上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 「朝日ジャーナル創刊50年怒りの復活」号がとても売れている。私も買ったが今の格差と貧困の時代にはこれしか対応できないという雑誌ではないか。とても求められているのだ。

 月刊「現代」をはじめとして多くの雑誌が休刊した。それは時代への怒りがなかったせいなのだろうか。

 特に湯浅誠の一日や、生い立ちを追ったものはなぜ他の雑誌がしないのか不思議に思っていた。

 「社会的コスト」という言葉を躊躇なく使い、政策論を語れる湯浅は確かに稀有な存在だ。「反貧困ネットワーク」代表の弁護士、宇都宮健児は、「実践に裏打ちされた政策提言をする彼みたいな人物が、本来は理想的な活動家で旧左翼型活動では何も変わらないし、実際に何も変えられなかった。」と評する。
 一方その器用さゆえの危惧を持つのが親友の王寺だ。
「今までの活動家のように、政治家に祭り上げられ、権力側に回収されないか不安です。」
 湯浅本人は、「僕は是々非々で、与党にも野党にも提言していきたいから政治家にはなりませんよ」と一笑に付す。



 これは、重要な指摘と事実で、確かに政策力を持たずに感情と情緒だけで切りまわしていたのが旧来の左翼活動で、あまりに限界があり情報戦にも弱くてどうしょうもないことが、これまでの歴史が証明したのではないか。
 それと湯浅誠を政治家にしたいと旧左翼的な感覚で言っている人たちへの回答ではないか。

 復刊「朝日ジャーナル」は論評が豊かである。斎藤貴男さんが書いたように「貧困を生み拡大した構造改革の熱狂的支持者は有権者だった!?」のように刺激的な文章も載ってる。でもこれは新聞記者の本多勝一も80年代にぶつかったように「すべての人民は人民の敵で処分されるべきか」ということなのだ。
 大衆は時代をかぎ分け切り開く大知を持っていても、やはり権力者やマスゴミに揺れ動く存在である。そこから出発して国民大衆が時代を変えていかねばならないのだ。

雨宮処凛さんとフリーター全般労組の3人が対談して、プレカリアートと状況を語った記事は新鮮ですべての人へと広がる力を持っている。プレカリアートの運動は「あなたは生きていていいんだよ」、「無条件の生存の肯定」だという。すばらしい。

 こういう雑誌と書くジャーナリストと専門家が必要なのだ。でも本格復刊しても朝日新聞社が耐えられ、本当に売れ続けるのかだ。それはわからない。でも今回は世の中に必要だから売れている。

 記者たちよ、専門家たちよ、もっと本当のことを書け、発言しろと言いたい。その意欲すらも今無いのでは。
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:気になる本・雑誌 - ジャンル:本・雑誌

【2009/04/29 16:30】 | 奈良たかし・本の話
トラックバック(1) |  ]
 今年もメーデーの時期が近づいています。
昨年話題になったインディーズ系労働組合の全国メーデーも動き始めています。
その中でも東京で例年行われる「自由と生存のメーデー」の概要がほぼ決まったようなのでお知らせします。

 なお、公式サイトは以下です。
http://mayday2009.alt-server.org/

----------------------------------------------------------
  自由と生存のメーデー 09 --- 六十億のプレカリアート
----------------------------------------------------------

―生きることはよい。生存を貶めるな!
―低賃金・長時間労働を撤廃しろ。まともに暮らせる賃金と保障を!
―差別、排除、分断を許すな。やられたままで黙ってはいないぞ!
―殺すことはない。戦争の廃絶を!
メーデーを抵抗と連帯と創造の日に!

| 呼びかけ/連絡先:フリーター全般労働組合  |
| 主催:自由と生存のメーデー09実行委員会 |
| 〒160-0023 東京都新宿区西新宿4-16-13 MKビル2階 |
| 電話/fax:03-3373-0180 e-mail:union(at)freeter-union.org |

派遣村が大きく報道をされた
深刻な景気や雇用情勢が取りざたされている
政治家や官僚やニュースキャスターは「新自由主義の行き過ぎ」だといっている
誰もが判った様な顔で「セーフティーネットが必要だ」といっている

だが、たったいま、首を切られたらどうすればいい
寮を、アパートを、追い出されたらどうすればいい
相談できる友や同僚や肉親がいない者がいる
国や自治体などろくな手を打っていないではないか

