本当かいなと思いますがほぼ外したことのない世田谷通信ですので。(アップ日時 3月30日23時32分)


(追記)
と、疑っていたら、毎日新聞に、こんな「米国防総省:北朝鮮「ミサイル」、人工衛星の可能性高い」という記事が今日載りました。ええええええええええええええええっ。

 麻生総理は始めから人工衛星だと知っていたということですね。それを国民の危機意識をあおり、麻生政権へと自民党への関心の集結のために政治的に利用して、わざとミサイルだと莫大な金をかけて準備させている。

 たった今NHKの7時のニュースでも相変わらずミサイルだとあおっています。戦後最も景気が悪いという発表があった時にこんな経済につながらない無駄な金を使っている余裕は日本にはないはずです。3月末での派遣切りへの対応や、消費回復に回すなど使うべきところはいくらでもあります。なんということでしょう。

米国防総省:北朝鮮「ミサイル」、人工衛星の可能性高い

http://mainichi.jp/select/world/news/
20090401k0000e030030000c.html


 【ワシントン小松健一】北朝鮮が「人工衛星」として発射準備を進めている長距離弾道ミサイルについて米国防総省当局者は31日、ロイター通信に対してミサイルの先端が球状になっており、人工衛星を搭載している可能性が高いとの見方を示した。

 当局者は「先端の形状は人工衛星打ち上げ用のロケットとほぼ同じ」と指摘し、北朝鮮の予告通り「人工衛星を打ち上げるのだろう」と語った。

 ただ米政府は北朝鮮のミサイル開発は核兵器計画の一環であり、将来の核弾頭搭載を目的としていると判断。人工衛星であっても国連安保理決議に違反するとの立場を取っている。


「北朝鮮のミサイルは人工衛星と政府が認識」(世田谷通信)

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/03/post-33a8.html

北朝鮮が4月4日から8日の間に打ち上げると宣言している改良型テポドン2は、北朝鮮の言う通りに人工衛星であったことを日本政府及び防衛省が把握していたことが分かった。北朝鮮、舞水端里(ムスダンリ)のミサイル発射施設を撮影した衛星写真は、マスコミを通じて公表されている真上からのものでは弾頭の形状を確認することができなかったため、何らかの爆弾が搭載されることも危惧されていた。しかし実は斜めから撮影されたもう1枚の衛星写真が存在し、こちらでは丸い弾頭部分が確認でき、人工衛星であることが分かるという。日本政府と防衛省は、米商業衛星企業「デジタルグローブ社」が撮影したこの衛星写真を米議会調査局から提供されており、すでに人工衛星であることを認識していた。しかしこの事実を公表してしまうと、莫大な予算をかけて行なっている地対空誘導弾パトリオット(PAC3)やイージス艦などの迎撃準備に対して国民から批判が出ると予想されたため、政府は真上から撮影された弾頭の形状が分からない衛星写真だけをマスコミを通じて公表していたと見られる。こうした情報操作の裏には、国民の危機感を煽り、自衛隊の戦力拡大や活動形態の多様化から憲法9条の改憲への流れを作りたいという政府の画策があると思われる。(2009年3月30日)


FC2blog テーマ:北朝鮮ミサイル発射について - ジャンル:政治・経済

【2009/04/01 19:32】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]

通りすがりですが、同感です。
peaceasia
それで金持ちの贈与税は実質減税で
赤字国債とか言ったあげく、さらに消費税増税ですからね。
ほんと、麻生支持する人って何考えてるんでしょうか。

それは、ちょっと
パフ
 検察の捜査批判については、全面的に賛成だったけど、これは、ちょっと・・・。
 

今の技術なら
scotti
今の技術なら衛星画像がもっとくっきりと写っているはずだと思うんですが、それを写すと解かる人には人口衛星ってバレバレになるから、テレビもピンボケ画像の人工衛星しか写さない。
嘘のうえに無駄を重ねる麻生政権。
それで海外ではまた2兆円のプレゼント。
そりゃ海外では誉められるよね。
日本国民の税金を人気取りのために2兆円も配っているんだから。
もう合計で30兆円は配ったかも?
ハァ~ってため息ばかり・・・

コメントを閉じる▲