とても優れた新しい方向の脱原発論が発表された。これの紹介のため、リンクとともに要約する。
http://news.livedoor.com/
article/detail/5479348/



もう3割を占めているからとか、代替手段が確立するまでは原子力はやむを得ないなど、《半世紀以上前からの変わり映えのしない意見なのだ。》そういう消極的支持に乗っかり、原発利益複合体はあらゆる切り崩しと大宣伝で原発を強力に推進してきた。
《ささやかな活動も、声を上げた人の意見も、何一つ反映されなかった。スリーマイル島原発事故時に比べれば4倍以上、チェルノブイリ時から考えても20基以上原発は増えている。》
《だから、考え方を変えなくてはいけない。

「代替技術が見つかったら、脱原発しましょう」ではなく、「脱原発しましょう。そのために代替技術を生み出しましょう」でなくてはならない。

そのうちに、ではなく、ハッキリと具体的スケジュールと併せ、「脱原発」を打ち出すべきなのだ。》

《アメリカにおける自動車の排ガス規制(マスキー法)の存在は、当時アメリカ自動車メーカー(ビッグスリー)の大きな反発を招いた。しかし、カリフォルニア州などで実践された規制をクリアする事で日本自動車メーカーはシェアを拡大した。》


同様に《水銀フリーのアルカリ電池 有機ハロゲン化合物も》不可能と言われても《規制が実行されると、代替技術は生まれるのだ。》
まず脱原発を決定すれば代替策は後からできる。

FC2blog テーマ:ほっとけない原発震災 - ジャンル:政治・経済

【2011/04/11 00:48】 | 原子力
トラックバック(0) |  ]

こんにちは(゚∇゚☆)
maigodai
代替技術、大切ですよね。
これなんか今回の津波にも耐えてステキだと思いました。
風力発電フル稼動、被災地支える 三谷商事、地震耐え無傷
http://earthjp.net/mercury/1104070014.html

将来2km沖に100基設置する構想もあるみたいで期待しちゃいます♪

コメントを閉じる▲