上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 都内で派遣村が、仕事や住居を失った人たちを対象に面談と電話による相談会を開きます。

都内で派遣村が相談会 「仕事がない」声相次ぐ

http://www.47news.jp/CN/
200904/CN2009040801000240.html


 不況による解雇や雇い止めの増加を受け、労組や市民団体のメンバーらでつくる「派遣村実行委員会」が8日、東京都新宿区の日本青年館で、仕事や住居を失った人たちを対象に面談と電話による相談会を開き、相談者からは「仕事が見つからない」という切実な声が相次いで寄せられた。

 面談による相談会に訪れた男性(42)は指に障害があり、リハビリ施設で暮らし職業訓練を受けていたが、無断外泊を理由に先月、生活保護の支給を打ち切られた。

 男性は「行政からは『仕事に行け』と言われるが仕事がない。施設の利用料を払えず路上で生活しており、親身な相談はありがたい」と話した。

 電話相談では、雇用の更新が見込めない事務系派遣の仕事を3月に辞めた関西在住の女性(37)が「4月から介護の仕事に就いたが長時間拘束され病気の父の世話ができず、辞めた。生活保護はどうすれば受けられるのか」と窮状を訴えた。

 相談会は9日まで。相談の電話はフリーダイヤル(0120)833890まで。

2009/04/08 11:28 【共同通信】

スポンサーサイト

【2009/04/08 12:32】 | 政治・経済
トラックバック(1) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。