上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 すでに「きっこのブログ」「ニポンのマスコミは粗大ゴミ」でも報じられているように、ニューヨークタイムズ電子版で抽出して悪意を込めて編集され掲載された鳩山代表の論文叩きを、朝日新聞や毎日新聞がおそらく事実関係を知っているのに執拗に叩いている。それが反米的であるという報道がいろんなマスコミメディアに流れている。

 閣僚人事や政権発足の進め方をめぐって、はやくも小沢支配の影響が民主党の分裂を誘っているとあおる。(9月2日産経)。

 社民党、国民新党との政策の違いが連立の妨げになっていると書く(9月2日毎日、東京、産経)。

小沢一郎が幹事長に就任するとなると二重構造になると書き立てる。(9月4日各紙)

そしてテレビでは既に国民に見捨てられた自民党の政策と比較し激しく批判する。

 たしかに民主党政権にも課題と弱点がある。しかし、それをあおり立てかき立てるということは、長年自民党と癒着してきたマスコミ自体がこれはもはや露骨な抵抗勢力として民主党に対して反対キャンペーンを展開しているのだ。

 民主党と政権交代を準備するため様々な論議はしたいと思うし私もしてきた。しかし、これは単なる妨害であり、あまりにおかしな姿勢である。国民の知る権利の代理機関がマスコミの役割である。新政権の邪魔をしないでほしい。

 しかし、マスコミの力も確かに弱っている。もしマスコミの報道に弱々しく従うだけの国民なら政権交代はけっして起きなかった。西松事件当時の小沢民主党代表へのないことばかり連ねた大キャンペーン。朝日新聞を中心にした鳩山代表への執拗な攻撃。それでもきちんと国民は民主党を選択した。

 その意味で小さいとはいえブログ論壇もそれなりの役割を果たしてきたのだとは思う。
 そしてまたもや民主党への総攻撃。
 韓国でも盧武鉉政権が成立した時記者クラブを廃止して、保守系の新聞を中心に政権攻撃が展開された。それと似たようなことが起きているのだ。日本の新聞もまたなんという保守化したことだろう。

 民主党はどうか国民の応援に乗り闘ってほしい。そしてマスコミ抵抗勢力に負けないでほしい。そして記者クラブを廃止して、あらゆるメディアに開かれた政府と与党を実現してほしい。

 マスコミがこんな権力癒着のままになれば民主党とその政権だけでなく、日本のまともな民主主義にとっても良くないと思う。

 なお、各週刊誌はテレビ新聞に比べそれなりに取材した記事が載り公平だなと思う。「週刊文春」の立花隆の記事以外は。
"民主党はドブ板選挙ばかりやって選挙民は「政権交代」と叫んでいるだけで選ぶ程度が低いことしかできない"と仰せである。この人はもうダメだとわかる。今回の選挙は、マニフェスト選挙をやって国民は民主党の政策を選んで投票したのだ。そういう基本すらわからない。

 まあ、「週刊新潮」は、見出しが民主党批判なのに記事はなぜか自民党批判で、民主党が政権を取ったとたんに乗り換えた何だこれはという雰囲気があるが。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:民主党・鳩山政権 - ジャンル:政治・経済

【2009/09/04 23:05】 | 政治・経済
トラックバック(4) |  ]

特にゴミウリと蛆産経
右も左もいりません
あたりが吼えていますな(笑)
まぁ、あそこら辺は世間一般に蛆民の広報誌なんていわれてますからね。特にゴミウリのナヴェツネは老害大勲位(笑)中曽根とズブの中ですからね(笑)、また蛆産経は蛆民の中にキチガイ宗教団体統一狂会の議員がいたり、さらには世界的暴力団キチガイアメ公のCIAや糞ッタレユダ公の仲たがいをしているから要注意です(笑)

最近は、ラジオが面白い
カキコ
ラジオは、地域密着で全国ネットがむしろ少ないから、自由度が大きい。
ラジオのニュース番組は、大企業スポンサーという縛りが少ないから、結構自由に、
自民党批判している。関東なら、TBSラジオの
アクセスとか、J-waveのJam the worldが
自民べったりではなくて、面白い。


