上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八ッ場ダムに反対し、八ッ場のよりよき未来を拓くための活動を続けている八ッ場あしたの会が参院選アンケートを実施して公開しました。その中で昨年8月に結成されたみんなの党に、今回初めて公開アンケートを送付し、〆切後の6月25日に回答が届いたそうなのですが。

 実に驚くべきことに、下記の通りみんなの党が八ッ場ダムの事業推進を表明したのです。


http://yamba-net.org/modules/news/
index.php?page=article&storyid=947


八ッ場ダム事業には、事業の目的、安全性など様々な問題がありますが、費用便益計算によって事業継続の可否の結論を出すべきとしており、どのような前提条件で費用便益計算をしたのかは不明ですが、関連事業を継続し、本体工事を着工するとしています。本体工事の着工を支持しているのは、自由民主党とみんなの党という結果でした。



 みんなの党は官僚政治からの脱却を唱え、民主党の事業仕分けに対しても、表面的な変更にすぎないから無駄を絞れず財源を作れない、事業全体の本質的な組み換えと変更をしなければならないと言ってます。当然公共事業にももっと大きくメスを入れるべきと主張しているのです。それ自体は理解できます。

 それが、無駄そのものというべき八ッ場ダム計画の事業推進を表明するとは。言ってることと、やっていることが、180度違うではないですか。本体工事の着工を支持したのは自民党とみんなの党だけです。自民党が化石と化して古めかしい愚かしい本体工事して作るべきだというのはある程度筋が通っていてわかりますが、そういう古い政治を批判しているみんなの党が、言うとは。呆れてものが言えません。

 この党がやはり偽物だという何よりの証拠ではないでしょうか。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:2010参院選 - ジャンル:政治・経済

【2010/06/27 14:04】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
(大阪府ホームページより引用) 
橋下大阪府知事
 橋下大阪府知事が職員全員に出したメールに対する、職員からの反論批判メールに激怒して職員を厳重注意しましたが、その橋下知事のメール内容をほとんど載せません。
 読売新聞だけが取り上げていますが、
「府が約380億円の損失を被った紀の川大堰(和歌山市)事業を巡り、「恐ろしいくらい、(職員の)皆さんは冷静です。民間なら、組織あげて真っ青ですよ!」などと、公金に対する意識の低さを指摘した。」

 女性職員は、
「このメール配信の意味がわかりません」「文も論理的でなく、それなりの職についている人間の文章とも思えません」と知事に返信。「愚痴はご自身のブログ等で行ってください」「(この)メールを読む時間×全職員の時間を無駄にしている」と返したのです。

 橋下知事のメールはあまりに情緒的で信じがたいほどレベルが低い。これでも知事の出す文書なのでしょうか。
紀ノ川大堰
 確かに紀ノ川大堰なんて無駄の極致の存在で、関西空港開港による泉州開発で水需要が増えて2003年には1日15万トンも不足するだろうという予測の元に、大阪府も要望して国が計画した河口堰で法的には多目的ダムです。1日2万トンの水利権を得るために1,028億円の全事業費の内、大阪府は380億もの事業分担金を拠出したのです。しかし、こんなのは笑ってしまうようなずさんな予測であり、たちまち水あまりで困ってしまい、2009年度末の大堰完成を前にして年間2億円の維持管理費負担と新たな水道施設整備費を避けるために、水利権を放棄したのです。結局は380億円の分担金はすべて無駄金になり消えたのです。

 その意味では全国の無駄なダム公共事業の問題のひとつであり、そういう批判点と視点をきちんと持たねばなりません。関西空港を関西復興への起爆剤などと言って大規模施設づくりによる周辺喚起など発想はあまりに時代遅れで、関経連など既存の既得権者のためにだけあるような計画で、財政の浪費ばかり積み上げるだけのものです。

 それには、こういう情緒的なメールではなく、箱ものと大規模施設つくりと開発優先の府政のあり方を考える事が必要で、あまりに愚かなメールのばらまきではすみません。府民の生活基盤を整備して、研究体制と大学の連携をバックアップして、起業や東大阪の町工場の連携による人工衛星まいど1号誕生に象徴されるように、内発的な力を整えねばなりません。

