以前NHKで見たメディアの代表者とインターネット評論家の出た番組を見ていたら、新聞はこれほど部数を減らしながらまるで自己批判がなく、専門的な知識のある記者を育てて、きちんと取材していい記事を書いているからこれでいいと、のたまっていた。

確かにアメリカの新聞と比べると宅配制度が整っているから足腰は強い。しかし、アメリカの新聞もインターネットの影響が感じられなかったのは3年ほど前のことだった。ところが米国の新聞は70~80%を広告に頼っていた。それで3年間に広告費が43%も下落し部数も低迷。嵐のようなネット旋風に破たんする新聞が続出している。日本の新聞も加速度的に崩壊し半分以下になるかもしれない。

 またテレビもあまりの質の低下に若い層から始まって全く見ない人がすごく多くなってきている。しかし上記NHKの番組では、民放の日本民間放送連盟の代表はなぜ見ないのかわからないと憮然としていた。

 つまりはなんらの危機感もないのだ。

 私は時々休みながらも、何としてもブログを続けたいと思うのはこういうマスゴミの崩壊現象が起ころうとする中できっとネット側が今のマスゴミに代わってアジェンダ、社会的な問題や検討課題の方向性を決める機能がここ数年間でマスゴミからネット側に移ってくると思うからだ。ブログを書かれる人にお願いしたいのは休止期間があってもいいからしつこく粘って書き続けてほしいということだ。

 韓国で女優がネット上のうわさで自殺したことを覚えておられるだろうか。韓国では日本と違ってもともと新聞への不信感が強く、ネット上にアジェンダ設定機能が移っていて、ネット上の大きなうわささえ甚大な被害を与えるのだ。
 いわば2ちゃんねるが社会的な課題を決めるようなものなのだ。日本でもそうなる可能性がある。それは恐ろしく危険なことであり、しっかりとネットの役割の拡大を支えていかねばならない。もちろん宅配制度に支えられた新聞はそう簡単に衰退はせず共存する形になるだろう。私たちはネット側の柱となりたいのだ。

 どうか、一時的な忙しさやしんどさからブログをやめないでしばらく休憩して続けてほしい。私たちのステージは後わずかでとても大きくなる。

FC2blog テーマ:ネット社会 - ジャンル:コンピュータ

【2010/04/28 00:35】 | メディア
トラックバック(0) |  ]