003年に当時テレビ朝日の「ザ・スクープ」で鳥越俊太郎氏が行った北海道警察の裏金問題について述べたものである。

警視庁の元会計職員の大内顕さん…の証言により、旭川警察署がどういった手口で裏金を作っていたかが明らかになりました。

 大内さんの証言によれば警察署の領収書は2枚つづりになっており、1枚は見本。会計職員はその見本通りに誰かになりすましてもう1枚にサインをする。本来はサインした人物に報償費が支払われるべきなのですが、実際はその報償費は裏金として警察にプールされるわけです。
(略)「裏金はすべてマネーロンダリングです。領収書を偽造することによってマネーロンダリングし、何に使ってもよい現金に変えてしまう」

 国レベルでは捜査費、都道府県レベルでは捜査報償費というんですが、(当ブログ注:国予算で付くものと、県予算で付く予算の項目名称の違いの意味)その金が捜査のために使われず、書類偽造という手段によって、100%裏金に変えられる。その金は現金として金庫の中にプールされ、飲み食い、官官接待、ゴルフ代、幹部研修費と称する警察幹部のポケットマネーとして使われる。金を管理し、実際に使うのは課長や署長で、裏金作りの実務を担当させられるのは係長です。

 署長が転勤する時には、金庫の中に残った何百万とか一千万円といった金は一代限りとして署長が全部持って行ってしまう。現金ですから、何に使っているかも分かりません。

 領収書を偽造して国ないし都道府県から金をだましとるという意味では、これは詐欺罪です。ポケットに入れてしまうことは業務上横領です。文書を偽造しているから、公(私)文書偽造、同行使でもあります。裏金で家を建てた者もいるそうですから、脱税でもあります。裏金は所得として申告されていない金ですから。そうした重大犯罪を、警察は組織的に長年にわたって続けてきたのです。
(下記参考資料から)


(官邸HPから引用)
0809iwao-uruma.jpg
 国民の血税を、捜査用報償費なる名目で裏金化し、警察幹部が組織的詐取・流用していた。これは全国的にも問題になりました。しかし、ついに犯罪としては追及できず、不適正な会計支出であったと反省するだけで矮小化して終わりになった。その時消火役として大きな役割を果たしたのが当時の漆間警察庁長官だ。

 北海道警察の次は、当時の浅野史郎・宮城県知事が同県警の捜査用報償費の予算執行を停止した。 それを受けて、漆間巌警察庁長官は2005年6月30日、定例の記者会見で、浅野知事について 「言語道断」と強く批判した。

警察庁の漆間巌長官は30日の定例会見で、宮城県の浅野史郎知事が県警の捜査用報償費の執行を停止した問題に触れ、「一線の捜査活動に大変な支障が生じている」「知事は、県民の安全、安心を守るという治安責任を果たしていないのではないか」と厳しい口調で非難した。

 元県警幹部が昨年4月、不正な裏金があったと告発した直後、県警が内部調査に乗り出し、今年4月、「不適正な執行はない」とする結果を発表した。

 これに対し、知事は、報償費を払った協力者について、会計書類に記載した氏名を黒塗りせずに提出するよう要求。県警が拒否したため、6月27日から、今年度の報償費約2,300万円のうち未執行分約1,600万円の支出を取りやめている。

 この日の会見で、漆間長官は「知事は、今の警察制度が、政治的中立性を担保することで成立しているのをご存じなのか。知事は公安委員会を所轄しているが、警察の運営に介入できない仕組みになっている」と指摘した上で、「協力者に関する文書を見せろと言っているが、これはまさに警察活動全体への介入そのもの」と痛烈に批判した。

 また、「協力者の保護は捜査の大原則で絶対、譲ることは出来ない」とする一方、会計文書の黒塗りについては、「(知事や県の監査委員が)直接、会わないということであれば、(黒塗りは)必要ない」などと妥協の余地があることも示唆した。

(2005年6月30日19時36分 読売新聞)阿修羅掲示板から引用
http://www.asyura.com/0505/
nihon17/msg/140.html