 しかし、橋下知事はWTC府庁移転と福祉事業切り捨て推進に象徴されるように、なんらそういう改革を進める姿勢がありません。

 そういう自身を省みることなく独裁的な弾圧だけする。大阪府政はまともな方策は今後できないでしょう。確かに少し言葉使いは悪いですがこういう事を言ってくれる職員は貴重だと思います。

橋下知事、批判メールの女性職員に厳重注意
10月8日12時54分配信 最終更新:10月8日12時54分 読売新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091008-00000621-yom-soci

 大阪府の橋下徹知事は8日、全職員に一斉送信した知事メールに対し、批判する返信をした保健所勤務の40歳代の女性職員と、上司の所長(管理監督責任)を厳重注意処分にすることを明らかにした。

 橋下知事は1日夜に全職員に送信したメールで、府が約380億円の損失を被った紀の川大堰(和歌山市)事業を巡り、「恐ろしいくらい、(職員の)皆さんは冷静です。民間なら、組織あげて真っ青ですよ!」などと、公金に対する意識の低さを指摘した。

 これに対し、この職員は「このメール配信の意味がわかりません」「文も論理的でなく、それなりの職についている人間の文章とも思えません」と知事に返信。「愚痴はご自身のブログ等で行ってください」「(この)メールを読む時間×全職員の時間を無駄にしている」などと記した。

 橋下知事は府庁で報道陣に対し、「上司に対する物言いとして非常識。民間ならあり得ない」と怒りをぶちまけ、「府民の代表に物を言っている自覚が足りない。どこかでけじめをつけなければいけない」と、処分の理由を説明した。


FC2blog テーマ:関西の政治・社会問題 - ジャンル:政治・経済

【2009/10/09 18:04】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]


gingin1919
このインチキ弁護士知事は、マスコミを利用しまくってますね。
 メールの件では職員をイジメてますが、自分に都合の悪い事は泣いてごまかすという最低な行為を平気でやってのける悪人ですよ。

報道姿勢にも問題
pm
この独裁知事は、自分の「くそやろう」発言を棚にあげて本当に、よくこんなことができますね。
公職のトップにある人間なら、公の場で「くそやろう」と言っただけで、ほんとうは辞職に追い込まれるはずですよ。
これには、タレントをちやほやするような、マスコミの報道姿勢にも大きな問題があります。
市民の目の高さから、この男の福祉切捨て、開発優先の問題を徹底的に追求してこそ、マスコミの存在意義があります。

ただの統治能力の欠如
見っかっちゃった
ブログ管理ご苦労様です。

まさに同感至極です。

 マスコミを利用して身内の職員批判をぶち上げる。「ボクはいじめられてます。だけど正しいでしょ。だから応援してね。助けてね。」と、自身できちんと内部教育も組織体制の構築もできない統治能力の欠如を棚にあげ、他人に同情を乞い、愚痴っているだけ。ダダっ子の単なる恥さらし。「あり方」も「ふるまい」もおよそリーダーとしてのものではない。

 でもまあ、大阪府民には大人気らしいから、しばらくは大阪で「自己満足」政治を好き勝ってやってなさい。「あり方」も「ふるまい」もおよそジャーナリズムのものではないマスコミも喜ぶでしょう。

 ただし、その手法がいつまで持つかですが。


愛てんぐ
奈良さん、皆さん、こんばんは

女性職員は返信メール、府庁内での抗議をしたのを、マスコミに公表するなんて、言語道断のやり方です。
マスコミを使って、平職員を血祭りに上げて、職員を思い通りにする、独裁者ですね。
弱者がマスコミを使って、強者が捻り潰す、こんなやり方をするから、橋した知事は人望が無く、職員に信用されていません。
マスコミは視聴率をとる橋した知事には協力的で、否定の意見は出ません。
朝ズバでは、女性職員の声も聞かずに、上司に楯突くのは許せないとして、職員を一方的に断罪していました。
予算の使い切りやお上の体質など、官僚制度が問題であって、情緒的なメールで公金の意識が希薄さが治るはずがありません。
全職員への一斉メールは、橋した知事の怒りの捌け口にしか思えませんね。
頭を使って、有能な公務員を上手く使わないと、個人攻撃や弾圧をしていても支持は得られません。