働けない私の明日を誰が考えているというのか
働いても競争という綱渡りを強いられるだけではないか
意味のない仕事に意味を見つけ、上司の顔色をうかがい、自分を責めるしかないのか

そんな日々を終わりにするために、私たちは、あなたに呼びかける

私たちをだまし、嘲笑し、酷使し、搾取した奴らに反撃しよう
押し潰されそうな誇りと生活を励ましあって取り戻そう
公園やホテルやショッピングモールを開放しよう
街路や山々や渓流は、誰のものでもない、私たちのものだ
金持ちの子に生まれただけで金持ちになれることを許すな
貧しいもの同士が憎しみあい、争いあい、殺しあう世界を終わらせ、パンと薔薇を奪い返そう

不安定な生を強いられる60億の仲間<プレカリアート>たちの想像/創造はすでに始まっている

私たちは、あなたに呼びかける

生きることはよい
まともに暮らすために、全てをよこせ

さあメーデーをはじめよう

2009年3月5日 自由と生存のメーデー09実行委員会

<実行委運営上の確認> 警察官と警察への協力者、および政治的立場の違いを暴力によって「解決」することを実践し、その行為と思想を正当化し続ける人びとの参加はおことわりします。

【スケジュール】
<プレ企画>
○2009年3月21日(土)品川メーデー
 時間 19時-21時
 場所 品川区立総合区民会館(きゅりあん)第三グループ室 (品川区東大井5-18-1)
 交通 JR京浜東北線大井町駅下車 徒歩2分
 資料代 500円

○2009年5月1日(金)メーデー前夜イベント
 時間 未定
 場所 未定
 交通 未定

<六十億のプレカリアート
○2009年5月2日(土)
[集会]
 時間 13時-21時
 場所 東京ウィメンズプラザ・ホール(東京都渋谷区神宮前5-53-67)
 交通 JR山手線・東急東横線・京王井の頭線:渋谷駅下車徒歩12分
 地下鉄銀座線・半蔵門線・千代田線:表参道駅下車徒歩7分
 都バス(渋88系統):渋谷駅からバス4分青山学院前バス停下車徒歩2分

[デモ]
○2009年5月3日(日)
 時間 未定
 場所 都内

<アフター>
○2009年5月3日(日)デモ終了後

【2009/03/28 00:00】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
プレカリアート(貧乏人)の決起集会【3/28・京都】
2009-03-19 (Thu) 21:06 貧困/プレカリアート
3/28に京都でプレカリアート(貧乏人)の決起集会が行われます。
一部集会にて「円山公園で」と言いましたが、京都大学時計台前に変更です。
注意して下さい。

なお、この会場になっている京大時計台前は、「ユニオンエクスタシー」がストライキを行っている場所と同じです。

http://extasy07.exblog.jp/

一見ふざけているようだけど、深刻な顔をしていてはやってられないのも確かだし、真面目なテーマに対してユーモアで立ち向かうのは有効な方法だと思います。

今、同ユニオンのブログを見たら、テントやコタツを撤去せよ、と当局側が高圧的みたいです。大丈夫かなと心配です。

さて、以下が表題のお知らせです。
決起集会とは言っても、実質は「宴会状態」になるでしょう。


★★★★★★★★
プレカリ春闘決起集会
~反ダボスタコス会議@スイス~
★★★★★★★★

にちじ 3がつ28にち(土)19じ~
ばしょ 京都大学時計台前 首切り職員村

■タコスたべれます
■「海外のアナーキズム労働運動について」櫻田和也(インディメディアジャパン)
■「群れてみること、のちから?(仮)」ジョー兄さん(学生)
■「ビンボー母子家庭のこどもと「不登校」 “保護者団”という試み」こじまふさこ

春と言えば春闘だ。
来年度の収入を資本主義にはきっちり耳を揃えて保障してもらおう。
どんな集会になるかは、来てみてからのお楽しみ!
いろんなもの持ち込み歓迎!

主催:実行委員会090-4283-0810

【賛同団体】
関西非正規等労働組合ユニオンぼちぼち
http://rootless.org/botiboti/

京都大学時間雇用職員組合ユニオンエクスタシー
http://extasy07.exblog.jp/

反戦と生活のための表現解放行動
http://d.hatena.ne.jp/posada/

【2009/03/27 18:00】 | 政治・経済
トラックバック(0) |  ]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。