 しかし、当然漆間巌警察庁長官は実情をすべて知っていたはずだ。しかも北海道の問題ではこの後に政治家への警察力での威圧事件を起こしたと、最近報道された。

北海道のケースを追及・告発した民主党の鉢呂吉雄元国対委員長や中井洽元法相らが、当時の村田義孝国家公安委員長らに対し、問題の真相究明などを申し入れたのは04年12月のことだった。
 当の鉢呂氏が振り返る。
「私たち民主党の調査チームは村田氏に続いて警察庁長官だった漆間氏にも面会しましたが彼はその時、
「(裏金だという)証拠があって言っているのか」
、となかなか強気でした。捜査2課長の経験があると言うので、
「その当時、裏金に手を染めた経験はありますか」と聞くと、落ち着きをなくしオドオドしていたことを覚えています。」

 鉢呂氏は後に衆院内閣委員会でも、「「(面会時に漆間氏は)こういうもの(裏金問題)を出すものは、警察に悪い感情を持っている、警察を批判する人たちが言っている話にすぎない」という言い方をした」と追及。これに対し、長官だった漆間氏は「単にウワサでこういう話が出ているとかそういう話だったものですから(中略)その趣旨で申し上げただけにすぎません」と釈明している

「狙われているぞ」と忠告

 そして05年9月の郵政解散・総選挙で"異変"が起きた。選挙期間中、鉢呂氏周辺に警察の影がチラついていたというのだ。
「ある郵便局で支持を訴えた後でした。警察が聞き込みに来たという情報が耳に入ったのです。そればかりか、支持者を集めた懇親会の後に、会場になった店に警察が聞き込みに来たことも聞きました。こんなことは議員生活で初めてです。以前、知り合いの法曹関係者から『(警察に)狙われているぞ』と忠告を受けていたのですが、その通りでしたね。」(鉢呂氏)
 警察当局の不祥事を追及したことが、その政治家の選挙違反の有無を調べる"不可解な捜査"につながったとすれば、見過ごすことのできない嫌がらせだろう。
「サンデー毎日」2009年3月29日号「漆間官房副長官の黒い身上書」



 漆間巌氏は、この報道では警察防衛のためには手段を選ばず警察権力を乱用している。今回の国策捜査と見比べてみると、やり方がこの拡大版であることがはっきりとする。
 昨年の麻生邸ツアーの時に、公安警察を手足のように動かし、3人を何も罪がないのに逮捕できたのは、犯罪としての摘発から守った警察庁幹部に強い影響力がこの時以来あるからだと思う。

 このような人が内閣人事局長まで兼務して官僚の闇権力の王国を作っていいものだろうか。さっさと官房副長官も引退願いたい。


◎参考資料
『おかしいぞ!警察 検察 裁判所 市民社会の自由が危ない』魚住昭 大谷昭宏 斎藤貴男 三井環(創出版刊)


 闇権力とよぶのはただのバカ陰謀論なので困っています。でも現に国民主権者に付託され管理されないどころか、独立して国民を操作しようとする権力意思がある。これが検察、警察やマスコミまで参加して広がりを見せています。やはり独立権力と呼ぶべきなのでしょうか。
-------------------------------------------------------------------
 なお、警察ほど地方での宴会・酒席が盛んなところはないとあくまでも噂ですが聞きます。そんなにバックマージンがある職場でもないはずなのにどこからそんな金が出ているのか以前から不思議に思っていました。これは幹部がくすねた捜査費・捜査報償費のごく一部が裏金作りに協力した会計職員中心に現場におこぼれとして流すための宴会なのではないかという感じがしています。もちろん不満抑えのためですが。署長や部長がおごっているように見えても実際は裏金から出ているのです。その一部のせいで幹部と現場警察官との間に一蓮托生の共犯関係のようなものが成立してしまうのです。

 幹部たちの宴会も盛んで、2000年1月28日に新潟県で9年2ヵ月間長期拉致監禁されていた少女発見時に戻らず接待を続けた時も新潟県警本部長による新任関東管区警察局長の歓迎賭けマージャン宴会でした。これも自腹ではなかったのでしょう。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/03/29 02:38】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]