コメントを閉じる▲
 小沢一郎が、1994年に自社さ政権が成立して野党になった以後、公共工事での国への影響力はなくなった。しかし、大きな影響力のあるものが残っている。それは小沢一郎と新進党が擁立した二代にわたる岩手県知事である。このうち増田前知事は現在、総務相で入閣している。達増拓也知事は現職である。この岩手県知事への公共事業の働きかけというのが、小沢一郎に残された唯一のルートなのだ。

 しかし、増田前知事がそういう働きかけがないと今回、地方紙「岩手日報」で証言した。

●増田寛也 1995年~2007年 任期満了により退任(四選不出馬)  岩手県知事新進党幹事長の衆議院議員小沢一郎に担ぎ出され、官僚を辞して立候補。ただし1999年 同再選以後本人の発言では「知事の2期目からぎくしゃくして、話す機会はほとんどなかった。そもそも、行政運営には関与しない-というスタンスだったと思う」

●達増拓也 1996年(平成8年)の第41回総選挙に新進党から出馬して初当選。当時「小沢チルドレン」のなかでも小沢の最側近。
2006年4月8日 - 前増田知事不出馬で立候補、(無所属・民主党推薦)当選。

 たしかに増田前知事とは2期目から関係は悪くなった。増田知事は任期前半に公共投資を積極的にしている。後半は小泉政権による公共事業縮小の時代で、うってかわって2003年の選挙で、「2年で公共事業を30%削減する」との公約を掲げて3選を果たしている。しかし、仲が壊れたのは2期目の始め頃なので、公共投資削減が小沢との仲が悪くなった原因ではない。

 しかし、関係の良好なときも、公共投資をめぐっての働きかけは、できるときでさえしてないのだ。
 今も関係は復活されていないはずなので増田総務相が嘘をつく必要はないと思う。
-------------------------------------------------------------
追記(09年3月14日)
 少し言葉が足らず理解できなかったみたいなので追記しておく。

 もちろん政治家が仮に知事にあいさつに行って"特定の業者名"を上げてよろしくと言ったら問題だ。

 しかし、そんな下手なことはしない。現実に訪問すらしてないようなのでこれもないが、通常のあいさつと政治状況などの意見交換をした後で、最後にたとえば「県内の中堅ゼネコンでも仕事が無いようなのでご配慮願いたい。」と一言だけいう。それで企業名は出さず帰る。これはただの県内の状況を見ての政治的発言だ。

 しかし、直後に中堅ゼネコンの業者が秘書担当課室にあらわれ、「アポはとっていないが政治家の○○先生の紹介だ。知事に面会したい」と言うのだ。5分ならと許され、そして県内の中堅ゼネコンが困っているので何とかお願いしたいと知事に訴えるのだ。これは何ら法律的に問題にはならない。
 翌日かその週にアポを取って訪問してもいいのだ。
 すべて偶然にすぎない、ということになる。

 というやり方をする。前知事の増田総務相はそういうことがなかったといっているということなのだ。現内閣の一員がそういう証言をするということは軽いことではないと思うが。

 知事が、業者に会うのだろうかと思われる方もおられるだろう。答えは合う。昔はもっと頻繁だった。挨拶にも来ている。癒着していた業者は顔パスだったりする。
--------------------------------------------------------------


 通常考えられているよりも、野党になったときの少なくとも1995年くらいから今まで小沢一郎公共事業には関わらないスタンスなのではないか。それは当時新自由主義に傾いていたことと無関係ではないだろう。また民主党に合流した後は、仲のよかった建設企業がつぶれ組合政治家に転身したせいだろう。

西松との関係を否定 献金問題で増田前知事
-------------------------------------------------------------------
岩手日報
http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/
topnews.cgi?20090310_1


 【東京支社】西松建設の巨額献金事件で、前知事の増田寛也氏は9日、岩手日報社の取材に答え、知事在職時代について「関係者との面識や付き合いは全くない。(公共工事をめぐり)働きかけを受けたこともない」と全面否定した。