コメントを閉じる▲
 マスコミの異様な小沢一郎バッシングに、少し暗い思いにさすがになりました。何しろブログ更新を1日休むほどです。もちろん負けはしないのですが。マスコミは、国民の知る権利を司る重要な構成部分で、社会の木鐸です。社会に警告を発し導くものなのです。これまではその機能は小さく、政府や官僚発表情報に流されやすくとも、かろうじてジャーナリズムとしての役割を残していました。

 しかし今回はマスコミがほぼ完全に政府の飼い犬になり、自民党に都合の悪いことは載せなくなりました。二階さんの裏金すら全くふれず、野党のしかも政治資金の記載誤りというほとんどの政治家が引っかかるはずのものを職務権限のない野党の民主党代表だけを秘書を逮捕し、やめろの大キャンペーン。これでは失望もします。

 民主党でも小宮山洋子議員が一番鮮明に「政権交代にマイナスになる要素はなるべく避けて欲しい」「私はここはお引きいただくことではないかと思っています」「最初に謝ってたら選挙が戦えない」「辞めて欲しいと思っている人が圧倒的多数だ」と代表辞任を求めました。
 しかし、それで昨日から国会事務所に多くの主権者から抗議電話がかかり対応に追われたそうです。ふだんは1~2人のスタッフが常駐してるそうで、「お叱り」の電話でベルが鳴りっぱなし。ファックスは数件来たそうです。

 小宮山洋子さんについては、ネット上の様々なサイトで抗議の声が上がり、

「国会傍聴記by下町の太陽・宮崎信行」http://blog.goo.ne.jp/kokkai-blog/
e/4ac8030e47e851f64a2bb28cd1755196


ヤフーのみんなの政治の小宮山さんの評価にも悪評が載りました。私がこれまで見てきたナンセンスな新自由主義な、アホネット右翼なものとまるで違い、冷静で適正な真摯な意見でした。それを見て私はすくわれたのです。ありがとう、みんな。本当に感謝します。
http://seiji.yahoo.co.jp/giin/rev/
index.html?g=2009000413&s=0&p=3


 「反戦な家づくり」さんにも重要な指摘がありました。

そもそも、思い出してほしいのは、西松の元副社長が逮捕された理由だ。
裏金7000万円を海外から持ち込んだという、外為法違反なのである。
このときの報道では、裏金は10億円にのぼるといわれている。

単純に考えれば、裏献金が10億円、どっかの政治家に流れているのだ。
小沢氏の場合のような収支報告書に記載される、オモテの献金ではない。
二階俊博がもらったといわれているような、裏献金だ。

この本命の裏献金をほったらかしにして、しかも二階俊博という現職大臣が目の前にいながら、なんで検察は指をくわえて黙っているのか。
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-687.html


10億円の裏金が流れていて、現に6千万円もらった現職の二階俊博経済産業相がいるのに何一つ手をつけない。これは自民党の大疑獄事件ではないのか。

 それなのに政治資金について公開を徹底している小沢一郎だけを狙う。ささいな形式犯なのに、野党で職務権限も限りなく狭いのに。しかも検察は岩手県の小沢事務所を捜索して徹底的に捜査したのに何一つ出ない。実に清潔な政治家になっていたのだ。みごとではないか。検察は捜索してたたけば何か出てきてそれで追い落としをやろうとしていたのに違いない。それができないほど何もなかったのだ。

 トリビアルが好きな方たち、これではっきりしたではないか。何もなかったのだと。これでまだ何もしなければあなた達は単に何もしない言い訳をしているだけなのだ。

 小宮山洋子さんのほかにも、民主党の前原と枝野に、仙谷に、横光克彦、蓮舫さんたちは自分たちの代表が弾圧されて危機に陥っているときに平気で裏切る。この連中が私たちが困っているときに助けてくれる政治家だと思いますか。ただし、ごたごたすると自民党の思うつぼで民主の支持が減るだけなのですが。
 特に、前原さん。あなたがメール問題で民主党を崩壊寸前にまで追い込み、今年にはそのメールを持ち込んだ永田元議員は自殺しています。あなたさえしっかりしていれば永田さんは現職で活動していました。その荒廃した民主党を引き取り見事政権一歩手前まで育てたのは小沢一郎です。いわばあなたの恩人です。それを弾圧時にやめろとは。最低限の人としての慎みはないのでしょうか。