負け組みの矜持
漆間巌官房副長官が愛知県警察本部長時代(1996年8月20日~1999年1月8日)に「捜査費」(国費)で宴会を開いています。これは罪にならずにほったらかしです。以下は領収書です。

http://incidents.cocolog-nifty.com/pdf/sousahi.pdf

これは氷山の一角で、ほかにもやっているのではないかと思われますね。

コメントを閉じる▲
(官邸HPから引用)
0809iwao-uruma.jpg 内閣官房副長官(事務)が、内閣人事局長まで兼務することが決まった。そもそもこの内閣人事局長というのは官僚の人事を握ってしまう。600人に及ぶ幹部職員の人事も左右する。しかもそれを防衛庁(当時)の情報機関の室長までした情報官僚で国策捜査を指揮する漆間巌氏が兼ねるのだ。

 これは恐ろしい話だ。

 漆間氏は人間的には小人物だ。それはわかっている。
 しかし、戦争狂みたいなブッシュ前大統領だって、一度にA4一枚のことしか理解できないからとまとめさせていた知性のない小物だった。
前回まとめたものを読んでほしい。
http://isiki21.blog45.fc2.com/blog-entry-200.html

 それと、下記はこのことについての報道である。

●(日刊ゲンダイ2009年3月25日掲載)

あの漆間官房副長官が霞が関のドンになる悪夢
*いつのまにか内閣人事局長兼任へ
 西松建設違法献金事件で「自民党には捜査は及ばない」と口を滑らし、袋叩きに遭った漆間官房副長官。少しはこたえて、おとなしくしているのかと思ったらとんでもなかった。来年4月に設置される「内閣人事局」の局長ポストでもチョロチョロと動き回っている。大暴言のあとは公務員改革潰しにシャカリキなのだ。

内閣人事局長は霞が関の幹部600人の人事を左右する強力なポスト。自民党の改革派は政治主導で各省庁の抵抗を抑えつけるために、『内閣人事局長は事務次官以上の位置付けで新ポストを設置』という方向性を出していた。新局長は民間人という話も出ました。ところが、今年1月に『事務の内閣官房副長官が兼任』という案になり、それが押し戻されると、3月には『事務次官レベル』に格下げになった。スッタモンダの末、またまた官房副長官の兼任に戻るドタバタです。この流れをつくったのが官僚トップの漆間。政治家やその息のかかった民間人に人事権を奪われたくない霞が関の後押しも受け、強硬に官邸に働きかけたのです」(与党関係者)

自民党の中馬弘毅行政改革本部長は「副長官クラスの独立ポスト」に押し戻そうと麻生首相に直談判したが、のれんに腕押し。漆間の“毒”が回っている麻生は23日に事務の官房副長官が兼務するよう河村官房長官らに指示。31日に閣議決定し、国会提出という運びになる。

「本来、官房副長官の役割は政策面での官邸サポート。ところが、警察官僚の漆間は政策調整などにはまったく興味がなく、関心は人事だけ。当初から初代人事局長をやるつもりでいたのです。16日の会見でも『政治家を内閣人事局に入れるべきではない』と何度も口にしていて、この頃から自分の兼任という落としどころを想定していたようです」(永田町関係者)

西松の一件でクビが飛んだっておかしくはない漆間に仕切られている麻生官邸は、改めてどうしようもない。[2009年3月28日10時00分]



 実は、もっと問題は大きなもので事務の官房副長官は官僚のトップで、その副長官が人事権まで一身に握る。こうなると官僚の闇王国が出来上がる。官僚を政治的に動かすのも難しいほどになる。
 それに漆間巌のような「情報官僚」の道を歩んできた人がつけば、政治家を超えた力が振るえる。検察や警察を従えたやりたい放題になるのではないか。漆間巌はいつまでも副官房長官ではない。しかし彼をその「情報官僚」の道に進めたように、代々「情報官僚」として育ってきた人間が付けば私たちの民主主義は大きく損なわれる。

 しかも過去にも警察の裏金問題で国策捜査の原型となるような動きをしていることがわかった。
そんな人がなればこのままでは警察検察国家へまっしぐらだ。これは続けて書く。

FC2blog テーマ:検察・警察の腐敗 - ジャンル:政治・経済

【2009/03/28 23:43】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。