 同社は1996年度から2005年度にかけて県内で14件の国・県発注工事を受注している。当時現職知事だった増田氏は「会社関係者や、(公設第一秘書が逮捕された民主党代表の)小沢一郎氏の関係者から、働きかけや照会を受けたことはない」と説明。

 「個別の工事で知事のもとになんか来ないだろうし、県は(発注業者の選定過程で)入札を実施しているから(便宜を図るのは)無理だ」と述べた。

 逮捕された小沢氏の公設第一秘書、大久保隆規容疑者とは「秘書になってから、会ったり、話をしたことはないんじゃないか」とし、小沢氏との関係は「知事の2期目からぎくしゃくして、話す機会はほとんどなかった。そもそも、行政運営には関与しない-というスタンスだったと思う」と語った。(2009/03/10)


FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/03/13 12:30】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
 だいたい今回の突然の小沢一郎世論調査でわかる。57%くらいが小沢一郎が辞職すべきだと言ってる。マスコミのことを信じている日本人がこれほども多い。

 「嘘は大きいほどいい。大きい嘘は十回言うと大衆はそんなことはないという。しかし、百回言えば半数は本当のことだと信じる。これを千回言えばほとんどは信じる。しかしこれで終わらず1万回繰り返せば人はそれが本当でも嘘でもどちらでもいいと気にしなくなる。」ヒットラーの言葉だ。こういうヒットラーの言葉は夕食時の懇談での「ヒットラーのお言葉」が「ヒットラーテーブルトーク」として記録されているものが多い。

 昔に比べてマスコミの方が浸透度は大きい。新聞やテレビが1週間嘘八百を繰り返して小沢一郎について世論調査(わざわざこんなテーマで突然するのだからいかにあからさまなことやっているかわかるではないか)をやると57%が信じているのだ。百回も繰り返さなくてもよくて手間がかからない。しかし、このヒットラーの話は多くの人が聞いたことがあるはずだ。なぜ嘘と見抜けない。いかに自分の頭で考えない人が多いかだ。

 しかしでたらめをやっているからすぐ嘘とわかる。小沢一郎の疑惑なるものを追及しているという週刊誌でもだ。

 例えば今週号の「アエラ」だ。

 こういうことが起きる前二年かけて小沢一郎について岩手県を調査したそうだ。

 しかし93年までは鹿島建設とのつながりや鹿島を中心とした小沢も入っての懇談会などでてくる。それ以外具体的なことは載ってない。

 当たり前だ。93年に自民党離脱で細川政権をつくったが翌94年には羽田政権になりしばらくして自社さ政権が成立、小沢一郎は初めて野党になって影響力が消えたのだ。そして岩手県でのゼネコンの政治への働きかけも2006年の鹿島、大成建設、大林組、清水建設の談合決別の申し合わせで一切消えてしまった。何もないのだ。これではどうしようもない。

 また西松建設の岩手県からの工事受注も少なすぎる。
 今週の「週刊現代」に載っているが、1996年から2003年まで、8年間で181億8865万円。そして2006年で西松中心の3社の共同企業体で胆沢ダムの100億2750万円。

 岩手県からの工事は波があるがずっと同様の調子でコンスタントにとれている。
 そして、胆沢ダムは、これだけ大きな工事だから、もともと何もしなくても地元の中堅ゼネコンなら一つくらい関連工事はとれるだろう。

