ついに浜岡原発が一時停止とはいえ2年間ほど止まる。その安全対策工事の内容をチェックしなければならないが。

 脱原発側の市民運動の意見が通ったという形で画期的だと思う。

今回の停止要請の首相判断が、「政府内で十分に検討された形跡はなく、支持率低迷に苦しむ政権が反転攻勢のために繰り出した苦肉の策との見方」(読売)も示されているが、至った動機ではなく、その内容がだいじでやはり菅直人首相を褒めたいと思う。

浜岡原発:7日午後中部電力取締役会、運転停止受け入れへ
2011年5月7日 12時1分
毎日JP
http://mainichi.jp/select/today/news/
20110507k0000e020040000c.html?inb=tw


 中部電力は7日午後に取締役会を開き、浜岡原発(静岡県御前崎市)の全ての原子炉の運転停止を求めた菅直人首相の要請を受け入れることを決める。中部電幹部が明らかにした。
(中略)
 中部電幹部は7日朝、毎日新聞の取材に対し「国の要請なので基本的には受け入れることになる。ただ、関電から調達できる電力量や火力発電所用の燃料を十分に確保できるかなどを見極める必要がある」と述べた。


FC2blog テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/05/07 13:31】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]