 どうか国民の皆さん、すべての冷静な有権者の皆さん、私たちはだまされないでしっかりと自民党と公明党と検察とマスコミの最強連合軍を打ち負かさねばなりません。どうか選挙では適切な選択をしていただきたい。

 他のマスコミの嘘では、発表前には、菅直人が小沢一郎に辞任を進めたという朝日新聞の記事。

 それが嘘であると民主党のサイトに記事

http://www.dpj.or.jp/news/?num=15560
はじめに菅代行は、24日の小沢代表会見の前に行った小沢代表との会談について事実と違う内容が朝日新聞で報じられたことに言及。「辞任を促したのではなく、(結論を出すのに)もう少し時間を取って判断をされた方が良いのではないかと申し上げた」と事実を説明し、24日時点の状況に対して国民の受け止め方などを少し時間を持って判断すれば良いとの考えを提言したと語った。



「田中康夫氏が産経に抗議」(世田谷通信)

http://kikko.cocolog-nifty.com/kikko/2009/03/post-50d0.html

新党日本代表の田中康夫参院議員が、産経新聞社に対して「記事に事実関係が著しく異なる部分がある」として抗議していたことが分かった。問題の記事は3月22日付の「民主党解剖」と銘打った第二部で、産経ではこの記事の中で田中氏が民主党の小沢一郎代表を訪ね、激励のために小沢氏に関する産経のコラムのコピーを渡したが、その内容が小沢氏に議員を辞職して岩手県に帰るように勧めたものであり、小沢氏にとっては「皮肉なプレゼントとなったようだ」と結んでいる。しかし田中氏によると、自身が持参したコピーは「諸君」の1993年1月号に掲載された江藤淳氏の原稿「激動の時代の権力闘争 それでも『小沢』に期待する」と「Voice」1991年1月号に掲載された江藤・小沢対談「政治家の志とは何か 激変する内外政局に果敢に対処する若き領袖の情熱」であって、両方とも政治家としての小沢氏を高く評価している内容のものであるとして、田中氏は翌日23に「記事に事実関係が著しく異なる部分がある」とした通告文を産経新聞社へ送付した。(2009年3月24日)

※田中氏から「記事に事実関係が著しく異なる部分がある」と抗議された産経の問題の記事
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/
090322/plc0903222135007-n1.htm


 これは今日3月27日現在でもそのままである。

FC2blog テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

【2009/03/27 12:35】 | 政治・経済
トラックバック(5) |  ]

政権交代
ナンバ
小沢西松疑獄は読朝毎産NHKの大手マスコミが自民党長期政権下、マスゴミ各社経営陣が歴代総理番記者で占められ、政府与党とどうしようもなく癒着腐敗しマスゴミ化していることを明白に示した。読朝毎産NHKは政府広報資料やリークの垂れ流しで体制翼賛報道機関化しており、ただの政府外郭広報団体というべき情けない存在になり下がっており、もはや欧米的な意味でのマスコミは日本では日刊ゲンダイのみである。検察もアジアアフリカ並の三流四流政治警察と化していることは、佐藤外務事務官、三井検事等の一連の事件でも明白である。日本は100年に一度の経済危機であるだけではなく、議会制民主主義と法治国家体制の危機でもあるのである。今度こそ永田町、霞ヶ関、虎ノ門と都道府県に対して政権交代による競争原理の導入の実現が日本再生に絶対必要である。国民は今度こそ覚醒して政府与党マスゴミの腐敗のトライアングルが作るニセモノの世論を徹底的に打破しなければならない。

コメントを閉じる▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。