 しかしこれでは2000年からの献金前と何も変わらず、前社長も効果がないと不満に思って政治団体を解散した。実際これでは意味がない。
 しかも予定価格と落札額の割合を見る落札率では、西松だけに任せる随意契約だと、非常に高くて99%なのに、多くの業者に公開して応募させる一般競争入札だと94%とガタンと落ちる。1回だけ無理をしたのか84%余りなどという落札もあった。今は予定価格があらかじめ公開されているはずなのにこの調子なのだ。
 結局、下記新幹線工事のようによその県では取っているのかもわからない。しかし地元のはずの岩手県では受注が困難なのだ。それは政治家などだれからも支援がないせいだ。
晴天とら日和 より
【西松建設が受注した主な北陸新幹線工事】
●入札時期/工事名/請負代金 (場所は私による追記)
 00年3月
   飯山トンネル・東菅沼工区/39億4000万円(新潟県新井市)
 02年1月
   松ノ木トンネル・西工区(1期)/39億3000万円 (新潟県上越市)
 03年3月
   第1黒部トンネル/35億4000万円 (富山県黒部市若栗-同市宮野)
 04年11月
   松ノ木トンネル・西工区(2期)/13億9500万円 (新潟県上越市)
 08年8月
   小布施高架橋/19億円 (長野県長野市長沼地区-同県上高井郡小布施町)
 08年10月
   富山水橋田伏高架橋/28億5600万円 (富山県富山市水橋田伏)
 *発注者はすべて鉄道建設・運輸施設整備支援機構
 (旧日本鉄道建設公団)


 それとこれが目当てだと検察リークで言ってる、胆沢(いざわ)ダムは国土交通省東北地方整備局が施工の主体となっている特定多目的ダムで総額2,440億円の巨大工事だ。しかし2003年に着工されたダムの本体は鹿島建設主体の共同事業体がとっている。西松は関連する水吐け口工事(第一期)なのだ。これは完全に国の事業で野党では何もできない。影響力を及ぼす方法がないのだ。
 これが、便宜を図ってもらった企業の成果なのか。誰が見ても違うだろう。

 やはり、 岩手県最大のゼネコンで小沢と組んでいた高弥建設破綻後は、組合政治家になったという観測が正しいのでは。

朝日新聞
 東北最大手のゼネコン、高弥建設(本社・盛岡市、望月郁夫社長)は26日夕、民事再生法に基づく再生手続きを、盛岡地裁に申請した。負債総額はグループで500億円前後。バブル期に始めた温泉リゾートなどの関連事業の失敗が足を引っ張り、経営が悪化した。

 30年創業。54年に法人組織に改組。東京支社のほか、県内外17カ所に支店、営業所などを置く。下請けを含むグループ全体の従業員は約1万人。

 00年度の総売上高は361億円。公共工事の受注が大幅に減少したことなどから、4月末払いの資金繰りができず、岩手銀行など主力銀行も、つなぎ融資に応じなかった。
http://www.asyura.com/2002/
hasan9/msg/570.html

掲示板より引用


FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/03/12 18:42】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]

ドッチの転んでもソンしない検察
古井戸
小沢民主が提起していた政策
1 官僚政治の終焉
2 裁判員制度のみなおし(廃止)
3 警察検察の捜査を可視化する

これがどれほど重要であり、官僚と検察と保守政治のネックになるか。小沢と民主がいかにくだらなくても、政権を取らせて遂行すべき政治ではなかったのか。(検察、官僚はこれを阻止したかった)。何を見ているのかマスゴミと、評論家。

往生際の悪い小沢
るー
おもて献金 追及された このだらしなさは忘れはしない

時間がくればわかること
村上勇
小沢さんの第一秘書逮捕から始めた検察。
結末はどうなりますかねー?

3月24日が拘留期限切れだという。どんな罪で起訴になるのか、興味深いです。


愛てんぐ
奈良さん、皆さん、こんばんは

小沢代表が辞任すべきか、否かの質問は、白黒を付いてからの話で、まだ、容疑だけで、その質問はないでしょう。
これは、不確かな情報で、民衆をたきつけて、寄ってたかってリンチをしているようなものです。
マスコミは恥を知れと言いたいですね。
マスコミは自ら世論を誘導していないか、常に細心の注意を払うべきです。
地に墜ちた、マスゴミでした。

検察の大チョンボ
「気弱な地上げ屋」
奈良たかし様
お邪魔いたします。
このたびの騒動は、製作総指揮CIA、監督:霞ヶ関(某官房副長官)、アシスタントディレクター:特捜部ってところでしょうか。彼らは、政権交代が実現して、「おいしい汁」が吸えなくなるのが我慢ならないのでしょうね。抵抗勢力を撃破して、政権交代を成し遂げないと、この国の未来は暗澹たるものとなると思います。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。